ここから本文です

A.M.SoundStudio さんのレビュー一覧

KRK
RP103G4
在庫状況:お取寄せ
価格:54,000円(税抜)
(税込 59,400円)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) コスパが異常 2021/02/28
海外から個人直輸入した場合、送料・関税込みで14万〜16万円の見積もりになりました。
本来他の代理店なら倍の値段で国内販売されてもおかしくないので、日本でこの価格で販売されているのが信じられないほどお得に感じます。
店頭で試聴したV8と悩みましたが、一か八か視聴できなかったこちらの3wayのRP103G4を購入してみました。
結果として最高の選択だったと思います。
今までは3桁万超えの8インチモニターをメインで、サブでADAM S2X使用しておりました。さすがにメインを24時間通電させておくのは怖く、メインモニターとしてこちらのRP103を購入しましたが、MIXの最終確認以外はほぼこのスピーカーしか使用しなくなりました。
10インチなのでローは映画館並みの低音まで再生可能で、環境によって埋もれがちな中高音域もDSP機能でしっかりと補正できるので、音量が出せる環境であればスタジオのメインモニターとして充分な性能だと思います。
そもそもV8と同じデジタルモニター付きのDSPとドライバーを装備している時点で、こちらもVシリーズとして販売した方が良かったのでは?と思います。
ツイーターが90度動かせる為、縦置き、横置きにも対応している点も重宝します。
海外のエンジニアのレビューにもありましたが、値段設定の低さ以外は完璧なスタジオモニターだと思います。
倍くらいの値段で販売した方が売れたような気が…
難点としては、実物はギターヘッドアンプくらいの大きさがあるので、注意が必要かと思います。
市販のインシュレーターで設置するのが難しいですが、インシュレーター代わりの大きいゴムパッドが付属していましたので、そちらをインシュレーターとして使用できました。
個人的にはオートパワーオフ機能は必須だったので重宝してますが、他のスピーカーとくらべてパワーオンのラグが大きいのは少し不便です。
大きさを考慮して設置可能か、ある程度以上の音量を出せるかという点をクリアできれば、想像の数倍満足できると思います。

AUDIENT
NERO
在庫状況:在庫あり
価格:51,818円(税抜)
(税込 57,000円)
参考になった人数:5人(5人中)
(5.0) ハイクオリティの万能モニコン 2020/12/06
スタジオで使用していたPresonus Central Station Plusからの買い替えです。
Presonusは音質もあまり良くはなく、特にVolツマミの微妙な位置で左右のバランスが崩れるのが致命的でした。
Neroは商品説明に「独自のステレオマッチング アッテネーションテクノロジーにより、高精度にLR信号のボリュームを揃えます」とある通り、左右のバランスを崩すことなくVolを微調整でき、また信号経路は全てアナログということで音質にも非常に満足しております。
プリセットメモリー機能で3アウトの出力バランスを保存することも可能で、スピーカー切り替えの多いMIX作業で音量を変えることなく使用できる為、非常に重宝しております。
20万円以下で探したモニターコントローラーですが、一番良い選択肢だったと思います。

SCUD
DM-30S
在庫状況:在庫あり
価格:1,118円(税抜)
(税込 1,230円)
参考になった人数:2人(2人中)
(1.0) うそだろ・・・ 2020/07/21
リアポジション→正常
センターポジション→接触不良(トグルを思いっきり押し込むとたまに反応有)
フロントポジション→全く接触無し、通電皆無。
1000円の燃えないゴミでした。
今のMADE IN JAPANってこんなクオリティなんですかね・・・
最初からFENDERのトグルを買っておけばよかったと大後悔。

PRISM SOUND
Lyra1
在庫状況:特別注文
価格:204,000円(税抜)
(税込 224,400円)
参考になった人数:16人(17人中)
(5.0) DA音質・安定性は競合機種の中でもダントツ 2020/06/04
今まで業務用としてRME UFX,Antelope Orion等その他たくさんのオーディオインターフェースを試用、導入してきました。
以前は大掛かりなアウトボートを組み、インプット・アウトプット共に数がたくさん必要でしたが、最近はVSTやDSPの台頭のおかげでIN/OUTが最低限で済むようになり、必要最低限のIN/OUTを搭載したLyra1を購入しました。
私は制作からミックスまで行いますが、一番重要視しているのはDAコンバーターの質、つまりはモニターの音質です。
その点において、いままで使用してきたRME、AntelopeよりPrism Soundが優れておりました。
さすが、Neveのエンジニアが立ち上げたメーカーだけあると思います。
RMEのような今どきの高解像度な音でありながら、出音に温かいアナログ感があります。
Antelopeのガラスのような繊細な音とはまた違ったキャラクターだと感じました。
またドライバ安定性においては一般的にRMEの評判が高いですが、私のWIN環境ではLyra1が最も安定しております。
RMEはWINDOW起動直後に安定しないことが多々あり、音がロボットのようになってしまう事が多くありました。
Antelopeに関しては、常用するためにはサンプリングレートをかなり高めに設定しないといけないため、レイテンシーが上がってしまいました。
Lyra1は他のメーカーに比べそのようなドライバの不安定さは一切感じないので、とても信頼できると思います。
発売当時は35万円くらいだったと思いますが、現在の価格は安すぎますね。
あまり日本ではプロモーションが行われていないためレビュー等も少ないですが、プロ用オーディオインターフェースとして最もオススメできるメーカーです。

PLANET WAVES
AUTO TRIM 6IN-LINE RIGHT HAND CHROME
在庫状況:在庫あり
価格:7,182円(税抜)
(税込 7,900円)
参考になった人数:1人(3人中)
(1.0) 付属のネジが低品質 2018/10/29
ヘッド裏に固定する為の付属のネジの強度が非常に弱く、ドリルで穴あけした上でドライバーで回し込んだところ、ネジが中で折れてしまいました。
付属のネジは100均レベルの品質なので、ちゃんとしたネジを別途購入したほうがいいです。

HOSCO
TL-FC190
在庫状況:在庫あり
価格:3,200円(税抜)
(税込 3,520円)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) 素人でも使えます 2018/10/19
初めてフレット交換してみましたが、問題無くできました。YOUTUBE等で交換の仕方を調べた上で作業を行えば、比較的に簡単に交換できると思います。

A.M.SoundStudio さんのプロフィール

レビュー投稿数:6件

住所:山梨県

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top