ここから本文です
機材の設置場所

機材の設置場所

機材を載せる台(デスク)は、自宅で使用する場合において安定性の高い机などで代用可能です。また、クラブ等、大音量で鳴らす現場では、ハウリング(ブーンという異音)を防ぐため、コンクリート・ブロックを積み上げた土台の上など、振動を防げるよう、しっかりとした台に機材を載せるのがベストです。またDJ専用のテーブルなども発売されています。

スタンダードポジション

スタンダードポジション

バトルポジション

バトルポジション

クラッシュポジション

クラッシュポジション

ターンテーブルとミキサーの配置

DJミキサーを中心に、ターンテーブルはその両サイドに設置します。通常、ターンテーブルは横置きでセッティングしますが、バトルDJやHIPHOP系のDJでは両方のターンテーブルを縦置き(通称:バトルポジション)にすることもあります。これはスクラッチやボディトリックをする際、可能な限り動作距離を狭めるためです。また、プレイスタイルによってはDJミキサーのすぐ両端にターンテーブルのスタートスイッチが操作できるように、右側のターンテーブルのみあえて横置きで左側のターンテーブルを縦置きにする場合もあります。

各機材の配線

各機材の配線

配線はいたって簡単で、まずはターンテーブルからDJミキサーの”PHONO”へ入力します。CDJやその他サンプラーは全て"LINE"へ接続します。ターンテーブルからの出力信号は非常に小さいので"LINE"へ接続してもきちんと音が鳴りません。また、LINE信号を間違って"PHONO"へ接続した場合「バリバリ」といった歪んだ音とになります。各プレーヤーの配線が終了したら、DJミキサーからの出力信号をお手持ちのアンプや外部入力のあるコンポ、もしくはパワードスピーカーなどへ接続しセッティングは完了です。

カートリッジの取り付け

カートリッジの取り付け

カートリッジを取り付けます。ヘッドシェルが必要なカートリッジの場合は、ヘッドシェルを取り付けてから、アームに取り付けます。コンコルドタイプは、そのままカートリッジを取り付けます。

ターンテーブルの調整

ターンテーブルの調整

アームのバランスなど、ターンテーブルの調整を行い、セッティング完了です!


新生活応援セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
Fashion Music SOUND HOUSE x SHOPLISTスペシャルコラボ YOITOKOめぐり旅 Vol.9 岡山県津山市 B'z稲葉浩志の出身地! 「津山」の音楽シーンはUltra Soulだった! SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top