ここから本文です

iZotopeが手がける話題のオールインワンDAW

Aspen Pittman Designs ( アスペン ピットマン デザインズ ) / DT1 Dual Top Condenser Microphone

Aspen Pittman Designs ( アスペン ピットマン デザインズ )  / DT1 Dual Top Condenser Microphone

  • Aspen Pittman Designs ( アスペン ピットマン デザインズ )  / DT1 Dual Top Condenser Microphone 画像1
  • Aspen Pittman Designs ( アスペン ピットマン デザインズ )  / DT1 Dual Top Condenser Microphone 画像2
  • Aspen Pittman Designs ( アスペン ピットマン デザインズ )  / DT1 Dual Top Condenser Microphone 画像3
  • Aspen Pittman Designs ( アスペン ピットマン デザインズ )  / DT1 Dual Top Condenser Microphone 画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
DT1は様々な楽器とボーカルに最適な4つの機能を備えたコンデンサーマイクです。そのユニークな"Dual Top"デザインは、ステージ、スタジオ、ボーカル、楽器に最適な、驚くような繊細さとAspen Pittman氏が得意とする暖かみのあるボーカルトーンを提供します。

DT1 Dual Top Condenser Microphoneはグリルボールを着脱することにより、ボーカルや楽器等状況に応じて使い分けが可能なコンデンサーマイクです。適度な入力感度、ハウリング・ハンドリングノイズ対策を施すことにより、ライブからレコーディングまで対応。繊細かつ、温かみのあるトーンをあらゆる場面で提供します。

理想が形となる見事な作品
   -音響設計の巨匠が後世に残す自信作-

DT1は、あらゆるライブパフォーマンスにおいて、優れた描写力を誇るボールエンド・ハンドヘルド型コンデンサー・ボーカルマイクです。グリルボールを取り外すと、ギター、ドラムなど楽器のマイキングに最適なミッドサイズのスチールトップマイクに早変わりします。ステージマイクから非常に多彩なスタジオマイクまで、自在に変更することができるのです。

<特徴>
■高品質なコンデンサーカプセルは、楽器とボーカルのスタジオ・レコーディングに最適です。フィードバックとハンドリングノイズにも強く、ライブステージ用としても対応します。
■脱着可能なスチール製グリルボールは、取り付けた状態ではボーカル用、取り外した状態では楽器用に適したマイクとして使用可能です。
■独自開発された0.75インチ(19mm)、薄さ6ミクロン24金マイラー・ダイアフラムの中型0.83インチ(21mm)オールブラスカプセルを採用。
■ツアー使用に耐えるラバーアイソレーテッド・カプセル・アッセンブリを採用した頑丈な構造。
■HM2スイベルマウントとビニール・ジッパーケース付属

<仕様>
■低ノイズFET
■超単一指向性
■周波数レスポンス: 20Hz-18kHz、±1.5dB
■感度: 5mV/Pa
■等価騒音: 28dB SPL
■入力インピーダンス: 500Ω
■出力ソースインピーダンス: 200Ω トランスフォーマーレス
■最大SPL: 146dB 1%THD
■ファンタム電源: 48V
■寸法: 長さ19cm 最大直径2.1cm
■重量 0.4kg

スタッフレビュー

着脱式グリルボールによりボーカル用と楽器用の二刀流を可能にしたコンデンサーマイクです。ボーカルで使うときは、グリルボールを装着することで少し高域が抑えられ、ボーカルにちょうどいいサウンドになります。通常のコンデンサーマイクよりも感度が低く設定されており、指向性も強いため周りのノイズに気を遣わず、気軽にセッティングして使用できます。全体的に明るく太めの音質が印象的で、ポップスやロックにマッチし、しっかり存在感のあるボーカルを演出できます。また、フィニッシュも美しくライブで注目を集めるデザインです。
グリルを外すと少し音の印象が変わり、楽器に適した音質となります。アコースティック楽器では少し距離を離した位置に設置すると程よいエアー感が加わり、心地よいサウンドが得られます。シンバルマイキングにも適しており、最大SPLも146dBと高く、アタックの強いサウンドもしっかりとらえます。もちろん楽器やボーカルだけでなく、レコーディングやライブでもバランス良く集音できる、コストパフォーマンスの高いコンデンサーマイクです。

営業部 / 井上 洋平営業部 / 井上 洋平

ボーカルの音も楽器の音も素晴らしく拾い上げるコンデンサーマイクがあったらいいな、と思ったら迷わずこのDT1 Dual Top Condenser Microphoneを!
脱着可能なスチール製グリルボールを装着すれば楽器用からボーカル用のマイクに早変わりします!高品質なコンデンサーカプセルによりボーカルの音も楽器の音も繊細かつ、もの凄く濃厚で温かみのあるサウンドをクリエイトする事ができる贅沢なマイクです。アタックの強いピッキングのアコースティックな曲を女性ヴォーカルで録音しましたが、グッドタイムミュージックのレコードにも通じるようなホットな音色は筆舌に尽くしがたく、ヒルビリー系の様な渋めな音楽の録音やライヴでもオススメです。フィードバックとハンドリングノイズにも強く、コンデンサーマイクでありながらライブでも使い易いのがポイントです!

営業部 / 市原 雅之営業部 / 市原 雅之

商品レビュー

  • 総合評価:1110.50(3.8)
  • レビュー数:5

2018/03/05

11111思った通り良いです

投稿者名:ノリチャン 【福岡県】

ハンドヘルドマイクとしては、長年sennheiserのe845を使用してきましたが、今回このマイクを使ってみて感じたことを報告します。
1 ゼンハイザーと同じくスーパーカーディオイドなの周囲の音を拾いにくく、声をよく拾う。
2 ゼンハイザーは高音域に特徴があり、場合によっては「濁った」あるいは「うるさい」音にきこえますが、本品は「柔らかく・すなおに」聞こえる。
3 Wavestation V.3と共に、独唱用に使用できます。

レビューID:80428

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/02/28

11111宅録にこれ以上は必要ない

投稿者名:クマキチ 【静岡県】

実家ではコンデンサーでしたが、木造アパートに引っ越してから、 AUDIX OM6 を宅録に使ってきました。ダイナミックとはいえ、コンデンサーに比肩する帯域&長らく培ってきたミキシングの技術で、バンドものなら、普通のコンデンサーに負けず、セミプロレベルでマスタリングまでできていたと思います。(そもそもプロでも曲によってはコンデンサーではなくダイナミックで収音することがありますしね)

ただ、アンプラグドな曲を作るとき、OM6でも事足りるけど……欲を言えば、あともう一歩、透明感のあるボーカルが録れないだろうか……と思い、改めてコンデンサーを検討。

ボーカルブースもなく、外音を完全にシャットアウトできないアパートの一室では超単一指向性のマイクが推奨条件なので、自ずと選択肢は狭まりますが、デザインや設計者の思想、コンセプトが気に入りこちらのマイクを選択。(仮に失敗してもOM6並に音がぬけるライブ用のマイクが一本増えると思えばいいかな……という打算付で・笑)

結論として、ボーカルがより生々しく録れ、狙い通りの良い買い物ができたと思います。

完全防音のボーカルブースでもない限り、これ以上は宅録レベルでは必要ないでしょう。もしこれを使ってもプロっぽく仕上がらない……と思ったら、それは単純にミキシングの知識や技術が足りていないだけです。解像度は十分です。ハイレゾ音源などの世界に対しては個人的に踏み込んでいない領域なので分かりませんが、少なくともCD音質レベルで考えるならこれ以上は不要にしか思えません。そういうレベルの性能です。

宅録収音用の最初の一本をお探しの方にも非常におすすめです。コスパは非常に高いと思いました。

レビューID:80294

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/11/02

11111素晴らしいコスパ

投稿者名:右京 【大阪府】

主にアコギの弾き語りライブ、ボーカルマイクとして使用するために購入しました。
ライブ用のコンデンサーは初めてでしたが、これまで使っていたSENNHEISER e935と比較してはっきりと違いがわかりました。
声質が変わったのかと思うくらい音抜けが良くなり、キラッと感も増しました。
宅録でも使用してみました。
メインで使用しているBlue Dragonflyと比べると「元気な音」という印象。
アコギ、その他の楽器を録る際はDragonfly、ボーカルを録る際はこちらの音が好みでした。

気になる点としては、ハンドリングノイズがe935よりもあったこと。
そして個人的には好きなのですが、その見た目。
高級感がありますが、グリルボールの色(シルバーの方が無難な気がします)と少し頭でっかちな感じがお好み別れるかなと思います。
また太いため、ライブハウス、スタジオ等でマイクスタンドを使用する際は付属のホルダーが必須です。

ただ本当に素晴らしいコストパフォーマンスです。
ユーザーが少なくて且つ良いマイクがほしい、という方にもオススメです。

レビューID:77013

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/07/23

11ライブ用ならなんとか

投稿者名:Blues Boy 【東京都】

Aspen PittmanのYoutubeを偶然見て興味本位で購入。この価格帯でもっといいマイクはいっぱいあります。コンデンサーマイクの繊細さ、AKGのような高音域が好きな人や求める人には向いていません。ライブではハウリングしにくく、確かに音質はナチュラルで、ダイナミックのように使えますが、正直一言でいうと器用貧乏。中途半端なマイクです。なんかパッとしないんです。芯もなく抜けも普通。ドラムのオーバーヘッドとしても使いましたが、全体的に貧しい感じの音でした。

レビューID:84009

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/05/30

11コンデンサーにしてはもっこりでした。

投稿者名:じじライダー 【北海道】

購入後初めての現場でしたが、、、
かなりの補正でなんとか、レビューとは違って
期待ははずれました。
このレビューまた削除されるかも、

レビューID:82649

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

Aspen Pittman Designs (アスペン ピットマン デザインズ)
DT1 Dual Top Condenser Microphone
ハンドヘルド

商品ID:209910

¥10,800(税抜)

(¥11,664 税込)

  • 送料無料

116ポイント内訳

  • 116Pt

    通常ポイント

  • 116Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top