ここから本文です

調整の仕方

ドライバーとチューナー、ケーブルを用意します。

ドライバーとチューナー、ケーブルを用意します。
※ストラトなどのシンクロナイズドトレモロタイプはプラス、レスポールなどのチューンオーマチックタイプのものはマイナスのネジが使われていることが多い。

12フレットの実音とハーモニクス音の高さをチューナーで比較し、ブリッジサドルの位置をずらすことによって調整します。

12フレットの実音とハーモニクス音の高さをチューナーで比較し、ブリッジサドルの位置をずらすことによって調整します。
※注意:ピックアップはブリッジのポジションにしておきましょう!

調整調整調整
実音の音程の方が低い場合・・・サドルをネック側へ近づける 実音の音程の方が高い場合・・・サドルをネック側から離す

実音の音程の方が低い場合・・・サドルをネック側へ近づける
実音の音程の方が高い場合・・・サドルをネック側から離す
(12フレットを抑えた位置からブリッジまでの長さが短いほど音程が高く、離せば低くなると考えると分かりか易いですね)

順序さえ覚えてしまえば簡単です。

順序さえ覚えてしまえば簡単です。弦交換の際に都度チェックするようになればあなたのギターも美しいサウンドを維持することができますよ !


カテゴリーから選ぶ

saleOutlet
実録!サービスマン日記
staff music blog

カタログ請求 メルマガ登録

WEBカタログ

  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
TEL.0476-89-1111 FAX.0476-89-2222
徳島コールセンター
TEL.0885-38-1111 FAX.0885-38-1100
平日 10:00~19:00 土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top