[DEBUG] element 'elements/navi/navistyle.php is not found or unreadable.
call at /var/web/soundhouse/www.soundhouse.co.jp/fw/core/View.php(line:241)
[DEBUG] element 'elements/navi/navitop.php is not found or unreadable.
call at /var/web/soundhouse/www.soundhouse.co.jp/fw/core/View.php(line:241)
ここから本文です

HOME

チューニングに必要なもの


チューニングしてみよう

ドラムをチューニングする際、とにかく各ボルトのテンションを均等にしながら、少しずつボルトを回していくことがコツです。

チューニングする

片側の音だけを確実に聴く

画像にある数字順のように対角線上のボルトを少しずつ回していきます。その際均等にテンションがかかるようにボルトを回していきます。

音を聴き分ける

リムから約2~3cm、ラグのすぐ内側を叩きます。同様に隣りのラグ付近を叩きます。
さて、違いを聴き分けられたでしょうか。

さらに細かな音の聴き分け

次に人差し指をヘッドの真中におき、ギターの弦を押さえるような感じでわずかにプレシャーを与えながらまた同じラグのところを叩きます。振動を止め、すぐに次のラグのところを叩きます。今度はその大きな違いがわかるでしょうか ?

ラグごとのチューニング

ラグごとのチューニング

ドラムの中心を押さえる事によって、ヘッドと自分の指の間に奏でられる音を聞いているわけです。

この方法のコンセプトはチューニングをシンプルにすることにあります。各々のラグ付近をタップして鳴らしてみて、その付近だけで奏でられる共鳴を聞きます。隣同士の二つのラグだけで調整すると音階の差はギターをチューニングしている時のようにわかりやすいものです。もし、1と8のラグのチューニングからはじめたら、今度は3と8というふうに、全部のラグの音階調整を行います。これが済めばドラムヘッドのチューニングは完了です。 音階を高く、または低く調節したければ、ここからは簡単です。また同様の手順で、欲しい音を作ればよいわけです。

ラグの音程がそろわないとき

ラグの音程がそろわないとき

1つのラグの音程が高すぎて、しかもロッドのテンションはゆるゆる…というドラムを使った事がありますか ? これは、対角線上のラグがきつすぎるから生じる問題です。例えば隣同士チューニングができているラグの対角にあるラグのピッチを1/2回転分上げてみます。このラグのチューニングが終わった時点で、チューニングを合わせたラグをチェックしてみましょう。締め付けたラグの逆側にあるラグはピッチが上がっているはずです。1-2の関係を理解する事で、完璧にコントロールされたドラムのチューニングを可能にします。


ボトムヘッドもチューニングしよう

ボトムヘッドを鳴らしてみよう

ボトムヘッドをタップして音を聞き、次にそれをふさぎトップヘッドを鳴らします。どちらの音が求めている音か決めて、それと反対側のヘッドを上記のようにラグを調整して、ピッチを補正します。

ヘッドの調整

両方のヘッドが同様のピッチになった段階で、演奏してみましょう。きっと今まで聞いたことのないような音が聞こえるはずです ! ボトムヘッドのピッチを高くするも、低くするも、演奏スタイルに応じて調節ができます。この方法をモノにすれば、ドラムサウンドの調整はもう大丈夫です。

練習あるのみ!

いつも自分のドラムの音に耳を傾けましょう。バンド仲間と一緒のときも、いつでも楽器の音に耳を傾けるようにします。ドラムの音に親しむ事が大事であり、12インチが14インチと同様にサスティーンがあるかということを聞き分けます。ドラムチューニングの自信は演奏の自信につながります !

チューニングの練習は、一人こもって

バンド仲間と一緒のときにチューニングをしようなんて、思わないでください。ガンガンプレイするギタープレイヤーと一緒では自分の音さえ聞こえません。タムを1つ持ち出して下さい。まずハイをチューニングしてみます。そして今度は低くしてみます。時間がある限り、トライしてみましょう。そしてチューニングが済んだドラムをセットして軽く演奏してみます。さあ、愛を込めてチューニングした音はきっと驚くほど他のドラムの音と違っているはずです。

リラックス!

もし、うまくいかなくても、あまりイライラしないでください。気分転換にドラムを元に戻してプレイしてみましょう。リラックス、リラックス。とどまるところ、チューニングはサウンドを聞くこと…それはミュージシャンが結局一番好きなことなのです !


[DEBUG] element 'elements/side/side.php is not found or unreadable.
call at /var/web/soundhouse/www.soundhouse.co.jp/fw/core/View.php(line:241)
[DEBUG] element 'elements/footer.php is not found or unreadable.
call at /var/web/soundhouse/www.soundhouse.co.jp/fw/core/View.php(line:241)