ここから本文です

HOME

ムービングヘッドとインテリジェントスキャナーの違い

ムービングヘッドは、ヘッド部分の稼動範囲が広い為、様々な場所に光を照射することができます。インテリジェントスキャナーに比べ照射範囲が広くダイナミックな動きが特徴ですが、ヘッド部分が重い為、動作スピードは遅くなります。 インテリジェントスキャナーは、本体に取り付けられたミラーが縦横に動作して光を反射するためスピーディーな光の動きが特徴です。しかしムービングヘッドと比べミラーの稼動範囲が狭い為、照射範囲も狭くなります。

ムービングヘッドムービングヘッド

ムービングライトとも呼ばれ、ヘッド部分とベース部分から構成されています。ヘッド部分には電球やLEDの他、各種エフェクトが搭載され、ベース部分には横回転のモーターや電源などがあります。1本または2本のアームでヘッドを縦回転させる機構になっている、ロボットのような機材です。

インテリジェントスキャナーインテリジェントスキャナー

ミラースキャンとも呼ばれます。
ボディにミラーが取り付けられていて、そのミラーで光を反射させて壁などに照射します。
ミラーの角度が縦横様々な角度に変わることで、照射位置を調整できます。


ムービングヘッドとインテリジェントスキャナーの制御方法

各機器によっても異なりますが、内蔵プログラムにより自動で動くオートモードや、音に反応して動作するサウンドアクティブモードなどがあります。
また大抵の機種はDMX規格(DMXについてはDMX編参照)に対応しており、外部DMXコントローラーで制御します。ムービングヘッドやインテリジェントスキャナーは複数のエフェクト機能を搭載している場合が多く、制御する機能が多いため、制御チャンネル数の多いDMXコントローラーを選択する必要があります。


光源について

ムービングヘッドやインテリジェントスキャナーには、ハロゲン球やメタルハライド球などの電球タイプと、LEDタイプがあります。サウンドハウスで取り扱っている製品で一番多く用いられているのは250Wのメタルハライド球で、ハロゲン球に比べ白い光が特徴です。その他の光源については光源編を参照してください。


各制御内容や機能について

パン/チルト

パンはX軸の横動作、チルトはY軸の縦動作。これらの設定で照射位置を調整します。


ゴボ

模様の切り替え

カラー

色の切り替え

3面プリズム

3面に模様を照射

フォーカス

ピント調整

アイリス

円の絞りを調整

ズーム

円の大きさを調整

フロスト

曇りガラスで光を拡散

ストロボ

点滅動作

ディマー

調光動作

回転ゴボ

模様が回転

ゴボシェーク

模様が揺れて投影

CMYミキシング

Cシアン、Mマゼンタ、
Yイエローの3色を混色


セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top