ここから本文です

ベースアンプの使用方法

  1. エレキベースとアンプのボリュームを0にする
  2. シールド(ケーブル)をエレキベースに差し込む
  3. ベースアンプにシールドを差し込む
  4. ベースアンプのスイッチを入れる
  5. ベースアンプ、エレキベースのボリュームを徐々に上げながら音量を調節する

【1】エレキベースとアンプのボリュームを0にする

アンプへケーブル(シールド)を差し込む際には、必ずボリュームを0にする癖をつけましょう。 電源が入っている状態で、ボリュームが上がっていると、ケーブルの抜き差しの際に「ボン!」という音がして、 スピーカーやアンプを痛めてしまう可能性が有ります。

エレキベースのボリュームを0にするアンプのボリュームを0にする

【2】シールド(ケーブル)をエレキベースに差し込む

アンプの電源を入れる前に、ベース→アンプ間の接続をしましょう。

シールド(ケーブル)をエレキベースに差し込む

【3】ベースアンプにシールドを差し込む

ベースアンプの「INPUT」にケーブルを差し込みます。アンプの機種によっては、「HIGH」「LOW」や「Active」「Passive」というように、INPUTが2つ並んでいるものもあります。その場合は、以下の様に接続しましょう。

  • 「HIGH」または「Passive」:パッシブベース(電池が不要なエレキベース)を接続
  • 「LOW」または「Active」:アクティブベース(電池を使用しているエレキベース)を接続

ベースアンプにシールドを差し込む

【4】ベースアンプのスイッチを入れる

このタイミングでベースアンプのスイッチをONにします。

ベースアンプのスイッチを入れる

【5】ベースアンプ、エレキベースのボリュームを徐々に上げながら音量を調節する

アンプの各部コントロールです。

  • GAIN:MASTERと組み合わせて、音量の調節と歪みの調節を行うコントロール
  • BASS:低音域の調整を行うコントロール
  • MIDDLE:中音域の調整を行うコントロール
  • TREBLE:高音域の調整を行うコントロール
  • MASTER:音量を調節するコントロール

エレキベースのボリュームを徐々に上げながら音量を調節するベースアンプのボリュームを徐々に上げながら音量を調節する


その他外部接続端子

AUX IN

CDなど外部音源をここに繋げばベースと合わせて音を出すことができます。

ヘッドホンアウト

夜間はご家族、近隣の方の迷惑にならないようヘッドホンを使用しましょう。


セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top