ここから本文です

形状

ピックの形状は大きく分けて、ティアドロップ型、トライアングル型、ジャズ型、サムピック型の四種類があります。

ティアドロップ型

ティアドロップ型

もっともポピュラーなスタイルで、多くのギタリストが使用している形です。先端に向かうにつれシャープになっていくので、弦へのひっかかり感が少なく、スムーズなピッキングが可能です。

トライアングル型

トライアングル型

ティアドロップ同様、ポピュラーなスタイルです。通称おにぎり型と呼ばれるとおり、3角形をしており、3つの頂点どこでも同じ感覚でピッキングが可能。どちらかというとコードストロークやカッティング向きです。

ジャズ型

ジャズ型

ティアドドロップ型の先端をさらにシャープにし、サイズも小さくしたモデルです。ティアドロップよりも更にスムーズなピッキングが可能で、JAZZギタリストはもちろん、ハードロック、ヘヴィーメタルギタリストの愛用者も多いです。

サムピック型

サムピック型

アコースティックギターや、エレキギターをフィンガーピッキングで演奏する際に、親指にはめて使用するタイプのピックです。このピックを使用することでフィンガーピッキングの際にめりはりのあるベース音が得られます。


厚さ

ピックの厚さ

厚さによって弦を弾いた際のレスポンスが変わります。薄ければ遅く、硬ければ早くなります。また弦をヒットする際に生まれるアタック音にも影響し、硬ければはっきりとし、やわらかいと控え目になります。アコギの場合は、特に厚みが音に影響し、硬いピックだとアタック感のあるパーカッシブな音になります。繊細なタッチを求める方は薄くてやわらかいタイプ、早弾きなどはレスポンスの良い厚みのある硬いタイプが一般的です。

レスポンスが良く繊細な音も出したいという方は厚めのピックを使いつつ手の動きをコントロールして、繊細なサウンドを出したりします。厚いものでは、2.0mmというものもあり、この厚みになるとほとんどピック自体がしならず、手を動かしたとおりにピックの先端も動きます。

  • THIN(シン)/SOFT(ソフト) ・・・0.5mm位
  • MIDIUM(ミディアム) ・・・0.7mm位
  • HARD(ハード)/HEAVY(ヘヴィー)・・・1mm位

素材

厚みとともに、他にも素材を変えることで硬さや音色が変わります。同じ厚みでも素材が違えば硬さも違います。また、弦をヒットするときの感触も厚さと同じく違ってきます。

セルロイド

セルロイド

柔軟性があり使い易く、一般的に多く使われている。

ナイロン

ナイロン

硬めで磨耗に強い。アタック感が弱い。

ポリアセタール

ポリアセタール

ナイロンに特性が似ており磨耗に強い。環境変化に強い。

デルリン

デルリン

表面がざらついており滑りにくい。ピッキングした感触もザラッとした印象。

メタル

メタル

文字通りメタル素材のため、弦の消耗も早い。アタッキーなサウンド。


ギターやベースを弾く上で、まずは自分にあったピックを見つけることが大切です。最初のきっかけとして、好きなミュージシャンが使用しているピックや、ミュージシャンモデルを使ったりするもの良いでしょう。得られるサウンド、感触、持ちやすさなど、さまざまな条件がありますが、とにかく弾きやすいな、と思えるものをまずはチョイスするのが一番ではないでしょうか。また、ある程度上達したら、気分次第でピックの種類を変えてみると、出てくるフレーズがいつもと違ってきたりします。
是非とも様々なタイプのピックを試してみてください。


カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! KOMPLETE KONTROL特集 パスワードを入力してプレゼントをGET!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top