ここから本文です

HOME

アナログミキサー(XENYX X1222USB)の場合

AUX SEND→フロアモニタースピーカー

  • AUX SENDとフロアモニタースピーカーを接続。
    ※AUX SENDからの信号はアンプ増幅前のレベルとなりますので、パッシブスピーカーは直接接続することはできません。「パワーアンプ+スピーカー」、または「パワードスピーカー」となります。
  • モニターしたいチャンネルのAUXツマミを上げる。
  • MONフェーダーを上げて全体のモニター音量を調整する。

AUX SEND→フロアモニタースピーカー


パワードミキサー(PMP4000)の場合

MON SEND1(または2)→フロアモニタースピーカー

  • ※MON SENDからの信号はアンプ増幅前のレベルとなりますので、パッシブスピーカーは直接接続することはできません。「パワーアンプ+パッシブスピーカー」、または「パワードスピーカー」となります。
  • モニターしたいチャンネルのMONツマミを上げる。
  • MONフェーダーを上げて全体のモニター音量を調整する。

MON SEND1(または2)→フロアモニタースピーカー

AMPモードを「MON1/MONO」にし、OUTPUT A(MON1)→フロアモニター

  • OUTPUT A(MON1)にフロアモニター(パッシブスピーカー)を接続
  • モニターしたいチャンネルのMONツマミを上げる。
  • MONフェーダーを上げて全体のモニター音量を調整する。

AMPモードを「MON1/MONO」にし、OUTPUT A(MON1)→フロアモニター

※MON1/MONOモードの場合、メインスピーカーはモノラル、パラレル接続での出力となります。

※PMP2000、PMP6000、PMP960M、PMP980S、PMP1680Sにも同じくAMP MODEスイッチがございます。

※PMP1000、PMP530MにはAMP MODEスイッチはございません。


パワードモニタースピーカーを使用する場合

ミキサーからの接続方法は同じです。

ミキサーのMON1、またはAUX SEND→パワードスピーカーのLINE INPUT

ミキサーのMON1、またはAUX SEND→パワードスピーカーのLINE INPUT

メリット

  • アンプを内蔵しているため、機材が少なくてすむ。
  • スピーカー側で音量の調節が可能。
  • スルーアウトを使用して複数台の接続が可能。

スルーアウトを使用して複数台の接続が可能。

デメリット

  • それぞれのスピーカーに電源が必要。
  • アンプを内蔵しているため、ノンパワードに比べ重くなる場合がある。

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top