ここから本文です

HOME

Upgrade your tone

Upgrade your tone

自由にギターアンプをアップグレードしよう。

ギターアンプのスピーカーをアップグレードすることにより革新的なサウンドを実現できるということは良く知られていますが、膨大な数のスピーカーから最適なものを選ぶことは大変難しいものです。本項は、最適なスピーカーを見つけるために確実で簡単な方法や、可能な組み合わせを紹介するわけではありません。様々な演奏スタイル、ギター、アンプ、キャビネットの組み合わせを全てカバーすることはとてもできないからです。ここでは、Celestionの持つノウハウと見解に基づいて、完璧な音を見つけるために、ちょっとしたインスピレーションを与えるアイデアを提案しています。お目当てのスピーカータイプや組み合わせが見つからなくても、それは存在しないという意味ではなく、まだ試したことが無いというだけです。

Check Point: 新しいスピーカーに交換する時は、スピーカーのトータル許容入力(W)がアンプの出力以上であることを確認してください。

My First Celestion

ここが目的のスピーカーを探す最初のステップとなります。新しいスピーカーを選ぶ時、どうすれば良いか迷ってしまうでしょう。
しかし、心配はいりません。Celestionの世界への入り口として、いくつかの例を紹介しましょう。もしも自分が求めているものが見つからなくても、さらに多くの選択肢があります。

  • Eight 15

    8"、15W、4Ω / 8Ω / 16Ω

    小型ギターアンプをアップグレード
    するのに最適

  • Ten 30

    10"、30W、8Ω / 16Ω

    練習用アンプの音を最大化

  • Seventy 80

    12"、80W、8Ω / 16Ω

    4x12キャビネットの音を力強く
    します

Vintage Tone

1960年代のプレーヤー達が望んだ大音量のために、アンプメーカーは過大な音圧に見合った耐久性と、その時代の新しい音楽スタイルに
合う信頼性の高いスピーカーを求めるようになりました。以来、Celestionは最大限の努力を重ね、最高のスピーカーを作り続けて
きました。当時を振り返ると、それらのスピーカーは特別なサウンドを持っていました。それがVintage Toneという名称の由来です。

  • Celestion Blue

    12"、15W、8Ω / 15Ω

    きらびやかさに加えて、温かく、
    落ち着いたサウンド

  • Heritage Series G12M

    12"、20W、8Ω / 15Ω

    最初はジミ・ヘンドリクスが使用し
    一躍有名になり、後にヴァンヘイレンに引き継がれた伝統のサウンド

  • Heritage Series G12H(55)

    12"、30W、8Ω / 15Ω

    ぶ厚く甘いトーンが特徴

  • Heritage Series G12H(75)

    12"、30W、8Ω / 15Ω

    タイトなベース、優れた音のバランスが特徴

4 x 12キャビネット

4x12キャビネットは元々1960年代に作られました。本格的なPAシステムが登場する前は、ギターアンプの音が大観衆にも聴こえるように、4x12はハイパワーなアンプに繋げられていました。今日、4x12キャビネットは、ロックとヘヴィーメタルといったジャンルでは
代名詞となっています。

  • G12M Greenback

    12"、25W、8Ω / 16Ω

    Whole Lotta Angusのサウンド

  • Vintage 30

    12"、60W、8Ω / 16Ω

    SlashのようなロックとFive Finger Death Punchのサウンド

  • Heritage G12-65

    12"、65W、8Ω / 16Ω

    1980年代のThrashのサウンド

  • G12T-75

    12"、75W、8Ω / 16Ω

    全てのロックサウンドの基本となる
    マーシャル 1960 キャビネットの
    サウンド

  • G12H-75 Creamback

    12"、75W、8Ω / 16Ω

    抜群のリードギターを引き出す重厚なサウンド

  • G12K-100

    12"、100W、8Ω

    SlipknotのMick ThomsonとDeftonesのStephan Carpenterの
    ダウンチューニング・サウンド

Boutique

通常、高級ブティック・アンプは、プレーヤーの高度な要求に応えるために、高性能な部品で構成されていることから、開発者が目指したサウンドを持つスピーカーを必要とします。Celestionは、特定の求める音のイメージに命を吹き込む為にも、あらゆる可能性に応えて
まいります。

  • Heritage Series G12H(75)

    12"、30W、8Ω / 15Ω

    1968年頃のオリジナルHマグネットスピーカーの忠実な復刻版

  • Heritage Series G12-65

    8"、65W、8Ω / 15Ω

    Robben Fordスタイル
    ブルーストーン

  • Celestion Gold

    12"、50W、8Ω / 15Ω

    温かく豊かな表現力を持つ、
    落ち着いたアルニコのサウンド

  • A-Type

    12"、50W、8Ω / 16Ω

    ビッグな低域と落ち着いた中域。
    アメリカン・サウンドとクラシックCelestionを融合したサウンド

  • G12K-100

    12"、100W、8Ω

    温かみのある低域と
    アタック感のある中域

  • Vintage 30

    12"、60W、8Ω / 16Ω

    アンプの性能を最大限に引き出す
    サウンド

Max Headroom

Celestionギタースピーカーは複雑で音楽的な歪み特性で広く知られていますが、歪みが無いクリーンな音を求められる場合もあります。
クリーンな音とスピードのある音を大きな音で演奏しながら、かつ、1つ1つの音を明瞭に聴かせたいプレーヤー向けのスピーカーが以下のモデルです。

  • G12K-100

    12"、100W、8Ω

    大音量でクリーンなサウンドを
    提供する大型マグネット搭載

  • Classic Lead 80

    12"、80W、8Ω / 16Ω

    パワフルでコントロールされた高域、細かく1音1音再現するはっきりと
    したサウンド

  • G12T-100

    12"、100W、4Ω / 8Ω / 16Ω

    2インチ・ボイスコイルを搭載し、
    アンプが持つ歪みだけを出力したい
    時に最適

  • Seventy 80

    12"、80W、8Ω / 16Ω

    再生能力が高く、モデリングアンプに最適

  • G12H-75 Creamback

    12"、75W、8Ω / 16Ω

    タイトな低域とパンチのある高域を
    持つG12Hのトーンを75Wのパワーで忠実に再現

More Power

長い間、アンプの進化は、より大きなパワーを追い求める事でした。しかしながら、モダンなアンプを60年代初期に作られたスピーカーに繋ぐと、最悪の場合、故障してしまうことがありました。ここで紹介するスピーカーは、ハイパワーのアンプに繋ぐ事を意図しながら、
伝統のCelestionサウンドを再現すべく作られました。

  • G12M-65 Creamback (65-watt)

    12"、65W、8Ω / 16Ω

    G12Mのハイパワー版。大音量時も、
    変わらず甘いビンテージサウンドを
    提供します。

  • G12H-75 Creamback (75-watt)

    12"、75W、8Ω / 16Ω

    Hマグネットにより、高い明瞭性を
    加えたサウンド

  • G12-50GL Lynchback (50-watt)

    12"、50W、8Ω

    伝統のうなるようなサウンドと
    近代的なサウンドのバランスが特徴

  • Vintage 30 (60-watt)

    12"、60W、8Ω / 16Ω

    オリジナルのCelestionらしい
    ユニークで複雑な音

  • Celestion Cream (90-watt)

    12"、90W、8Ω / 16Ω

    アルニコ・ギタースピーカーの要素を持つハイパワー用スピーカー

Mixing It Up

最近のアプローチでは、スペシャル・カクテルのような音のブレンドを作る為に、異なる特性のスピーカーを組み合わせることが
あります。Celestionはこのアプローチを採用し、ここにいくつかの組み合わせを提案します。

Check Point

  1. インピーダンス・マッチ(オーム): 同じキャビネットに搭載するスピーカーは、同じインピーダンスものを使います。
  2. パワー: 経験上、2x12 キャビネットでは、最大出力値がスピーカーの最低定格入力値の2倍、4x12 キャビネットでは、
    最低定格の4倍のパワーがアンプに必要です。
  3. 感度マッチング: 最高の性能を出すには、感度の差を3dB以下にします。
×
×
×
×
×
×
×

Alnico

50年代後半、Celestionは、ラジオ用スピーカー(G12)を改良し、最初のギタースピーカーを作り上げました。アルニコマグネットに
より、強いアタック、ベルのような明瞭さ、ハードにドライブした際に生まれるアンプ感など、ユニークな特性を持ったサウンドを生み
出しました。Blueシリーズは、ビートルズ・サウンドの一部を担い、数多くのレジェンド達に愛されてきました。

  • Celestion Blue

    12"、15W、8Ω / 15Ω

    きらびやかさに加えて、温かく、
    落ち着いたサウンド

  • Celestion Gold

    12"、50W、8Ω / 15Ω

    丸みをおびたベースと柔らかい高域を持つ、ハイパワーモデル

  • G10 Gold

    10"、40W、8 / 15Ω

    落ち着いたアルニコ・サウンド。
    10インチが持つスピードと
    レスポンスをブレンド。

  • Celestion Cream

    12"、90W、8Ω / 16Ω

    1Wから90Wまであらゆるアンプで
    アルニコの音を表現します。

The Power of Ten

優れた10インチスピーカーは広い指向特性を持ち、素早いレスポンスとパンチのある音を表現します。小規模のステージでは、すっきりとしたサウンドを提供し、小型で、低価格、ボリュームを上げずに、オーバードライブをかけることができるといった特性を持っています。

  • G10 Gold

    10"、40W、8Ω / 15Ω

    10インチのアルニコ・スピーカーの特徴を全て持ち、きらびやかな高域、柔らかな中域、豊かな低域が特徴

  • G10 Greenback

    10"、30W、16Ω

    ダーティ・ロックやリズム&ブルース用に作られたモデルで、豊かな低域を持つ濃厚なトーンが特徴

  • G10N-40

    10"、40W、8Ω / 16Ω

    甘いクリアーな中域と明瞭な高域を
    持つ、バランスのとれた
    モダン・ブリティッシュトーン

  • Ten 30

    10"、30W、8Ω / 16Ω

    温かみのある低域と柔らかな中域、
    明瞭な高域が特徴。開放的で豊かな
    表現力を持つCelestion純正サウンド

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top