ここから本文です

サウンドマート

BILL LAWRENCE ( ビルローレンス ) / L-500L Black

BILL LAWRENCE ( ビルローレンス )  / L-500L Black

  • BILL LAWRENCE ( ビルローレンス )  / L-500L Black 画像1
  • BILL LAWRENCE ( ビルローレンス )  / L-500L Black 画像2
  • BILL LAWRENCE ( ビルローレンス )  / L-500L Black 画像3
  • メーカーサイトManufacturer Site
多くのミュージシャンが愛用するビル・ローレンスのハムバッカーブリッジ用ピックアップ。パワフルかつ切れのある歪みが特徴です。

[直輸入品][Direct Import]

■ギター用ピックアップ
■ハムバッカーブリッジ用
■ブラック

抵抗値目安 7.7K~
※Bill Lawrence社からの回答数値となりますが、あくまでも抵抗値を重要視していないメーカーため、数値に幅があり、上記数値に収まらない場合もございます。詳しくは、リンク「抵抗値について」にある内容をご確認ください。

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.6)
  • レビュー数Reviews8
この商品のレビューを書く

2021/03/02

111111990年代のL-500Lとの比較ですが

投稿者名Reviewed bynob 【千葉県】

90年代のL-500Lと比べてバーホールピースは細くなっているにも関わらず、パワーは若干アップ。ギンギンに歪みます。メタルにも相性良いと言えます。
但し、L-500の特徴である中高域レゾナントは少し大人しい。トーンコンデンサを外してかなり近くなる感じ。でも外すと低域とのバランスがどうも良くない。クリーントーンも少し柔らかくなった所は好みの分かれるところじゃないでしょうか。
全般的にキャラクターはかなり近いが、現行品は扱い易くなっている印象。エフェクトの乗せ方も苦労はしないと思います。
相変わらず5,6弦のキュキュ音はうるさく、Volポッドを250kΩに換えざる得ない所や高域のサスティンは健在で少々の調整は必要ですがかつてのL-500サウンドと言っても良いでしょう。
自分なりの所見ですが、アタックの速さはハムバッキングではこのPUに並ぶ物はないと思います。いわゆるアイバニーズ的なハイゲインでもバランスの良いサウンドではなく、とにかく前へ出よう出ようとする鋭さはハマれば代替品はないのではないでしょうか。また、ギターとアンプを選ぶ傾向が強いので使いこなすのはそれなりの経験が必要とも言えます。そんなPUです。ハイパワーシングルコイルとは違った強烈な個性は唯一の存在じゃないでしょうか。
ちなみに直流抵抗値は新旧共に約8KΩでほぼ同一でした。
また、L-500XLは使った事はないので比較はできません。買う予定もありません。

レビューIDReview ID:115270

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/09/11

11111L500R

投稿者名Reviewed byDarkflow 【神奈川県】

商品名L500LB、特徴及びスペック欄にはブリッジポジション用のハムバッカーと記載され、当然の如くそれらを信用し購入しました。ですが、いざブリッジポジションにこの商品をマウントしてあまりのパワーの無さにおかしいと思いピックアップの抵抗値を計測したところなんと8.6kΩしか出力しておらずビルローレンスUSA発表のL500シリーズの抵抗値と照らし合わせた結果これはL500Rの抵抗値であり、間違いなくL500Rだとリペアマンと確認しました。残念です。信頼していたサウンドハウスさんがまさかこのような販売をしていたと思うと残念でなりません。サウンドハウスさんと話合った結果、商品を着払いで送り返してくれとの事ですが、サウンドハウスさん側でこの商品をチェックし異常がなければ返金はできないとのあまりにも消費者を馬鹿にしたコメントがかえって来てさらに残念な気持ちになりました。
もうサウンドハウスさんに対しての信用は全くありません。商品を送り返してサウンドハウスさん側でチェックするとの事ですが、電話応対して頂いた方が全くピックアップに関しての知識が無く、ピックアップに精通した詳しく症状のわかる方に電話を変わって欲しいと願い出たのですが、ピックアップに関しての知識に精通している方がいらっしゃらないとの事でした。ピックアップに関しての知識に精通している方がいらっしゃらないのにピックアップを販売しているのも疑問です。皆さん注意してください。この商品はL500Lではなく抵抗値8.6kΩのL500Rネックポジション用です。

レビューIDReview ID:95741

参考になった人数:32人

32 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2017/11/21

11111正相でダメなら逆相で

投稿者名Reviewed bycybele 【東京都】

以前にこの Bill Lawrence L-500L と L-500R をペアで購入しましたが、赤ホット・黒コールド・白緑タップでの標準配線では出力も低く、
ハムバッカーPU としてはかなり大人しく逆相接続的な音色になってしまい、ハムバッカー特有の音色には鳴りません。
その為、サウンドハウスさんに何度も問い合わせて指示を受けましたが、どうしても正常な音色には鳴らないので、
思い切って黒線と裸線をホットにして赤線をコールドした所、見事に出力も倍近くに上がり、
私の場合はこれで正常な Bill LAWrence の Sound になりました。
しかも Bill Lawrence らしい中高域に癖の在る独特な音色で非常に満足しています、
もし正常に配線されても思った程のパワーが無い時は一度試して見て下さい。

レビューIDReview ID:76215

参考になった人数:33人

33 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2017/08/27

11111欲しかった音

投稿者名Reviewed byロック君 【神奈川県】

Playtechのストラトにハムサウンドが欲しいという事で、センターに付けました。改造物なのでPlaytechのストラトサウンドではありませんので参考になるかわかりませんが、サウンドは程よくハムっぽくて低音、高音が綺麗という印象です。もちろん他のピックアップはシングルSHSなので音量差はどうしても出てしまいます、それとハムなので歪みやすく、自分はコントロールノブで歪みをコントロールするのでセッティングはフルで常にドライブサウンドです。シングルではクリーンから激しいディストーションまでカバー出来ますがこのピックアップは音量差の関係とハムという事で音量を絞っても結構歪みます、まあここはシングルに切り替えれば問題は無かったです。ハムだからしょうがないのですが、気になってしまうのはその点だけです、音的には好みなので自分的にこれにして良かったと思います。

レビューIDReview ID:75216

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2016/02/01

11111ブーミートーン炸裂

投稿者名Reviewed byマリンブルー 【福岡県】

三十数年前、ジョーペリーの音に憧れ、載せ替えたいと思いましたが当時はディマジオ全盛期。町中の楽器屋を探し歩いて、やっと500XLを手に入れました。500XLが新製品として少数出回っているだけで、500Lはどうしても見つかりませんでした。500XLは500Lのピーキーな特性を抑えてマイルドな仕上がりにした、という事でしたが、カッチリした歯応えのいいサウンドで大活躍してくれました。時は流れて2015年。昔のギターをリストアする事になり、それならば、とフロント、リア共にL-500を載せる事にしました。果たして仕上がりは見事なものでした。私には特定のポジションにおいて強烈なブーミートーンが炸裂するように思われます。この中音域の盛り上がりは一度味わうと忘れられなくなります。かといって全体のバランスも素晴らしく、低音のリフから1弦ハイポジまでパーフェクトです。独特な音は個性が強過ぎ好き嫌いの分かれる所でしょうが私は好きです。

レビューIDReview ID:61476

参考になった人数:17人

17 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

BILL LAWRENCE ( ビルローレンス )
L-500L Black

商品ID:20078

¥5,980(税抜)

(¥6,578 税込)

  • 送料無料

65ポイント内訳

  • 65Pt

    通常ポイント

  • 65Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top