ここから本文です

サックスとは

特徴や成り立ち

サックスはベルギーの楽器製作者、アドルフ・サックスが1840年代に発明した木管楽器です。彼の名前が「サックス」の由来と関係しているのは間違いないでしょう。発明当初から基本的な構造は変わっておらず、ほぼ完成された状態で誕生したと言われています。サックスといえばジャズを想像する方も多いと思いますが、クラシックやロックなど、多様な分野の音楽でソロパートを担当しています。一言でサックスといっても、様々な大きさ・種類があり、ソプラノ・アルト・テナー・バリトンと、大きくなるほど低域を奏でるサックスということになります。

サックスのパーツは約600あると言われ、それら大量のパーツが複雑に連動しています。大きく分けると、吹込管(ネック)・二番管(ボディ)・一番管(ボウ)・朝顔管(ベル)の4つからなり、25個のトーンホールをキィやレバーの様々な連動によって押さえる仕組みです。使用するリードは自然の葦を加工したものであり、2つと同じリードは存在しません。リードは消耗品なので、定期的に交換する必要があります。自分に合ったリードを見つけましょう。

各部名称

裏側

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top