ここから本文です

HOME

ワイヤレスマイクの種類

ハンドヘルド型

ハンドヘルド型

バンド、カラオケ、スピーチ、講演会など幅広い用途に使用可能。
ハンドヘルドはマイク兼送信機となります。

ラベリア型

ラベリア型

演劇、講演会、スピーチなどに最適。
マイク + 送信機(トランスミッター)
マイクを手に持たず、マイク自体も小さいため、目立つことなく、また両手を自由に使うことができます。

ヘッドセット型

ヘッドセット型

ダンス、ライブなど動きのあるシーンに最適
マイク + 送信機(トランスミッター)
ヘッドバンドでマイクを口元に固定するため、ある程度激しい動きにも対応、両手を自由に使うことが出来ます。

楽器用

楽器用

ギターやベースなどの楽器に使用
楽器用ケーブル + 送信機(トランスミッター)


規格の種類

  • A帯:免許が必要
  • B帯:免許不要 800MHz帯
  • デジタルワイヤレス:免許不要 2.4GHz帯

メリット

  • 電波の到達範囲内であれば自由に動き回ることができます。
  • ステージ上からケーブルがなくなるため、足元がすっきりし、コードに足をひっかけるというような心配もなくなります。

デメリット

  • ケーブル仕様と比較すると音質は劣る傾向がある。
  • 周波数帯がぶつかると混線して使用できない。
  • 価格が比較的高い。
  • 同時使用可能セット数が決まっている。

よくあるご質問

Q. 異なるメーカーの送信機と受信機は合わせて使用することができますか。
A. 同じメーカーの送信機と受信機でご使用ください。異なるメーカー同士の場合、動作保証されません。
Q. 同じメーカーでシリーズが違うものは合わせて使用することができますか。
A. 同じメーカーでもシリーズが違う場合、使用することができません。必ず同じシリーズの組み合わせでご使用ください。
Q. B帯で同時使用可能数いっぱい使用中だが、マイクを増やしたい。
A. デジタルワイヤレスをご使用ください。B帯とは違う帯域のため、混線することなく使用することができます。
Q. トランスミッターに接続するマイクはどのようなものが使用できますか。
A. 各メーカーにより使用可能なマイクは異なりますので、ご検討される機種のオプションをご確認ください。
Q. 同時に複数のマイクを使いたい
A.その場合、必要数のセット(ワイヤレスマイク+受信機)をご用意ください。但し機種によって同時に使用できる本数が異なりますのでご注意ください。
Q. マイクを買い足せば何本でも使えるようになりますか?
A. ワイヤレスレシーバー(受信機)1台に対して、ワイヤレスマイク (送信機)は原則1台となります。(※デュアルレシーバーの場合、ワイヤレスマイクは2台まで使用可能です。)

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top