ここから本文です

HOME

「100Vラインと70Vラインについて」

  • ハイインピーダンス接続の場合、パワーアンプは100V、または70Vの出力電圧で動作します。
  • 100V用で設計されているものを「100Vライン(または100系)」
    70V用で設計されているものを「70Vライン(または70系)」と呼びます。
  • 日本では一般的に100Vラインが使用されます。
    70Vラインより電圧降下の少ない100Vラインの方が長距離伝送に優れています。

「100Vラインを70Vラインに切り替えた場合」

  • 各スピーカーへの入力電圧が半分になるため、2倍までのスピーカーを接続することができるようになります。
    例) INPACT35を「100Vライン 15W、70Vライン 7.5W」で使用する場合、アンプ側を100Vラインにした場合は「15W」、70Vラインにした場合は「7.5W」で駆動する形となります。
  • ハイインピーダンス・パワーアンプとスピーカーの組み合わせは下記となります。
    「パワーアンプの定格出力≧スピーカーの合計W数」
    例) パワーアンプをCMP120とした場合
    100Vライン  15W x 8台 = 120W
    70Vライン  7.5W x 16台 = 120W

■パワーアンプ側の出力端子

端子台(例:CMP-250背面)

CMP-250背面

接続方法

ケーブルはバラ線を使い、端子にネジで固定します。

パワーアンプの出力電圧によって、接続箇所が異なります。

  • 例)100Vラインの場合
    100Vラインの接続方法
  • 例)70Vラインの場合
    70Vラインの接続方法

■スピーカー側

切替タップ

駆動方法(パワーアンプ側の電圧、ワット数)に合わせて切り替えます。
スピーカー下部の切替タップを回し、▲印に今回の電圧、ワット数を合わせます。

※下記の場合
100Vライン: 60W/30W/15W
70Vライン: 60W/30W/15W/7.5W

切替タップ

この位置の場合、アンプ側が「100Vライン・15W」、「75Vライン・7.5W」の2つのケースに対応します。

スピーカーケーブルの接続

1. アンプ側の「+」とスピーカー側の「+」を接続、「-」も同じように接続します。
2. 1台目の「+」と2台目の「+」を接続、「-」も同じように接続します。
3. 3台目以降も同じように接続します。

スピーカーケーブルの接続

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top