ここから本文です

DMX512について

DMX512は灯体の光の強弱を調整したり、ムービングヘッド等の照明の位置、動き、形、の情報を送るための照明規格です。512チャンネルまで対応します。DMX対応機材にはチャンネルが決められています。チャンネルとは灯体ごとに持つ機能(位置、動き、形)を割り振ったものです。このチャンネルのスタートアドレスを灯体側とコントローラー側で設定することにより同期をとりそのチャンネルごとを制御します。

例:4chのミラースキャンで1chパン(横X軸の動き)、2chチルト(縦Y軸の動き)、3chゴボ(絵柄)、4chカラー(色)とします。ミラースキャンのDMXスタートアドレスを5番に設定した場合コントローラー側の5番でパン(横X軸の動き)、6番でチルト(縦Y軸の動き)、7番でゴボ(絵柄)、8番でカラー(色)の制御をするということになります。

DMX対応照明機器の基本的な接続方法

《 接続例 》

接続例

DMX対応の照明機器は、上の図の様に配線を行います。配線用ケーブルにはDMXケーブルもしくは3ピンデジタルXLRケーブル(オス←→メス)を使用して下さい。接続する台数に制限はありませんので、複数の照明機器を簡単に接続可能です。DMX対応のスモークマシーンも同様に接続可能です。

  • DMX対応の照明機器を接続する順番は決まっていませんが、なるべく距離が長くならない様に配線を行って下さい()。
  • 調光ユニット(ディマー)を使用し、パーライト(PAR64やPAR38等)の明るさを調節します。
  • インテリジェントスキャナーや、ストロボ等の電源は通常のコンセントからとって下さい。パーライト以外の照明機器の電源を調光ユニットから取った場合、動作が不安定になったり動作しない場合があるばかりか故障の原因にもなります。電源のON/OFF制御のみであればスイッチパックを使用します。
  • 長距離の配線について
    数10m もしくは100m を超えるような配線になる場合、DMX信号の伝達がうまくいかず照明機器の動作が不安定になることがあります。その場合、ターミネーターを作成/使用して下さい。ターミネーターとは一番最後に接続されたDMX対応照明機器の出力に差し込むダミープラグをさします。作成の方法は下記の作成方法を参照して下さい。

ターミネーターの作成方法

ターミネーター

キャノンオスコネクターをご購入いただき、120ohm 1/4Wの抵抗を、図の様に2番と3番ピンにショートさせる形で作成します。
(ご自身で作成できない場合はお問い合わせ下さい。)

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! KOMPLETE KONTROL特集 パスワードを入力してプレゼントをGET!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top