ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

AUDIENT ( オーディエント ) / ASP800

AUDIENT ( オーディエント )  / ASP800

  • AUDIENT ( オーディエント )  / ASP800画像1
  • AUDIENT ( オーディエント )  / ASP800画像2
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
APS8024コンソールの技術を継承したClass Aディスクリート・デザインの8チャンネルのマイク・プリアンプ。レトロ・チャンネルには倍音ジェネレーターを装備。ADAT出力も備え、デジタル環境への拡張性も高くなっています。


レトロ・チャンネル 1ch&2chには、画期的な倍音ジェネレーターを装備し、ベースサウンドを唸らせ、ボーカルをスパークリングなサウンドに生まれ変わらせます。JFETディスクリートのDI(楽器入力)も装備。定評あるAudientマイクプリは、Class Aディスクリート・デザイン。ローノイズ&低歪みを約束します。

■主な特徴
・8 x ワールドクラスAudient卓マイクプリ
・2 x レトロ・チャンネル 2ステージ『カラー』サチュレーション- HMX & IRON
・2 x ディスクリート JFET 楽器入力
・118-dB Burr-Brown A-Dコンバーター
・バランス・アナログ・ラインアウト
・拡張用ADAT出力
・ワードクロック入力
・メタルシャーシ

■スペック
マイク・ゲイン:0 to +70dB (-15dB Pad)
・ライン・ゲイン:-10 to +60dB (-15dB Pad)
・ファンタム電源:48v
・最大入力レベル:+20dBu (+35dBu with Pad)
・入力インピーダンス:MIC 約2.2kΩ バランス、LINE>約8.6kΩ バランス
・XLR:ピン2 (ホット)、ピン3 (コールド)、ピン1 (シールド)
・1/4" JACK:チップ (ホット)、リング(コールド)、スリーブ(シールド)

D.I (チャンネル1&2/インサートSEND、ライン出力で測定)
・D.I ゲイン: 0 to +70 dB
・最大入力レベル:+17dBu
・入力インピーダンス:1MegΩ アンバランス
・1/4" ジャック:チップ(ホット) & スリーブ(シールド)

ライン出力(インサートSEND)
・最大出力レベル:+22dBu
・出力インピーダンス:<200ΩBalanced、<100ΩUnbalanced

ADC ライン入力(インサート Return/AES-17に基づきオプティカル出力にて測定)
・デジタル・リファレンスレベル:0dBFS = +18dBu(iD22 Professional)、0dBFS = +12dBu(iD14 Prosumer)
・ダイナミックレンジ:113.5dB un-weighted、116dB A-weighted
・ピークLEDメーター:-2dBFS
・シグナルLEDメーター:-38dBFS

DIGITAL I/O
・ADAT 8 チャンネル使用可能:44.1 - 96kHz
・クロック:インターナル、エクスターナル
・ワードクロック75ΩBNC

パワーサプライ
・内蔵ローノイズ安定化電源(スイッチモード)
・ファンレスオペレーション
・ユニバーサル電源仕様
・線間電圧:100 to 230V (a.c)
・内部電圧:+/-15V, +48V, +30V & +9V
・ヒューズ:T1A (1Amp Time Delay)
・消費電力:Maximum 40 Watts

寸法と重量
・寸法(WxHxD):482 × 44 × 286.5mm(突起物含む)
・重量:4.5kg

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews1
5
0件
4
1件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2019/10/02

1111レトロチャンネルが面白くてプリアンプでの音作りの勉強になる

投稿者名Reviewed byかまあげおうどん 【愛知県】

システム周り一新の際お金の都合から、安くてそれなりなADC付プリアンプが必要だったので、つなぎとして購入。
1chあたり13000円ぐらいとリーズナブルなものだが、概ね価格なりといった印象。
-
まずレトロチャネンルを使わない音の感想から
音質の傾向はハイ上がりで、トランスの適度な飽和感が心地いい。
トランジェントに対するレスポンスが良く、打楽器やアコギにはコンプのかけ取りがなくとも、結構ゲインを上げてオーバーロードさせても好印象な音になるのは、大型コンソールを扱ってるようで気分もいい。
低次倍音の歪みが現れにくいのでボーカルやベースはやや冷たい音に感じる。クリーンではあるが。
SteinbergのURシリーズと比べると霧が晴れたように解像感があるし歪も相まって質感を感じる。
UR824とASP800でドラム録りを比較すると、ASP800はヘッドルームも広く、歪みも効果的に使えるため、かなり元気な音で録れる。
SSLやNEVEなどのハイエンドと比べると芯が無く曇ってる感じが強いし、Graceと比べると透明度が劣る。ASPはレベルが出た時に詰まった音になる印象
-
レトロチャネンルはIRONが秀逸で、つまらない音だなと感じた時にうっすら掛けると、いい結果を得やすい。
HMXは奇数倍音特有のウォームさ得られるが、持ち前のトランジェントと高域のデティールを損ないやすいので、何に掛けるかはよく注意すべき。大抵悪くなる。ボーカルとか、楽器が少ない中でのベースにはアンサンブルをまとめ上げる意味でいい効果が出やすい。
そして、どちらも極端な数値にしてゲインをかなり上げるとグランジなサウンドになってかっこいい。驚いたのがIRONで、歪ませた時にありがちなブーミーさが薄く、スネアに使えば明確に芯を得られるし、シンセやベースのペダル歪み代わりにもなる。アシッドベース感強いサウンドも作れる。
-
最近ハイエンドな機材が揃ってきて、ASP800がLINE受け用途としても劣ったように感じられるのでそろそろ新しいADCに変える予定だが、それでも安価なオーディオインターフェイスのプリと比べると異次元に音がいいし使いやすいので、中級者のプリについての学習や機材のステップアップにおすすめ。

レビューIDReview ID:96375

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

AUDIENT ( オーディエント )
ASP800

商品ID:209164

¥100,000(税抜)

(¥110,000 税込)

  • 送料無料

5,500ポイント内訳

  • 1,100Pt

    通常ポイント

  • 4,400Pt

    全商品ポイント5倍キャンペーン

  • 5,500Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top