ここから本文です

RME ( アールエムイー ) / OctaMic XTC

RME ( アールエムイー )  / OctaMic XTC

  • RME ( アールエムイー )  / OctaMic XTC画像1
  • RME ( アールエムイー )  / OctaMic XTC画像2
  • RME ( アールエムイー )  / OctaMic XTC画像3
  • メーカーサイト
8チャンネル デジタル制御マイクプリアンプ & マルチ・フォーマットI/O
■8chマイクプリアンプ/ADコンバータ

OctaMic XTCは、単なるマイク/ライン/インストゥルメント対応プリアンプにとどまらず、A/Dコンバーター、デジタル・パッチベイ、フォーマット・コンバーターとしても機能し、さらにiPad?の柔軟なフロントエンド機器としても使用できる、新世代のデバイスです。
8つのマイク/ライン入力を持ち、うち4つはHi-Zモードとしてギター等の楽器を直接接続できます。また、ADAT、AES/EBUからMADI(オプティカル)まで、他の追随を許さない幅広いデジタル・フォーマットに対応しています。

アナログ入力に加えて、64chのMADI、8chのAES/EBU、8chのADATといったデジタル入力を、TFT液晶ディスプレイにより、自由に簡単に任意のアウトプットへパッチングすることができ、さらに24chのUSB 2.0クラス・コンプライアント対応のオーディオ・インターフェイスとしてもご使用いただけます。

TotalMix FXを搭載したRMEのオーディオ・インターフェイスでは、MIDI(DIN, MIDI over MADI, USBのいずれか)を使用して、OctaMic XTCの制御系統をTotalMixの入力チャンネル・ストリップに統合してリモート・コントロールすることができます。例えば、Fireface UFXとOctaMic XTCをADATとMIDIケーブルで接続することで、マイクプリが8ch分増強された一台のオーディオ・インターフェイスのように取り扱うことができるようになります。また、MADIface USBなどのTotalMix FXを搭載したMADIインターフェイスでは、MIDI over MADIによりMADIケーブルの接続だけでOctaMic XTCのリモートコントロールが可能になります。
本体の機能はすべてリモートからコントロールすることができるので、本体をアナログ・ソースのなるべく近くに設置して、離れた場所から設定の変更、書き込みや読み込みが行えます。

クラス・コンプライアント・モードでは、24チャンネルの入出力を持つ最もフレキシブルで先進的なオーディオ・インターフェイスとしてiPad(要Apple Camera Connection Kit)で使用することができます。

■入出力
8 x デジタル制御マイク/ライン・プリアンプ
(4chはPAD、他の4chはHi-Zと切替可能)
2 x ステレオ・アナログ出力
4 x AES/EBU入出力
1 x ADAT入出力(出力はS/MUX対応2系統)
1 x MADI入出力(オプティカル)
4 x MIDI(DIN, USB x 2, MIDI over MADI)

■製品仕様
電源:内部スイッチングPSU、100 ~ 240 V AC、30ワット
通常時の電力消費量:14ワット
最大電力消費量:< 20ワット
サイズ(ラック耳含む)(WxHxD):483 x 88 x 242 mm
サイズ(ラック耳含まず)(WxHxD):436 x 88 x 235 mm
重量3 kg
RME オーディオインターフェイス特集

関連商品

レビューを投稿する

  • この商品のレビューを書く

RME (アールエムイー)
OctaMic XTC

商品ID:189060

通常価格:¥258,000(税抜)

¥248,000(税抜)

(¥267,840 税込)

  • 送料無料

2,678ポイント内訳

  • 2,678Pt

    通常ポイント

  • 2,678Pt

    合計

閉じる

限定特価

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top