ここから本文です

HOME

GENELEC Gシリーズ & Fシリーズ

GENELEC

細部に至るまで「クオリティ」を追求する厳しいオーディオ・ファンへ向けたスピーカー

五線譜上の音の高さを規定するト音記号「G Clef」と、ヘ音記号「F Clef」。
そんないわば音楽を司る音階記号をその名の由来に持つクティブ・スピーカー「Gシリーズ」とサブウーファー「Fシリーズ」は、細部に至るまで音楽のディテイルを追求する厳しいオーディオ・ファンの要求に答えるべくGenelecが開発したホーム・オーディオ・ラインナップです。
世界中のプロ、つまり音楽制作の起点に関わる皆様から高くご評価いただいているサウンド・クオリティに、よりリスニングに適した機能性を持たせております。
北欧フィンランドから優れたデザインと共に、皆様へ「The Sonic Reference」をお届けします。

世界的インダストリアル・デザイナーの代表作のひとつとなるGenelecのスピーカー

その姿を目にしたとき、すぐにGenelecと分かる流麗なデザインはフィンランドが誇る世界的デザイナー、ハッリ・コスキネンの手によるものです。
ハッリ・コスキネンは、北欧を代表するブランドであるiittalaやMarimekko、Design House Stockholmを始め、誰しもが目にしたことがあるような優れたデザインをこれまで多数手掛けてきました。
また度々日本にも訪れ、ホテルや家具など、そのデザインは様々なプロダクト/プロジェクトを彩っています。
昨今では、岩手県のものづくりとコラボレーションしたIWATEMOのプロダクトも大きな話題を集めました。
そんなコスキネンによってデザインされたGenelecのスピーカーは、和・洋問わずどんな質感にもマッチ。
しかも、そのデザインは、すべて音響工学に基づいた極めて合理的なものとなっています。

“Inspiration from Nature” 徹底されたサステナブルのマインド

Genelecにとって自然、すなわち地球環境はインスピレーションの源。
環境を犯すことなく優れたプロダクトを生み出すことは、Genelecの重大なミッションです。
Genelecは1978年の創業時から、極めて強い意思でサステナブルのマインドを持ち続けています。
エンクロージャーにリサイクル・アルミニウムを採用していることをはじめ、フィンランド・イーサルミにある本社工場では450にもおよぶソーラーパネルを設置し、年間の消費電力の30%を賄っていることなども、全て自然との共存を第一に考えているためです。
この豊かな自然に囲まれた本社工場で開発から生産まですべてを行い、全世界のお客様の元へ届けられています。

音響に対する確かな研究に基づいてデザインされた先進的技術

1978年に創業してから、Genelecは世界中のスタジオへモニター・スピーカーを納入してきました。
今日までお客様から極めて高い信頼を獲得できた背景には、優れたモニターを生み出すための研究とそれらを具現化したテクノロジーがあります。
スピーカー側にアンプをもたせ、極限までノイズを抑制したアクティブ・クロスオーバー、リスニング時の指向性パターンを調整し、全帯域に渡る極めてフラットな周波数特性を実現したDCW™、スピーカー・セッティングのノウハウを注ぎ込んだルーム・レスポンス補正……などなど。
これらの技術は、GシリーズやFシリーズでもスタジオ・モニター製品と同じものが投入されています。

音楽製作/映像製作を行うお客様が、Gシリーズを選択するケース

  • 使用しているオーディオ・インターフェースやDJミキサー等の仕様により、RCA入力が必要という方
  • YouTube等映像製作をしている方で、LEDインジケーターを消灯してより映像に集中して製作を行いたいという方
  • 音楽製作で使いつつ、時にリビング等に持ち運んで家庭用オーディオ機器とも接続して楽しみたいという方
  • 制作に使っているパソコンで、Netflix 等の映像配信サービスのコンテンツをシアター感覚でじっくり楽しまれている方(LED をオフにすることで、より映像を引き立たせることができます)
  • 本体カラーはブラックをご希望の方や、LEDの色は白の方が好みという方
  • そしてもちろん……普段の音楽鑑賞/映像鑑賞の際のサウンドも妥協したくないという方

Gシリーズと8000シリーズの違い

入力端子の違い

8000 シリーズの入力端子はXLRのみとなりますが、G シリーズについてはホーム・オーディオ機器との親和性を考慮してRCA を装備しております。
また、G Three、G Four、GFive ではRCA 端子に加え、XLR 端子も装備しております。

入力感度の違いと、感度コントロール・スイッチ/ノブ類

8000シリーズと比較して、Gシリーズは入力感度が−10dB低く設定されております。
これはスタジオという防音に配慮された環境ではなく、一般家屋での再生を考慮して最適な音量での再生を目的とした仕様です。
デスクトップやテレビまわりなど、より細やかな音量調整が必要な場所への設置が想定されるG One、G Two,G Threeは、さらに10dB入力感度を下げることのできる「LEVEL −10dB」スイッチを、より大音量を必要とする広い部屋での設置が想定されるG Four、G Fiveでは、8000シリーズと同じ入力感度とする「LEVEL +10dB」スイッチが設けられています。
なお、8000シリーズでは−6dB~+6dBまで無段階で調整できる感度コントロール・ノブが搭載されておりますが、Gシリーズには搭載されていません。

注:8010には、感度コントロール・ノブの装備はなく「LEVEL −10dB」のスイッチが搭載されています。

LEDの色の違い

フロントに装備された電源のオン/オフを示すLEDの色について、8000シリーズでは「」、Gシリーズでは「」を採用しております。

LEDのオン/オフ切り替えの有無

8000 シリーズでは作業中の動作ステータス確認の観点からLED のオフはできませんが、音楽鑑賞、映画鑑賞での使用を想定したG シリーズでは、フロントLED をオフにできるディップスイッチを設けております。

注:G One にはLED のオン/オフスイッチの搭載はございません

本体カラー・オプションの違い

ダーク・グレー(プロデューサー・グレー)は8000 シリーズのみ、ブラックはG シリーズのみの展開となります。なお、ホワイト、RAW フィニッシュはともにラインナップされております。

注:G One にはLED のオン/オフスイッチの搭載はございません

8020とG Twoでの「TREBLE TILT」の有無

背面のディップスイッチによるルーム・レスポンス補正において、8020 で搭載される「TREBLE TILT」の機能は、G Two にはございません。

G Fourと8040、G Fiveと8050での「ISS自動スタート機能」のオン/オフスイッチの有無

Gシリーズと8000シリーズには、音楽信号が入力されると電源オン、一定時間入力がない時は自動的に電源がオフになる「ISS自動スタート機能」が搭載されています。

GFour、G Fiveについては、本機能のオン/オフの切り替えスイッチは装備せず、常にオンの設定となります。

※G Four、G Five以外のGシリーズおよび8000シリーズは、全て切り替えスイッチを搭載しています。

G series & F Series ラインナップ

片手に収まるほどのコンパクト・サイズで迫力のあるサウンドを響かせるシリーズ最小モデル

世界中のスタジオで支持を得るGenelecのサウンドを極めてコンパクトなサイズで実現したシリーズ最小モデルです。
ツイーターとウーファーにはそれぞれ25Wのパワーアンプを内蔵し、音圧レベルは96dBを実現。
室内の音響特性に最適化させるルーム・レスポンス補正も搭載し、設置場所に合わせてスピーカーを最適化させることも可能です。

また、テーブル・トップや壁掛け、VESAマウントなど豊富なマウント・オプションにも対応。
さまざまな利用シーンにも柔軟に対応します。

製品仕様

SPL 96dB
周波数特性 (−6dB) 67Hz~25kHz
ウーファーサイズ 3インチ
ツイーターサイズ 3/4インチ
ベースアンプ出力 25W
トレブルアンプ出力 25W
入力端子 RCAアナログ×1
サイズ(Iso-Pod含む) H195×121W×115Dmm
質量 1.7kg

コンパクトなサイズと迫力あるサウンド RAWフィニッシュもラインアップする小型モデル

Genelecのサウンドをコンパクトなサイズで実現した小型モデルです。
ツイーターとウーファーにはそれぞれ50Wのパワーアンプを内蔵し、音圧レベルは100dBを実現。
室内の音響特性に最適化させるルーム・レスポンス補正も搭載し、設置場所に合わせてスピーカーを最適化させることも可能です。

また、テーブル・トップや壁掛け、VESAマウントなど豊富なマウント・オプションにも対応します。

アルミニウム・エンクロージャーを採用したGenelecならではのカラー・オプション「RAWフィニッシュ」もラインナップします。

製品仕様

SPL 100dB
周波数特性 (−6dB) 56Hz~25kHz
ウーファーサイズ 4インチ
ツイーターサイズ 3/4インチ
ベースアンプ出力 50W
トレブルアンプ出力 50W
入力端子 RCAアナログ×1
サイズ(Iso-Pod含む) H242×W151×D142mm
質量 3.2kg

RCA入力に加えXLR入力も装備 豊かな低域も兼ね備えたシリーズ中型モデル

Genelecのサウンドをコンパクトなサイズで実現した中型モデルです。
ツイーターとウーファーにはそれぞれ50Wのパワーアンプを内蔵し、音圧レベルは104dBを実現。
5インチのウーファーの搭載により、スムーズな高音域からリッチな低域をストレスなくカバーします。

もちろん室内の音響特性に最適化させるルーム・レスポンス補正も搭載。また、テーブル・トップや壁掛け、VESAマウントなど豊富なマウント・オプションにも対応します。

アルミニウム・エンクロージャーを採用したGenelecならではのカラー・オプション「RAWフィニッシュ」もラインナップします。

製品仕様

SPL 104dB
周波数特性 (−6dB) 47Hz~25kHz
ウーファーサイズ 5インチ
ツイーターサイズ 3/4インチ
ベースアンプ出力 50W
トレブルアンプ出力 50W
入力端子 RCAアナログ×1
XLRアナログ×1
サイズ(Iso-Pod含む) H299×W189×D178mm
質量 5.0kg

低域、高域それぞれに90Wのパワーアンプを搭載 広い空間でもストレスのないサウンドを実現

6 ½インチのウーファーと90Wのパワーアンプを搭載し、広い空間でもストレスのないサウンドを響かせるG Four。
ルーム・レスポンス補正をはじめスタジオ譲りの機能を贅沢に搭載したスピーカーです。

また、RCA/XLR入力への対応をはじめ、テーブル・トップや壁掛け、VESAマウントなど豊富なマウント・オプションにも対応。お客様のニーズに合わせた自由な設置を可能としています。

アルミニウム・エンクロージャーを採用したGenelecならではのカラー・オプション「RAWフィニッシュ」もラインナップします。

製品仕様

SPL 105dB
周波数特性 (−6dB) 41Hz~25kHz
ウーファーサイズ 6 1/2インチ
ツイーターサイズ 3/4インチ
ベースアンプ出力 90W
トレブルアンプ出力 90W
入力端子 RCAアナログ×1
XLRアナログ×1
サイズ(Iso-Pod含む) H365×W237×D223mm
質量 8.6kg

スムーズな高域からリッチな低域を広い空間でも。 忠実なサウンドを約束するGシリーズ最大モデル

8インチのウーファーと1インチのツイーターを搭載するシリーズ最大モデル。
ルーム・レスポンス補正をはじめスタジオ譲りの機能を贅沢に搭載したスピーカーです。
ツイーターに120W、ウーファーに150Wのパワーアンプを搭載し、オーディオ素材の細やかなニュアンスとダイナミクスを極めて忠実に描きます。

また、RCA/XLR入力への対応をはじめ、テーブル・トップや壁掛け、VESAマウントなど豊富なマウント・オプションにも対応。お客様のニーズに合わせた自由な設置を可能としています。

製品仕様

SPL 110dB
周波数特性 (−6dB) 32Hz~25kHz
ウーファーサイズ 8インチ
ツイーターサイズ 1インチ
ベースアンプ出力 150W
トレブルアンプ出力 120W
入力端子 RCAアナログ×1
XLRアナログ×1
サイズ(Iso-Pod含む) H452×W286×D278mm
質量 12.7kg

アナログ入力に加えデジタル入力も装備 システムの「ハブ」としての機能を備えるサブウーファー

F Oneは、Gシリーズと組み合わせることで低域を35Hzまで拡張するサブウーファーです。
RCAアナログ入力(LFE含む)に加え、TOSLINK、COAXIALのデジタル入力を装備したことでテレビ、DAC、AVアンプといった様々な機能とGシリーズをつなぐ「ハブ」としての機能も備えています。
また、設置環境に合わせて調整できる室内特性コントロールやベース・マネジメント機能を装備。
設置環境に合わせて最適化させることが可能です。

さらに付属品としてワイヤレス・リモートコントローラー「9101A-B」を同梱するほか、テレビなどのリモコンのボタンを記憶させるマッチング機能も備えるなど、優れた使い勝手を実現しています。

製品仕様

SPL 100dB
周波数特性 (−6dB) 35~85Hz
ドライバーサイズ 6 1/2インチ
アンプ出力 40W
入力端子 TOSLINKデジタル×1
COAXIALデジタル×1
RCAアナログ×3(L、R、LFE)
3.5mmステレオミニ(メス)×1
出力端子 RCAアナログ(L、R)×1
サイズ(Iso-Pod含む) H251×W305×D305mm
質量 5.6kg

150Wのパワーと27Hzまで伸びる低域 G Three、G Four、G Fiveに最適なサブウーファー

F Twoは、27Hzまで伸びた低域と150Wの出力を備えたアンプを搭載するほか、ベース・マネジメント機能や設置環境に合わせて最適化できる室内特性コントロール機能を装備。
さらにRCA(LFE含む)とXLRのアナログ入力、TOSLINK、COAXIALのデジタル入力を装備したことでテレビ、DAC、AVアンプといった様々な機器とGシリーズをつなぐ「ハブ」としての機能も備えています。
また、RCA LINK入出力も備えるので、2台以上のT Twoを使用したシステムのセットアップにも対応します。

操作性の面ではワイヤレス・リモートコントローラー「9101A-B」を付属するほか、テレビなどのリモコンのボタンを記憶させるマッチング機能も装備し、優れた使い勝手を実現しています。

製品仕様

SPL 103dB
周波数特性 (−6dB) 27~85Hz
ドライバーサイズ 8インチ
アンプ出力 150W
入力端子 TOSLINKデジタル×1
COAXIALデジタル×1
RCAアナログ×3 (L、R、LFE)
3.5mmステレオミニ (メス)×1
出力端子 RCAアナログ(L、R)×2
XLRアナログ(L、R)×2
その他端子 RCA LINK入出力
サイズ(Iso-Pod含む) H300×W362×D362mm
質量 8.5kg

2.1chシステムを魅力的なバジェットで導入 G One + F One または G Two+F Oneをバンドルしたパッケージ

G OneとG Twoにつきましては、F Oneをバンドルしたパッケージ「2.1ch Home Set」をご用意しております。

オンライン動画配信はもちろん、EDMなど さらに低域の表現を重視する音楽ジャンルが台頭しているいま。
多岐にわたるコンテンツを再生する現在だからこそ、2.1chシステムの導入を魅力的なバジェットでご提案致します。

G シリーズ vs 8000 シリーズ 比較表

G One vs 8010A

【各種機能】

機能 G One 8010A
入力端子 RCA XLR
入力感度 (8000シリーズを基準) −10dB 0dB
入力感度−10dBスイッチ
感度コントロール・ノブ
LEDの色
LEDのオフ
ISS自動スタート機能
ISS自動スタート機能の
オン/オフ切り替え
Table Top / Desktop
Bass Roll-Off
Treble Tilt
Iso-Pod
カラーオプション ホワイト
ブラック
ダーク・グレー
ホワイト
電源ケーブルの色 ホワイトもしくはブラック ホワイトもしくはブラック

【スペック】

項目 G One 8010A
SPL 96dB 96dBn
周波数特性 (−6dB) 67Hz~25kHz 67Hz~25kHz
ウーファーサイズ 3インチ 3インチ
ツイーターサイズ 3/4インチ 3/4インチ
ベースアンプ出力 25W 25W
トレブルアンプ出力 25W 25W
入力端子 RCAアナログ×1 XLRアナログ×1
サイズ (Iso-Pod含む) H195×121W×115Dmm H195×121W×115Dmm
質量 1.7kg 1.5kg

G Two vs 8020D

【各種機能】

機能 G Two 8020D
入力端子 RCA XLR
入力感度 (8000シリーズを基準) −10dB 0dB
入力感度−10dBスイッチ
感度コントロール・ノブ
LEDの色
LEDのオフ
ISS自動スタート機能
ISS自動スタート機能の
オン/オフ切り替え
Table Top / Desktop
Bass Roll-Off
Treble Tilt
Iso-Pod
カラーオプション ホワイト
ブラック
RAW
ダーク・グレー
ホワイト
RAW
電源ケーブルの色 ホワイトもしくはブラック ホワイトもしくはブラック

【スペック】

項目 G Two 8020D
SPL 100dB 100dBn
周波数特性 (−6dB) 56Hz~25kHz 56Hz~25kHz
ウーファーサイズ 4インチ 4インチ
ツイーターサイズ 3/4インチ 3/4インチ
ベースアンプ出力 50W 50W
トレブルアンプ出力 50W 50W
入力端子 RCAアナログ×1 XLRアナログ×1
サイズ (Iso-Pod含む) H242×W151×D142mm H242×W151×D142mm
質量 3.2kg 3.2kg

G Three vs 8030C

【各種機能】

機能 G Three 8030C
入力端子 RCA、XLR XLR
入力感度 (8000シリーズを基準) −10dB 0dB
入力感度−10dBスイッチ
感度コントロール・ノブ
LEDの色
LEDのオフ
ISS自動スタート機能
ISS自動スタート機能の
オン/オフ切り替え
Table Top / Desktop
Bass Roll-Off
Treble Tilt
Iso-Pod
カラーオプション ホワイト
ブラック
RAW
ダーク・グレー
ホワイト
RAW
電源ケーブルの色 ホワイトもしくはブラック ホワイトもしくはブラック

【スペック】

項目 G Three 8030C
SPL 104dB 104dBn
周波数特性 (−6dB) 47Hz~25kHz 47Hz~25kHz
ウーファーサイズ 5インチ 5インチ
ツイーターサイズ 3/4インチ 3/4インチ
ベースアンプ出力 50W 50W
トレブルアンプ出力 50W 50W
入力端子 RCAアナログ×1 XLRアナログ×1
XLRアナログ×1
サイズ (Iso-Pod含む) H299×W189×D178mm H299×W189×D178mm
質量 5.0kg 5.0kg

G Four vs 8040B

【各種機能】

機能 G Four 8040B
入力端子 RCA、XLR XLR
入力感度 (8000シリーズを基準) −10dB 0dB
入力感度+10dBスイッチ
感度コントロール・ノブ
LEDの色
LEDのオフ
ISS自動スタート機能
ISS自動スタート機能の
オン/オフ切り替え
Table Top / Desktop
Bass Roll-Off
Treble Tilt
オーバーロード・インジケーター
Iso-Pod
カラーオプション ホワイト
ブラック
RAW
ダーク・グレー
ホワイト
RAW
電源ケーブルの色 ホワイトもしくはブラック ホワイトもしくはブラック

【スペック】

項目 G Four 8040B
SPL 105dB 105dBn
周波数特性 (−6dB) 41Hz~25kHz 41Hz~25kHz
ウーファーサイズ 6 1/2インチ 6 1/2インチ
ツイーターサイズ 3/4インチ 3/4インチ
ベースアンプ出力 90W 90W
トレブルアンプ出力 90W 90W
入力端子 RCAアナログ×1
XLRアナログ×1
XLRアナログ×1
サイズ (Iso-Pod含む) H365×W237×D223mm H365×W237×D223mm
質量 8.6kg 9.4kg

G Five vs 8050B

【各種機能】

機能 G Five 8050B
入力端子 RCA、XLR XLR
入力感度 (8000シリーズを基準) −10dB 0dB
入力感度+10dBスイッチ
感度コントロール・ノブ
LEDの色
LEDのオフ
ISS オートスタート機能
ISS自動スタート機能の
オン/オフ切り替え
Table Top / Desktop
Bass Roll-Off
Treble Tilt
オーバーロード・インジケーター
Iso-Pod
カラーオプション ホワイト
ブラック
ダーク・グレー
ホワイト
電源ケーブルの色 ホワイトもしくはブラック ホワイトもしくはブラック

【スペック】

項目 G Five 8050B
SPL 110dB 110dBn
周波数特性 (−6dB) 32Hz~25kHz 32Hz~25kHz
ウーファーサイズ 8インチ 8インチ
ツイーターサイズ 1インチ 1インチ
ベースアンプ出力 150W 150W
トレブルアンプ出力 120W 120W
入力端子 RCAアナログ×1
XLRアナログ×1
XLRアナログ×1
サイズ (Iso-Pod含む) H452×W286×D278mm H452×W286×D278mm
質量 12.7kg 14.4kg

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram