ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

EVENT ( イベント ) / OPAL

EVENT ( イベント )  / OPAL

  • EVENT ( イベント )  / OPAL 画像1
  • EVENT ( イベント )  / OPAL 画像2
  • EVENT ( イベント )  / OPAL 画像3
  • EVENT ( イベント )  / OPAL 画像4
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
スタジオモニターの歴史を塗り替える卓越した技術革新の結晶「O P A L」登場!従来のモデルとはまったく異なる新しいニアフィールドモニター、EVENT OPAL。珠玉のサウンドが今ここに降誕します!
■スタジオモニタースピーカー

・従来のモデルとはまったく異なる新しいニアフィールドモニター、EVENT OPAL。珠玉のサウンドが今ここに降誕します!

・EVENT社の飽くなき探究心と比類なき技術力で、今までとはまったく違うニアフィールドモニターを完成させました。低域は新開発のEX8ドライバーを採用、30Hz~10kHzの周波数特性と1000ワットのパワー、特許を取得した心臓部のX-コイルによってミッドレンジを正確に再生し、今までどんな8インチスピーカーでもなしえることができなかった高いクオリティの低域を再生します。また高域のULD1は、超軽量を誇りながらも剛性に優れたアルミニウムとマグネシウムの合金製を採用したことにより、かつてない音の広がりとフラットなレスポンスを実現。

・OPALのキャビネットはレゾナンスを最小に抑えるためにアルミニウムから加工し、そして複雑なカーブの組合せ、曲げ加工を採用。フラット、回折による影響を最小限に抑えています。21kgの重量を誇るキャビネットは余分な共振を許しません。

・様々な革新的な要素により、OPALは周波数帯域全域においてスムーズでダイナミックなミッドレンジとパワフルな低域を出力します。そして広いスイートスポットにより様々なシステムに利用できます。OPALは本当によりラウドに、よりクリアーなサウンドを実現しました。

■主な特徴

ULD1ツィーター
・アルミニウムとマグネシウムをミックスした合金性ツィーターは、かつてない音の広がりと、フラットなレスポンスを実現。

EX8ドライバー
・新開発のドライバーにより、幅広いレンジと素早い音の立ち上がり、伸びやかで原音に忠実な音質を再現。

アルミ製キャビネット
・斬新なデザインのキャビネットは、共振を最小限に抑え、最高の音質を提供するアルミ仕様。

斬新なバスレフ構造
・左右両側に縦長に弧を描くバスレフを配置し、タイトで繊細なベース音を実現。

パワーアンプ部
・効率良く低域と高域をドライブする750Wのパワーアンプを内蔵し、余裕を持った再生が可能。

可変式高域ウェーブガイド
・縦横どちらに置いても、サウンドに影響を与えることがない回転式ウェーブガイドの搭載により、設置場所の選択肢が広がる。

大型ヒートシンク
・大型ヒートシンクを背面に搭載することにより、効率よく放熱し、安定したパワーアンプの動作を約束。

コントロール・パネル
・音量、EQ、バスレフの補正まで、8系統のコントロール・ノブによる的確な微調整が可能。

■仕様

《本体》
・周波数特性:42Hz~20kHz(±2dB)、35Hz~22kHz(±2dB)
・入力端子:XLR/フォーンコンボ
・入力感度:755v/rms ( 0dBu)
・電源:AC100V 50/60Hz
・平均消費電力:220W
・サイズ:29.5W x 45H x 27.3cmD
・キャビネット重量:21.2kg 

《スピーカーユニット》
低域用ドライバー:EX8 
・マグネット:ネオディミウム
・許容入力:プログラム 360W

高域用ドライバー:ULD1 
・マグネット:ネオディミウム 
・許容入力:プログラム 50W

《パワーアンプ》
<低域用アンプ>
・プログラム出力(5Ω)387W

<高域用アンプ>
・プログラム出力(5Ω)112W

※1本単位での販売です。ペア販売ではありません。
録音環境のグレードアップにお勧め!バラエティ豊かな吸音材

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews1
5
0件
4
1件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2010/10/21

1111調整も設置も少し難しいかもね!

投稿者名Reviewed by漱十石 【東京都】

人間の朗読音声の再生に使っています。悪くはない,と言ったレベルだと思います。GENELEC 8030/8050 の方が実際の音声に近い再生音だと思います。音源にも当然に依存するのでしょうが,iPod から SD788T まで十種類以上の音源を使っています。
OPAL は調整箇所が多いので,時間をかければずっと良くなるのかも知れませんが,デフォルトでは GENELEC の方が使いやすいのは間違いないと思います。
FOCAL の換わりとして入れた時には,かなり感心したのですが,全体的にこけ脅し的な音がしているように感じることが少なくありません。
この種類のスピーカにどの程度のエージングが必要なのかは良く分からないのですが,どのスピーカも iPod や PC を繋いで,何週間も鳴らし(慣らし?)ぱなしにしています。

レビューIDReview ID:19369

参考になった人数:51人

51 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

EVENT ( イベント )
OPAL

商品ID:132116

¥149,800(税抜)

(¥164,780 税込)

  • 送料無料

1,647ポイント内訳

  • 1,647Pt

    通常ポイント

  • 1,647Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top