ここから本文です

HOME


調整の仕方

ドライバーとチューナー、ケーブルを用意します。

ドライバーとチューナー、ケーブルを用意します。
※ストラトなどのシンクロナイズド・トレモロタイプはプラス、レスポールなどのチューン・オー・マチックタイプのものはマイナスのネジが使われていることが多い。

12フレットの実音とハーモニクス音の高さをチューナーで比較し、ブリッジサドルの位置をずらすことによって調整します。

12フレットの実音とハーモニクス音の高さをチューナーで比較し、ブリッジサドルの位置をずらすことによって調整します。
※注意:ピックアップはブリッジのポジションにしておきましょう!

調整調整調整
実音の音程の方が低い場合・・・サドルをネック側へ近づける 実音の音程の方が高い場合・・・サドルをネック側から離す

実音の音程の方が低い場合・・・サドルをネック側へ近づける
実音の音程の方が高い場合・・・サドルをネック側から離す
(12フレットを抑えた位置からブリッジまでの長さが短いほど音程が高く、離せば低くなると考えると分かりか易いですね)

順序さえ覚えてしまえば簡単です。

順序さえ覚えてしまえば簡単です。弦交換の際に都度チェックするようになればあなたのギターも美しいサウンドを維持することができますよ !


カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top