ここから本文です

HOME

DTM、配信、テレワークに最適!吸音材を選ぶ

DTMやテレワーク、配信など、部屋の反響が気になる際に役立つアイテム、吸音材のご紹介です。

防音のための基礎知識

「防音」を行う素材はおよそ4種類に分かれます。

防音イメージ
遮音
音を反射させ、音の通り抜けを遮ること
吸音
音を吸収・拡散させ、音の反射を防ぐこと
防振・制振
振動を抑え、周囲に伝わらなくすること
(アイソレーションパッド、インシュレーターなど)

吸音材とは?

部屋などの壁に当たり反射する音を抑えるための材料です。接着剤などを用いての貼り付け、またはスタンドと組み合わせて設置することで効果を発揮します。

吸音材の原理

空気の層が音の振動を吸収するため、部屋に響く音が反射しにくくなります。
また空き家よりも家具などを置き、物が増えた部屋の方が響かなくなるのと同様に、吸音材のカット方法により音が拡散することも要因です。

吸音材の素材

サウンドハウスの取り扱う吸音材は主に2種類あります。どのような素材でも一定以上の吸音効果が期待できますが、以下の吸音材は、軽量かつ加工時に粉塵が生じにくいことが大きなメリットです。

ウレタン・フォーム

ウレタン・フォーム

ウレタン樹脂から発泡させたスポンジ。厚みが増すと切断加工が難しくなります。また使用環境によりますが、長く使用することにより経年劣化することがあります。

メラミン・フォーム

メラミン・フォーム

メラミン樹脂を発泡させたスポンジ。市販のカッターでも簡単に切断加工することが可能です。

ほかにもグラスウール、フェルトなどさまざまな素材の吸音材が存在します。

吸音材の表面加工

吸音材の表面にはさまざまなカット方式が用いられています。素材と同様にどのような加工をされていても一定以上の吸音効果が期待できますが、見た目などが大きく変わるため、設置する部屋のインテリアなどとの相性で決めるのがよいでしょう。

主なカット: 山型・ピラミッド型・波型・楔型 etc.…

吸音材の接着方法

素材により多少異なりますが、基本的には接着剤かピンを使用するのが一般的です。
接着剤での貼りつけは、下の動画をご覧ください。

接着剤を見る

ポイント

メラミン・フォームは両面テープでは壁に接着できません。なるべくシリコン・ウレタン系接着剤などを使用することを推奨しています。また、完全に固定した後に剝がす場合は壁紙に傷が付く可能性があります。あらかじめご了承のうえ、貼り付けを行ってください。

賃貸など、壁へ直接貼り付けられない場合には、スタンドマウントタイプの吸音材をご検討ください。

定番メーカーから選ぶ

SONEX

サウンドハウスが正規代理店を務めるアメリカのメーカーです。ウレタンやメラミン・フォームを採用、高い吸音率と耐火性、装飾デザイン性まで兼ね備えています。自宅や音響スタジオなど業務用、建築材としても利用できるため、幅広い業界から人気があります。

AURALEX

サウンドハウスが正規代理店を務めるアメリカ、インディアナ州のメーカーです。高密度を意味するポリウレタン・フォームを採用。高い耐久性と吸音率を誇る商品を開発し、斬新なデザインと積極的なマーケティングにより、販売実績を重ねてきました。代表的な「MAX-Wall」のポータブル・ボーカルブースは、レコーディングスタジオや楽器練習ルームなど、使用場所に応じて自由自在に吸音材を組み合わせることができます。

CLASSIC PRO

サウンドハウスがプロデュースするオリジナル・ブランド。メラミン・フォームの小型吸音材を取り揃え、はじめて吸音材の導入を検討している方にも安心してお選びいただけます。
ピラミッド型と山型の2種類を組み合わせたり、それぞれの組み合わせを自由に選んだりするのもお勧めです。

SHIZUKA

「本物の音を聴くために」をコンセプトに吸音パネルを開発する日本のメーカーです。グラスウールの吸音部を覆うようにメッシュ素材を使い、見た目もカラフルに彩ることが可能。展開すると大きく見えますが、蝶番付き、かつ軽量。簡単に移動や設置ができるためさまざまな状況に対応できます。

遮音材について

遮音材

サウンドハウスでは遮音材も取り扱っています。また、吸音材を素材として混ぜた商品もあります。どれにするか迷ったときにはこちらもご検討ください。

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram