ここから本文です

機材の準備

2. 録音デッキ

録音デッキ

CD-RW901MK2CD-A580202MKVIIなど

3. 再生デッキ

再生デッキ

UCD-100MKIICD-A580202MKVIIなど

4. マイク

マイク

ダイナミックマイク / コンデンサーマイク

※コンデンサーマイクの場合は別途ファンタム電源(BEHRINGER 「PS400」など)が必要です。

5. それぞれの機器を接続するケーブル

ケーブル

マイクケーブル:CLASSIC PRO 「MIPシリーズ」
デュアルピンーピン:CLASSIC PRO 「DRRシリーズ」

※上記は一例ですので、お手持ちの機器の入出力端子に合わせたケーブルをご用意ください。


接続

接続例

1. 録音デッキの接続

KOK500、KOK1000の「REC OUT」と録音デッキの「INPUT」を接続。

2. 再生デッキの接続

KOK500、KOK1000の「外部入力」と再生デッキの「OUTPUT」を接続。

3. マイクの接続

KOK500、KOK1000のマイク入力端子にマイクを接続。

※コンデンサーマイクの場合、ファンタム電源が必要となります。
接続は、コンデンサーマイク→ファンタム電源供給機器→KOK500、KOK1000となります。


録音してみよう

1. KOK500、KOK1000のマイク音量とミュージック音量を調整

※REC OUTから出力されるレベルは、KOK500、KOK1000の音量調整と合わせて変化します。

※画像はTASCAM 「CDA550」です。

2. 録音デッキ側の入力レベルを必要に応じて調整

※入力レベルが大きすぎると音が割れたり、歪んだりしてしまいます。

※画像はTASCAM 「CDA550」です。

3. 録音デッキ側で録音をスタート


セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top