ここから本文です

アンネ さんのレビュー一覧

MACKIE
HM-400 ヘッドホンアンプ
在庫状況:在庫あり
価格:¥29,800(税込)
参考になった人数:10人(10人中)
(5.0) 低価格ながら音圧を上げてくれる一品。 2020/01/26
フォーン端子で入門アンプな「HM-4」や16ポートついてる「HM-800」などとMACKIEには2種類のヘッドフォンアンプがありますが、キャノン端子(XLR)でLとRのバランス化接続をしたかったので今回は「HM-400」の方を買わさせていただきました。
音に関してはMixerに流れてきた音を、そのまま音色を変えることなく音の圧を素直に上げてくれる良いアンプだと感じました。他にも高貴なアンプや真空管アンプなどと音色を美味しく料理してくれるアンプは様々ありますが、手始めに音の量を上げたいのであれば充分な性能かと思います。
入力端子「キャノン端子×2」「フォーン端子×2」
そのまま中継として流すためのOUTPUT端子、同じく「キャノン端子×2」「フォーン端子×2」構成
どちらとも2種あるのでMixerから2線つないでのLRバランス化は出来ます。(注:出力先でのヘッドフォンバランス化は出来ない(アンバランス出力)ので注意)
出力は各調節が4ステージあり「前にステレオ端子1つ」「後ろにステレオ端子が2つ」の構成になっていて各ステージごとに調節ができ、合計3×4=12つ出力ができるようになっております。
調節ネジは段階式で「低音域 BASS」「高音域 TABLE」「AUXか入力端子からのMAIN を調節するBALANCE」そして「音量調節 OUTPUT」の構成になっております。HM-800とは違って個々(4ステージごと)に調節できるのがこのHM-400の利点でしょうか。
オマケ機能として「ミュート機能」やバランス化(ステレオ)したものを合成して2CHに治す機能もありギターアンプなどに出力する時などに役立っております。
キャノン端子じゃなくても良い。ベース・テーブル機能が要らない。取り敢えず多くの音響機器(ヘッドフォン)を繋ぎたいと思う人は「HM-800」の購入をオススメします。
なかなか評価しているサイトが少ないので心配しましたが買ってよかったと思う一品です。

アンネ さんのプロフィール

レビュー投稿数:1件

住所:東京都

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok