ここから本文です

HOME

クロスオーバーのタイプ

クロスオーバーは、パッシブタイプとアクティブタイプの二種類があります。

パッシブタイプ

パッシブタイプ

サブウーファーの中にはパッシブクロスオーバーを搭載しているモデルもあります。電源もいらず、シンプルに、パワーアンプ → サブウーハー → フルレンジスピーカーという接続だけでも効果的な再生が可能です。しかしながら高域と低域の音量バランスが取れない為、組み合わせによっては効果が発揮できない場合もありますので注意が必要です。

アクティブタイプ

アクティブタイプ

チャンネルデバイダー」とも呼ばれ、現在多くのマルチスピーカーシステム環境下で使用されています。別途電源が必要となりますが、パッシブタイプと比較した場合、周波数帯、フィルターのスロープ等、より細かな調整が可能になります。全てのスピーカーの能力を引き出す為には欠かせません。


チャンネルデバイダーの種類

チャンネルデバイダーの中にはウーハー(低域)とツイーター(高域)の2ウェイだけでなく、スコーカー(中域)を追加した3ウェイ、さらには4ウェイ等、多数の周波数帯別に分割可能なモデルがあります。導入する際には、対応分割数をご確認ください。さらにはアナログとデジタルがあり、特徴は下記の様になります。

アナログ

アナログ

  • セッティングが一目でわかる
  • 難しい動作なしに直観的な操作が可能
デジタル

デジタル

  • 多機能でチャンネルデバイダー以外の機能を装備しているものも多数あります。
  • 操作が複雑で直観的な操作は難しいですがセッティングの保存が可能

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top