ここから本文です

HOME

譜面を見て、ドラムを叩いてみよう!!!

ドラムをダカドン!

自宅で出来るドラム練習!?

ドラム譜の基本

意外と簡単なドラム譜。ドラムの譜面は五線譜の上にドラムのセットが表されています。

ドラムの譜面の読み方
ドラム各部の名称

※譜面により、表記の仕方は異なる場合があります。

では、以下の譜面はどうなっているでしょう?

Lesson 1 : テンポ 60, 80, 100

これは、腕パートのみの譜面です。まずはこれが叩けるようになりましょう。
ハイハットは右手、スネアは左手です。

ドラムセット練習メニュー 1

以下、順番にバスドラムのリズムを入れていきます。
今回は、3つのパターンを用意しましたので、練習してみましょう。

Lesson 2 : テンポ 60, 80, 100

頭にだけ、バスドラムを入れます。スネア・ドラムと交互になります。

ドラムセット練習メニュー 2

Lesson 3 : テンポ 60, 80, 100

今度は、頭とスネア・ドラムと同じ場所にバスドラムをいれます。1のパターンに追加されるパターンです。

ドラムセット練習メニュー 3

Lesson 4 : テンポ 60, 80, 100

2小節目にバスドラムを2ヵ所入れます。

ドラムセット練習メニュー 4

練習用ドラムキット

手足のコンビネーションをしっかり練習したい。そんな時に威力を発揮するのがドラム練習キットです。消音素材のドラム基本セット、バスドラム、スネア、ハイハット、タム、シンバルによって構成されています。シンバルをパッドで代用しているものもあり、スタジオに行かなくても自宅に居ながらドラムセットに向かうような感覚で練習できるというのがポイントです。


セール 大幅値下げ市

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
NAMM Showレポート2019 百音繚乱!音楽好きたちのミニライブ SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top