ここから本文です

弦の張り替えに必要なもの


全ての弦を外す。

全ての弦を外す。

専用のニッパーで切ると効率が良いです。その際は必ず弦を緩めてから切って下さい。

ペグ

ストリング・ポスト

弦の一方の端を巻きつけておく金属性のパーツです。ペグを回して弦の張りを調整することでチューニングを行います。

ストリング・ガイド

ストリング・ガイド

1、2弦のビリつきを押さえ、ナットから弦が外れる事を防ぐために用意されているのがストリング・ガイドです。弦のテンション(張力)を高くする効果もあります。

ブリッジに弦を通す。

ブリッジに弦を通す。

駒の上に弦が乗るように、ブリッジから弦を通します。

弦の長さを合せる。

弦の長さを合せる。

4弦から張っていきましょう。
ブリッジからピンと張った状態にし、巻く位置からペグ1.5個分くらいの所を折り曲げます。

ストリングポストに弦を入れる。

ストリングポストに弦を入れる。

折り曲げた位置から1cm程度の部分で弦を切り、ストリングポストに弦を入れます。

弦を支えながらペグを巻く。

弦を支えながらペグを巻く。

ストリングワインダーという道具を使えば、スムーズにペグを回す事が出来ます。
巻く方向は、弦がストリングポストの内側を通るように巻きます。また、ストリングポストの下に向かって重ならないように巻いて下さい。

チューニングをする。

チューニングをする。

張りたての弦は伸びやすいので、チューニングが安定するまで時間がかかります。


弦の交換時期

ベース弦はギター弦とは異なり、切れ難い弦です。交換時期は人によって異なりますが、切れてから交換するよりも、音にギラつきが無くなった時(「死んだ音」と表現します)に交換する場合が一般的です。尚、フラットワウンド弦は元々の音にギラつきが無い事に加え、ラウンドワウンド弦に比べて長寿命なので、長い間交換しない人が多くいます。ちなみにジェームス・ジェマーソンというベーシストは、フラットワウンド弦を10年以上も張り替え無かった事で有名です。


カテゴリーから選ぶ

LINE campaing
saleOutlet
サウンドハウスの最短スピードお届け

特集特集・コラム 特集一覧

ブログ

ブログ 良い音出ろ出ろ大作戦~ワンランク上のアップグレード術②

今あるギターをもっと良くしたい!…続きを読む

特集

特集 QSC TouchMix

QSC TouchMix-8、TouchMix-16は「大会場で使うミキシングコンソールの…続きを読む

Special Selection

虎の巻 ドラマーのための耳栓

生ドラムはジェット機のエンジン音に匹敵するレベルの音量…続きを読む

サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
staff music blog
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~19:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top