ここから本文です

HOME

  ハイインピーダンス ローインピーダンス
概略 ハイインピーダンス ローインピーダンスに比べ少ない電流でスピーカーシステムを鳴らすことができ、アンプとスピーカーの距離が長く、多数のスピーカーを鳴らすときに使用します。
ハイインピーダンス接続の場合、アンプ側は100V、または70Vの出力電圧で動作します。
ローインピーダンス 一般的に1チャンネルに1台のスピーカーシステムを接続します。
アンプからスピーカーまで電気信号を伝送する際、短距離の場合はケーブルの抵抗によるロスが少ないため、ローインピーダンス接続が音質的に有利です。
スピーカー ハイインピーダンス・スピーカー ローインピーダンス・スピーカー
インピーダンス 数百Ω~数kΩ 2~16Ω
メリット
  • 1台のパワーアンプで複数のスピーカーを駆動可能
  • ケーブル抵抗に影響されない長距離伝送が可能
  • スピーカーの増設、撤去が容易
  • 定格入力の異なるスピーカーを混在して使用可能
  • 音質的に有利
  • 接続が簡単
  • スピーカートランスを必要としない
デメリット
  • 音質的にローインピーダンスに劣る。
  • 接続できるスピーカーの数が少ない。
  • 長距離の場合、伝送ロスが生じる。
使用場所 BGM、拡声を目的とした多数のスピーカーを使用する商業施設など 音質重視のライブイベントなど
スピーカー、
アンプの選び方
パワーアンプの
定格出力
スピーカーの
合計W数
例)100Wアンプに1Wスピーカー100個、5Wスピーカーなら20個まで
スピーカーの
許容入力
> パワーアンプの
定格出力
例)8Ω600W(PGM)のスピーカー、8Ω 340Wのパワーアンプ

ハイインピーダンス・パワーアンプの100Vラインと70Vライン 1

ハイインピーダンス・パワーアンプの出力電圧は主に100Vと70Vの2種類があります。
スピーカーが100V用に設計されているか、または70V用で設計されているかにより、スピーカー出力端子の接続箇所が異なります。
100系、70系とも呼ばれています。
70Vラインより電圧降下の少ない100Vラインの方が長距離伝送に優れます。

ハイインピーダンス・パワーアンプの100Vラインと70Vライン 2

100Vラインと70Vラインではスピーカーへの入力電力(W)が異なります。
同じインピーダンスのスピーカーの場合、100Vライン時の入力電力は、70Vラインの2倍となります。

従って、100Vラインから70Vラインにすると、音量は小さくなりますが、倍の数のスピーカーを接続することができます。

スピーカーのインピーダンス 100Vライン 70Vライン
10k 1W 0.5W
5k 2W 1W
3.3k 3W 1.5W
2k 5W 2.5W
1k 10W 5W
670 15W 7.5W
500 20W 10W
333 30W 15W

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top