ここから本文です

おーえむ さんのレビュー一覧

audio technica
ATH-M40x モニターヘッドホン
在庫状況:在庫あり
価格:¥10,800(税込)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) 満足です。 2021/07/11
4年ほど使ったレビュー
プライベートスタジオで使うモニターヘッドホンを探していて900STを買うか迷っていましたが、なんだか定番すぎて面白味がないので、評判もいいし思い切って好きなメーカーを購入。
私は音声専門ですが、他より少しだけ低音をしっかり聴かせてくれてるかな?って感じです。しかし基本的に低音〜高音までバランスよく出てます。
プラグやコードも変換できるし、装着感もいい感じです。
音が近すぎないのが特にいい。長時間の作業でも疲れません。
結果ずっと愛用しているので買って良かったいい商品でした。


SONY
ECM-PCV80U USBマイク
在庫状況:在庫あり
価格:¥3,480(税込)
参考になった人数:2人(2人中)
(2.0) 他の選択肢があれば選ばない 2021/07/26
近所の量販店にて発見し懐かしいと思いましたが、何故か値上げしていたので、機材にお金を掛けられない若者のために経験からレビューしておきます。
マイクは値段が全てではありませんが、あまり期待して買ってはいけません。
こちらは発売当初に購入しました。当時は音に関しての知識も無く、使えればよかったからです。
私は音楽てはなく音声専門なのですが、このマイクのポイントは以下の通り。
①安い
②パソコンさえあればすぐ使える
③パッと見、多くの人が想像する〈マイク〉の形をしている
これくらいです。というか以上の条件が揃ってこの機種を選ぶ人がほとんどではないでしょうか。(まぁSONYというのも多少あるかも知れませんが…) そしてその多くは通話だけではなく、これで歌ったりしてると思われます。
低価格ではヘッドセットくらいしかライバルがない当時はよかったのかも知れませんが、今この時代に買う意味はほぼありません。
肝心の音はノイズがひどく、高音は潰れます。当然コンピュータとの相性もありますがMac・Windows両方での使用経験から綺麗な音とは程遠いです。収録に使える音ではありません。
とりあえず〈動作して〉〈音が録れればいい〉人向けということで評価2です。


SE ELECTRONICS
RF-X/WB
在庫状況:在庫あり
価格:¥9,240(税込)
参考になった人数:1人(3人中)
(4.0) 反響防止の補助 2020/11/12
この部類の商品を使ったことがないので、どんなものかとエントリーモデルを買ってみました。10日ほど使った上でレビューします。
特殊な素材のようで、見た目より軽くて使いやすかったです。リフレクションフィルターに限ったことではないですが、金属の物が近くにあると、大きな音を出した際に、キーンと反響してしまうことがあるのですが、その心配はないです。
マイクも設置して試してみました。少し離れすぎるとフィルターを通る前に、音が拡散してしまいますのでしっかり一定の位置で声を出すと効果的です。
あくまで反響対策ですし、これ一枚で完全に反響がゼロになることはありません、しかし一定の効果はあります。自宅で収録する際の軽い手助け、軽いノイズ防止くらいに考えておくといいでしょう。
見た目より軽いと言っても、大きくてマイクよりは重いので、マイクスタンドはストレートタイプがオススメです、ブームタイプはたぶんヒンジが耐えられない気がします。
これより安価なリフレクションフィルターは他サイトでも多くあるようですが、リフレクションフィルターを普及させたのは、このメーカーのSE ELECTRONICSなので初めて買うならやはり定番がいいですね。

CLASSIC PRO
RETRO-II USBマイク
在庫状況:約1ヶ月
価格:¥5,980(税込)
参考になった人数:9人(10人中)
(5.0) コスパ◎ 2020/10/30
9年ほど通話用に使っていた安いUSBマイクが限界だったので、同じように楽に使えるUSBマイクを探していました。
せっかく買い換えるなら、通話以外にも使える良いものを買おうと、様々な製品のデータをじっくり拝見したところ、このマイクに目が止まりました。
レビューは少なく、他サイトにも全然レビューは無い、しかし気になる……マイク好きな私に買う以外の選択がありませんでした。
7000を切る価格で、多機能システムとダイレクトモニタリング、スタンドとショックマウントも付属してます。
・周波数特性20Hz-18kHz、ビット深度24ビット、96kHzのサンプリングレイト。
この値段でこの数値は、簡単にはないと思います。当然これよりビット深度、サンプリングレイトの高いUSBマイクは存在します。しかし価格もっと高くなるでしょう。
・-10dBパッドスイッチ、80Hzローカット、ミュート機能
多機能マイクの定番機能です。しかもアナログスイッチではなくタッチ式なのも静かなので理にかなっています。
さらに使用中はライトがつくのでわかりやすくて助かります。
・マイクレベル、ヘッドホンレベル
こちらもタッチ式になっています、しかしこれはアナログタイプのほうがよかったですね。何度もタッチしなければならないですし、少しわかりにくいです。ツマミを回すほうが絶対早いしわかりやすい。でもこの機能はあるに越したことはないのでマイナスポイントにはならない。
・スタンド、ショックマウント
専用のショックマウントに最初から着いています。卓上スタンドは小さいですが安定感もあり問題なし。高さは変えられませんが、角度は縦方向に変えられます。
見た目は珍しい形ですが、オシャレで高級感があり、意外と重いです。
単一指向性で感度もなかなかです。
あとUSB端子とダイレクトモニタリング用の端子がマイクの後ろ側にあるのも個人的に好み。
このマイクを収録用に使うかどうかは個人次第ですが、生放送の配信、ポッドキャストには十分に使えます。私は贅沢に通話用です。
パフォーマンスに対して、この値段はCLASSIC PROならではですね。なかなかいい買い物でした。


JTS
GML-5218 グースネックマイク
在庫状況:在庫あり
価格:¥6,980(税込)
参考になった人数:2人(2人中)
(5.0) 用途に合わせて使用すればかなり使えます。 2020/10/13
ラジオ、podcast収録用に購入。
サイズは長めで、角度も自由が効きます。
音質もピーキー過ぎず、お喋りやスピーチに十分な品質です。カプセルを交換して指向性を切り替えられるのも便利。
ファンタム電源やミキサー、オーディオインターフェースに接続する際に、XLR端子が上向きになっているタイプを選ぶとグースネックベースの替わりに使えるので便利です。ただその場合、一人で卓上で使用するには少し長いかも。
ちなみに横向きに接続すると、端子の部分がマイクの重みでたるんでしまい、損傷の恐れがありますのでグースネックベースを通しての使用をお勧めします。
コンデンサーマイクとマイクアームを組み合わせたりして卓上で使用している、配信者さんやyoutuberさんが多いですが、私はそういった用途の場合はグースネックマイクの方が適任で楽だと思います。
お値段も高くはないので、用途に向いたマイクを買い悩んでいる人ほど知っておいて欲しい製品です。

BEHRINGER
C-1 Studio Condenser Microphone コンデンサーマイク
在庫状況:在庫僅少
価格:¥5,150(税込)
参考になった人数:4人(4人中)
(5.0) 高いコストパフォーマンス 2020/09/28
ボーカル用で8年程前に他店で購入しました。
安価で入手しやすいながらもファンタム電源で動くコンデンサーマイクです。
少し高音寄りですが、綺麗な音で録れます。
サイズは大きめ、金属製で高級感があり、いかにもコンデンサーマイクと言ったデザインです。
お値段的にも学生さんなどは購入しやすく、品質的にも十分です。
BEHRINGERのモデルはミキサー、オーディオインターフェース等も、安価で良い商品が多いのでC1とセットで揃えたらエントリーモデルとして最適だと思います。
適当なUSBタイプのコンデンサーマイクを買うより私はこちらをオススメします。


audio technica
AT4040 コンデンサーマイク
在庫状況:在庫あり
価格:¥32,300(税込)
参考になった人数:20人(22人中)
(5.0) 完成度が高く安定した高品質 2020/09/21
3年程の長期レビュー
結論から言うと最高の製品
まずaudio technicaという日本メーカーの安心感、確かな品質があり、安物買いの銭失いをすることは確実に避けられます。
昨今ではUSBタイプのコンデンサーマイクを主流に安価でそれなりの音質を手に入れることは可能です。しかしAT4040はそれらの数千〜1万円クラスのマイクとは違う音質を持っています。
大口径のダイアフラム、DCバイアス方式、単一指向でフラットに音を捉えてくれる素直さがその象徴。特に声を録ると非常にわかりやすいです。
80Hzローカット、-10dBパッドスイッチが付いていてブースやステージ、野外など用途に合わせて使用できるので便利です。
そういった面では、このお値段でプロ使用のレコーディングが可能なのはお得かもしれません。
スタジオでも使用されることがあるマイクですので、実力が出やすいです。
当然別途ファンタム電源も必要ですし、流行りのテレワーク、zoomやSkypeなどの音声通話には過ぎた性能のため、そういった目的の人にはオススメできません。
また趣味で音を録るくらいなら、お値段的にも音質的にもAT2020で十分すぎる程に高品質です。そもそも音を聞くときは出力環境の違いもあるので、それなりに耳の肥えた人でなければ違いはわからないと思います。
この製品はある程度マイクや音に慣れた人、機材のグレードアップ、より高品質を求める人、ステップアップしていく人にオススメです。

おーえむ さんのプロフィール

レビュー投稿数:7件

住所:埼玉県

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram