ここから本文です

COUNTRYMAN ( カントリーマン ) / TYPE85S ステレオ・ダイレクトボックス

COUNTRYMAN ( カントリーマン )  / TYPE85S ステレオ・ダイレクトボックス

  • COUNTRYMAN ( カントリーマン )  / TYPE85S ステレオ・ダイレクトボックス 画像1
  • COUNTRYMAN ( カントリーマン )  / TYPE85S ステレオ・ダイレクトボックス 画像2
  • メーカーサイト
世界的定番ダイレクトボックス「TYPE85」の2チャンネルバージョンとして、その素晴らしいサウンドと堅牢なデザインをパーフェクトに継承。キーボードなどのステレオ出力にも対応できる汎用性と優れたサウンドを併せ持つ、超オススメのダイレクトボックス(DI)です!
Type 85Sは、古典的なType 85 FETダイレクトボックスの2チャンネルバージョンです。Type 85Sは、拡張された入力コネクタ、広いダイナミックレンジ、および3つのPAD設定を装備。さまざまなステレオ・アプリケーションに最適なダイレクト(DI)ボックスです。

■優れたサウンド
Type 85Sは、古典的なチューブ・マイク・プリアンプのように、シングルエンドのクラスA回路に織り込まれた高品質ディスクリートパーツのみを使用しており、非常に滑らかで甘い音を出力します。一般的なアクティブDIボックスとは異なり、Type 85Sはファンタム電源で動作している場合でも常にグランドを分離し、グランドの問題からハムやバズを除去するのに役立ちます。

■高い耐久性
様々な耐久性テストを経て、Type85Sのボディは非常に頑丈に作られています。
コネクタとスイッチは、肉厚の一体型削り出しケースに埋め込まれており、トラックに踏まれてもびくともしません。内部電子機器はエポキシブロックにモールドされており、電気的損傷から完全に保護されています。入力は定格220 V AC、最大20,000 Vのスタティックスパイクに耐えることができます。

■スペック
・入力端子:1/4フォン、RCA、1/8ステレオジャック
・出力端子(2番ホット):1/4フォン、XLR
・PAD: 0 dB, -15 dB, -30 dB
・周波数レスポンス:20 Hz?20 kHz(+/- 1 dB)
・ノイズ(短絡入力BW=22 HZ?20 KHZ):0.63 uVrms(-122 dBVrms)
・THD(1 kHz):<0.018%
・IMD(10 kHz / 60 Hz、4:1):<0.08%
・クロストーク:> 105 dB(20 Hz?20 kHz)
・電源オプション:48 Vファントム(1.6 mA)/ 9 Vバッテリー
・入力保護:220 Vrmsおよび20,000 V静電放電
・トランス絶縁電圧:機器グランドからXLR出力ピン1まで> 500 V
・ゲインオプション:0 dBパッド:-10 dB / -15 dBパッド:-25 dB / -30 dBパッド:-40 dB
・RFフィルタリング:入力:250 kHzローパスフィルター / 出力:30 kHzローパスフィルター
・最大入力レベル(1%THD):0 dBパッド:5 Vpp / -15 dBパッド:28 Vpp / -30 dBパッド:158 Vpp(4オームに800ワットに等しい)
・入力抵抗:0 dBパッド:10 Mohm / -15、-30 dBパッド:10kΩ / RCAおよび1/8 "入力:20キロオーム
・入力容量:160 pF
・出力極性:2番ピン(注:1チャンネルタイプ85は3番ピンが)
・寸法:152 mm×77 mm×45 mm
・重量:0.88 kg

関連商品

スタッフレビュー

定番のダイレクト・ボックス「TYPE85」のステレオ・バージョンです。回路部分のベースは、「TYPE85」同様にFETを用いたディスクリート回路で、Class Aを採用した音質重視の設計となっています。「TYPE85」との大きな違いは、入力端子がフォン、RCA、ステレオミニの3種類に対応していること。(※ステレオミニは、TIPがCh.A、RINGがCh.Bへ出力されます。)また、PADを切り替えることで機材に適合した信号レベルに調整可能です。(※0dbでは、ギターやベースなどの楽器を接続。-15dbでは、アクティブの楽器を接続。-30dbでは、アンプからの出力を接続。)「TYPE85」のサウンドは気に入っているけれど、『ステレオで使いたい!』『RCAやステレオミニで接続したい!』とお考えのプレイヤーにお勧めしたいダイレクト・ボックスです。

営業部 / 手塚 浩司営業部 / 手塚 浩司

DIといえば「COUNTRYMAN」というほど世界的に知名度抜群のメーカー。この「TYPE85S」は「TYPE85」の2CHバージョンです。TYPE85はレコーディング・スタジオやライブハウスで一度は見かけたことがあるという方も多いはず。DI(ダイレクトボックス)は、インピーダンスを変換して機材間のマッチングを取るものですが、実はDIによって大きく音質が異なります。そんな中でこのTYPE85が定番となり支持されている理由は音質の良さにあります。ハイファイ傾向でレンジが広く、太さを合わせ持ったサウンドは、バンドサウンドに馴染みながらも、しっかりと存在感を発揮します。最近では、エレキベースやエレアコ専用に様々なDIが発売されていますが、迷ったらまず「TYPE85」を試してみるのが良いかと思います。「DIはPAが用意したものを使う」という方もいらっしゃいますが、サウンドを構成するエフェクターの一部と捉え、自分専用のDIをエフェクターボードの新たな一員として加えてみてはいかがでしょうか。

営業部 / 井上 洋平営業部 / 井上 洋平

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.0)
  • レビュー数:3
この商品のレビューを書く

2016/06/03

11111でかい!からの安心感

投稿者名:tasdtum 【熊本県】

ちゃんと仕事してくれます。
何と言っても入力が3種類対応。
今のPC、スマホ時代にはぴったりです。
この大きさも安心感ですね。

レビューID:64252

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/05/15

11111普通に良い!

投稿者名:SILBERGYM 【東京都】

D.Iとしてはレンジが広く、変な音の変化も無いしっかりとした音を出力してくれる優秀なD.Iです。
音の太さや艶など色付けはないので、そのような音が欲しい場合には他の製品が良いです。

レビューID:32440

参考になった人数:9人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/11/13

11何故か白いチリが盛大な製品

投稿者名:信じたいが 【東京都】

現場で使う前日に間に合うように、代引き注文。順調にスケジュール通り受け取り、サウンドハウスは頼もしいお店だ!と喜び箱を開けると白いチリに覆われたビニールにも包まれていない黒い物体が、、、。
両側端子部分の少し凹んでいる内側の下、左右側面の奥までびっしりと白く積もっている。黒ボディなんでこれまたよく認識できる。

そう、まるで長い間展示してあったものか!と疑いたくなるような印象だったが、海外からコンテナで運ばれくるので、そういうこともあるとのこと。でもなあ、閉まってある箱の隙間から入るにしてもここまでは無理だろうなあ、と思ってしまう。
現場は客先でクライアントの目にも触れる場所に置くため、ブロアーでシュッシュ。奥の折り目までは手で拭けないし。

そういうことらしいので、びっくりしないでください。
音はこれから試します!

レビューID:59652

参考になった人数:7人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

COUNTRYMAN (カントリーマン)
TYPE85S ステレオ・ダイレクトボックス

商品ID:162104

¥29,800(税抜)

(¥32,780 税込)

  • 送料無料

327ポイント内訳

  • 327Pt

    通常ポイント

  • 327Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top