ここから本文です

HOME

音のつくり方 (アンプの使い方)

エレキギターの場合、演奏をする際にはアンプを使います。
しかし、スタジオに行ってもアンプの使い方が分からない、思うような音にならないなんてことありませんか?自分に合ったアンプを理解し、実践で困らないようにしたいものですね。

基本的なアンプの使い方

電源を入れる

01ボリュームが下がっていることを確認して電源を入れます。

真空管アンプは電源とスタンバイに分かれているアンプ

02真空管アンプは電源とスタンバイに分かれているアンプもあります。
この場合は電源→しばらく待って→スタンバイの順にON、スタンバイ→電源の順にOFFにします。

ギターを繋ぐ

03ギターを繋ぎます。
必ずギター→アンプの順に繋いでくださいね。

音色、音量を調整

04音色、音量を調整します。

【参考】音の出し方~イコライザー編~

以下、代表的なコントロールをご案内します。

代表的なつまみ

PRESENCE(プレゼンス)
最終的な高音域の調整
RESONANCE(レゾナンス)
最終的な低音域の調整
VOLUME(ボリューム)
最終的な音量調整
TREBLE(トレブル)
高音域の調整
MID(ミドル)
中音域の調整
BASS(ベース)
低音域の調整
GAIN(ゲイン)
歪み具合を調整

音の出し方~イコライザー編~

アンプで音作りにお困りの方も多いと思いますが、これといった決まりがあるわけではないので、まずはアンプの各トーンコントロールの役割を把握した上で自分の好みのサウンドを探っていくのが良いでしょう。ここでは基本的なセッティング例をいくつかご案内します。
音作りはトーンを決定付けるイコライザーの調整が肝です。大まかにTREBLE、MIDDLE、BASSのトーンコントロールがあります。

コントロールの種類 効能とポイント
TREBLE (HIGH) / 高域の調整 音の輪郭がはっきりとします。掛けすぎると耳障りなサウンドになります。
MIDDLE (MID) / 中域の調整 音の抜けが良くなります。掛けすぎると音の輪郭がぼやけます。
BASS (LOW) / 低域の調整 太いサウンドになります。掛けすぎるとモコッとしたサウンドになります。
PRESENCE / 超高域の補正 サウンドにエッジを立たせたい場合や、抜けを良くしたいときに使います。
上げすぎるとキンキンしたサウンドになります。

クリーン

BASS 6 / MIDDLE 5 / TREBLE 8

アルペジオ系サウンド

高域を持ち上げるときらびやかなサウンドになります。

BASS 8 / MIDDLE 5 / TREBLE 4

ジャズ系サウンド

モコッとしたサウンドを作る場合は高域を下げ、中/低域を上げるのがポイントです。ギター側のトーンコントロールも好みにあわせて絞ってみましょう。

BASS 8 / MIDDLE 6 / TREBLE 8

カッティングサウンド

輪郭をはっきりとさせるセッティングで使用されることが多く、シャープで切れの良いピッキングをすることもポイントです。

クランチ

BASS 6 / MIDDLE 8 / TREBLE 6

ブルージーなサウンド

中域を強調した芯のはっきりとしたサウンドがお薦め。

リード

BASS 10 / MIDDLE 5 / TREBLE 10

ドンシャリサウンド

とにかく輪郭をはっきりさせるセッティングです。中域は抑え目にすると輪郭がはっきりしますが下げすぎるとスカスカになってしまうので気をつけましょう。

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok