ここから本文です

葛の葉 さんのレビュー一覧

STUDIO PROJECTS
VTB1
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:25,800円(税抜)
(税込 27,864円)
参考になった人数:2人(3人中)
(4.0) AC/ACアダプター 2017/07/04
音は良いのですが、電源アダプターの根元が弱いですね。ほとんど使わないうちに、コードの被覆が破れて、銅線が露出してしまいました。ビニールテープで補修して使ってますが、ちょっと危うい感じ。

ただし、アダプター自体は決して特殊なものではなくて、ただのAC/ACアダプター、要するに単なるトランスです。

あいにくSHブランドでは12VのAC/ACアダプターを扱ってませんが、「AC/ACアダプター12VAC/1.0A」のものを検索すれば出てきます。主に「デンシ電気店」というところが扱っているようです。価格は1500円ぐらいです。

なお、こういうものは「大は小を兼ねる」ことはないので、たとえアンペアの大きいものが安くても、きっちり1.0Aのものを使うのが安全です。

(なお、SHの9V1.0AのAC/ACアダプター、2.1mmプラグのものでも、一応は動作します。細かい音質などには影響があるかも知れません。)

TOMOCA
EM-700
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:3,580円(税抜)
(税込 3,866円)
参考になった人数:0人(0人中)
(3.0) 使いようによっては役立つ 2017/06/20
まず、感度ですが、説明書には「-68dB」と書いてありました。これは0dB=1V/μbarの値ですね。通常の表示なら-48dBV/Paということです。

次にノイズ。マイク部にさわれば「ブー」と大きなノイズが出ますが、さわらなくても低いハム音が聞こえます。そのままではS/N比が悪すぎて使い物になりませんが、回避する方法は2つあります。

一つは接続機器のアースをとること。アースのとりかたはいろいろ工夫してください。

もう一つはバッテリー駆動の機器で使用すること。ACアダプターを使ったら同じことです。必ず電池で使用する。ポータブルレコーダーは最適です。

その場合は、全くハムノイズが出ません。

安いけれど、使いようによってはということです。音はこれから確かめます。

--------

音は、ちょっとシャキシャキしすぎという感じもありますが、まあ悪くありません。しかし、ちょっと「ザー」というセルフノイズが大きいです。結局値段なりですね。

SH
電源アダプター DC12V 2A 2.5mm センタープラス
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:1,380円(税抜)
(税込 1,490円)
参考になった人数:1人(1人中)
(4.0) 中華アンプの音質最高ですが、問題はプラグ 2017/05/12
LP-2020A、LP-V3S、SA-36A pro(2015) などと使って、しっかり鳴っています。

さすが大きいだけのことはあると思いますが(最初は大きすぎて笑った)、問題はプラグです。

ほとんどの中華アンプが内径2.1mmのプラグに適応していますが、本機は内径2.5mmのプラグなので、変換アダプターが必要です(別にプラグが「ゆるい」わけではなくて、定格の違いです)。

とは言っても、あとで確かめてみたら、LP-2020A、LP-V3Sでは特に接触不良もなく動作していました(SA-36Aは未確認)。

もし問題があれば、パーツ屋さんで「2.5mm→2.1mm変換プラグ」として売っていますが、ぜひサウンドハウスでも扱ってほしいですね(現在、2.1mm→2.5mm変換プラグのみ扱っているようです)。

なお、開放電圧は18Vぐらいありますが、LP-2020A、LP-V3Sに接続すると15V以内まで下がりました。特にLP-2020Aは、電圧が高すぎると安全装置が働いて動作が止まるのですが、許容範囲内のようでした。

一般的には3A以上のスイッチングアダプターが推奨されているのですが、スイッチングアダプターは瞬間的にでも定格以上の電流を流せないのに対して、トランス式は瞬間的ならかなりの大電流が取り出せます。ノイズの点でもトランス式が有利ですね。

BEHRINGER
UMC404HD
在庫状況:お取寄せ
衝撃特価:10,800円(税抜)
(税込 11,664円)
参考になった人数:2人(4人中)
(5.0) この価格でこの機能は驚き 2017/04/17
実際に使っての評価ではないのですが、この価格帯ではほとんどが2入力、しかもマイク入力は1入力のみというのが普通なので、4入力ともマイクプリ付で音も悪くないというのは驚きです。

しかも、4入力すべてにインサートがついているので、非常に応用の広い機器になっています。

インサートの使い方ですが、要するに通常は「マイクプリ─AD」なのに対して、「マイクプリ-出力端子・入力端子-AD」となっているわけです。(端子になにも接続しなければ出力と入力が短絡されて、普通の「マイクプリ─AD」になります。)

この「出力端子・入力端子」はTRSジャック一つにまとめられていて、Tが出力、Rが入力(Sはマイナス側共通)というアンバランス入出力になっています。その入出力間にエフェクターやコンプをつないだりできるわけですが、普通はたとえばHOSA ( ホサ ) / STP201のようなインサーションケーブルを使用します。

あるいは、CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / ASR321のようなコネクターを挿入すれば、白がマイクプリの出力端子、赤がADの入力端子となります。

マイクプリの出力だけを利用することは少ないと思いますが、逆に他のさらに良いマイクプリを持っている場合、その出力を赤につなげばさらに高音質で録音できます。もちろん、前面のTRS端子につなぐこともできますが、そうすると一度内蔵マイクプリを通すことになるので、どんなに良いマイクプリをつないでも内蔵マイクプリより高音質にはなりません。

要するに、AD直結の音質劣化のないライン入力端子としても使えるわけです。

と言うわけで、一見シンプルではありますが、非常に応用範囲の広いオーディオインターフェースであり、工夫次第でさまざまに活用できると思います。また、出力がRCA端子、標準フォン端子(TRS?)、XLR端子の3種類に対応しているというのも、なかなか見られない特長です。

SH
電源アダプター AC9V 0.5A 2.5mm
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:580円(税抜)
(税込 626円)
参考になった人数:3人(3人中)
(5.0) 良いです 2016/03/08
M-Audio Omni i/oという製品をオークションで入手しましたが、電源アダプタ欠品で、マニュアルを読むとAC9V500mAとのこと。

そんなものあるかなと思ってこちらを探したらぴったりのものがあって助かりました。

接続状態で電圧を測ってみると、ファンタム電源ONの状態で9.3Vぐらいだったので、かなりきっちり適合しているようです。ただし、ちょっと熱くなるようでした。(定格いっぱいの使い方?)

AC/ACアダプターは要するにトランスそのものなので、定格さえ合えば、音質・ノイズ等、製品の違いを聞き分けるのは難しいです。これで十分です。

この製品に限らず、レビューを読んでみると、トランス式非安定化タイプの負荷による電圧の変化や、それどころかAC/DCアダプターとAC/ACアダプターの違いさえも理解せずに、間違った使い方をしてクレームをつけている例が多いようですね。

あるいは、2.1mmジャックの製品に2.5mmプラグのアダプターをつけて接触不良だと騒いでみたり。

販売する方もさぞかし苦労が多いだろうと思います。

FOSTEX
PC-2LIVE
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:2,950円(税抜)
(税込 3,186円)
参考になった人数:2人(2人中)
(4.0) 便利だがミキシングはちょっと使いにくい 2016/03/08
PC-1eの機能拡張版で、特に入力で標準フォンジャックが使えるのは良い。ミニプラグでは信頼性が低く、使用中に動かすのも気をつかう。

また、MONOスイッチも便利。モノラルレコードの録音や、モノラル音源のLR送り出しに使える。

ところがこのMONOスイッチの位置がミニジャックに近接しすぎているので、プラグによっては接触してしまい、MONOスイッチが強制的に押されてしまう。(たとえばCLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / ANR321 、HOSA ( ホサ ) / GRM193 )

工夫すれば使えるが、プラグを選ぶのは良くない。ほんの少しスイッチの位置をジャックから遠くしていれば問題はなかったのに。

ミキシング機能だが、ダイヤルセンター(クリック位置)では、-18dBのレベルダウンになり、左右を足しても同じ音量にはならない。ミックス時には全体の音量を上げるなどの工夫が必要。

なお、ミキシングのダイヤルを回しきっても反対側の音が消えないのは、そういう仕様。

BEHRINGER
XENYX 302USB
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:4,980円(税抜)
(税込 5,378円)
参考になった人数:4人(5人中)
(4.0) 遊べて面白い機材だけれど欠点もあり 2016/03/09
まず普通or良い点から。

ダイナミックマイクをつないだら、音質もノイズもまあまあ。C-2などのコンデンサーマイクも問題なく使えます。

ファンタム電圧15Vが常時出ているので、ダイナミックマイクに電圧かけたくない場合、(特にマイク側がアンバランス接続の場合)、センターのTRSの方に接続すれば電圧はかかりません。増幅度は同じです。

LINEまたは2-TRACKに別の音源をつないでマイクとミックス。それをメインミックスに送るかどうかはボタン一つでON/OFFできるので便利です。

特に良い点は、プラグインパワー専用のマイクが使用できる点。ヘッドセット等がそのまま使用できます。

ところが、このマイク入力はちょっと癖があって、モノラルTRS3極プラグのマイクしか使えません。というのは、Tは信号のみ、Rはプラグインパワーのみを扱うという仕様になっており、TS2極のモノラルマイクやTRS3極のステレオマイクでは、プラグインパワーがかからないからです。

それと、この入力はメインのマイク入力と比べると増幅度が低く(PADでも入れてる?)、音もあまりさえない感じです。

それに引き替え、ヘッドフォン音量は大きすぎ。目盛り2つめぐらいまで回せば十分で、他の機器と感覚が違います。中央ぐらいまで回せば当然回路ノイズも耳に障るようになります。

(以下訂正しました。原文は文字数の都合で残せません。)
次に、2-TRACKに入れた信号はUCA202などより小さく録音されます。UCA202なら0dB FSを超えてクリップするぐらいの信号でも、-6dB FSぐらいで録音されます。(専用ドライバー使用時)。LINEなら、レベルを中央より2目盛りほど上げればUCA202と大体同じになります。

ところが、赤ボタンを押してUSBからの音を聴くときには元に戻さないと音が大きすぎる。この辺りは、おそらく何度やっても操作を忘れると思います。

まあ、小さく録音されるというのは、大きい信号でも録音できると言うことなので、一長一短です。

いろいろ欠点はありますが、小さくてどこでも使えるのは良い点です。

パソコンとつながずに、単独のミキサーとして使いたい場合は、モバイル電源を使えばAC電源のない場所でも使えます。

ART
TUBE MP
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:5,180円(税抜)
(税込 5,594円)
参考になった人数:2人(7人中)
(4.0) ふにゃー、そりゃダメだよ 2016/01/27
真空管の交換はもちろん自己責任ですが、やり方の問題。

ネジを外すだけでも、確かに開けられるように思うのですが、そこでサブの基板を持ち上げて開けたら絶対ダメ!

さらにボリュームつまみを外し、六角のナットを外せば天板が外れます。その状態なら、まあ安全に真空管の交換ができますよ。

真空管はちゃんとピンを奥まで差し込みましょう。力任せに押し込んでも無理で、左右にうにうにすれば比較的楽に入ります。

もう壊してしまった人は、はんだ付けに挑戦しましょう。多少不細工でも、何とか修理可能ですよ。

project series は音質・S/Nも一段上で、真空管の交換もずっと安全。それと比べて、こちらはゲインが少し高く、音もホットな印象。評価は一応4。


SONY
ECM-PCV80U
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:3,180円(税抜)
(税込 3,434円)
参考になった人数:1人(9人中)
(3.0) 使い道がよく分らない 2015/10/09
「この値段にしては」と言っても、この値段ならXM8500が買えるので、それと比較するのは苦しいですね。もし差が出ないとしたら、それはアンプ系統がかなりプアな場合だけです。

アンプの優秀なハンディレコーダー、オリンパスLS-14につないで両者を比較してみたら、感度はPCV80Uのほうが少し高い程度(3~4dBぐらい)で、音質は言うまでもありません。XM8500の方がはるかに柔らかくニュアンスに富んだ音質です。

かといって大声ですぐに歪むようなひどいものではなく、もし歪むとしたら付属のUSBボックスの性能なども含めて考えないといけません。USBボックスを使った音質は、細いノイズっぽいもので、マイクの性能が生かせているとは思えません。

LS-14のようなアンプが優秀なものにつなぐと、ボーカルにも十分な音質で録れますが、XM8500をつないだらさらに良い音で録れると言うことです。

なお、LS-14のマイク入力はステレオですが、左右チャンネルに同じ信号が出ます。逆にステレオマイクをUSBボックスにつなぐと、左マイクの信号だけが左右チャンネルに出力されます。

感度は定格では-40dBV/Paとなっていて、それだけ見ればかなり高そうですが、実際にはそうでもありません。
同じソニーのエレクトレットコンデンサーマイクロホン
ECM-CS3(-38dBV/Pa)というのと比較してみると、USBボックス使用で10dBほど低感度でした。(プラグインパワーの電圧などによって感度は変るので、あくまでも一例です。)

ハウジングはしっかりしていて、ハンドリングノイズも小さく、音質もプラグインパワーのエレクトレットコンデンサーマイクとしては上々ではないかと思いますが、かといって何に使うのかよく分らない製品です。

「アンプが優秀」と「プラグインパワーが使える」は、二律背反のことが多いので、このマイクの音質を生かせる製品は数えるほどしかありません。

LS-14、H4n、AT-MA2につないでライン入力する、あとAG03につなぐぐらい。そこまでやってようやく「並み」です。

結局、音質は二の次で、マイク近接でUSBボックスorパソコン直結で使うしかないのでしょうね。


ON STAGE STANDS
QK10B
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:780円(税抜)
(税込 842円)
参考になった人数:0人(2人中)
(3.0) 疑問ですが 2015/05/01
これ、別のマイクを付けようと思ったら、ホルダーに取り付ける「ネジ部」というのがマイクの数だけいるんじゃないんですか?

探してもそういうものは見当たらないので、単に付け外しの方法が変るだけなら、それほど意味がないんじゃないかと思うんですが?

評価は分らないので、下の方と同じにしました。

JTS
CM-601
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:5,980円(税抜)
(税込 6,458円)
参考になった人数:2人(3人中)
(3.0) 商品説明の間違い 2015/02/16
CM-602のレビューに書きましたように、以下の説明は間違いです。

■指向性:マルチパターン(単一/超単一/無指向性)

一覧ページにあるように「ハーフカーディオイド」が正しいです。指向性の切り替えはできません。

(評価は中立の意味で3です。)

JTS
CM-602
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:3,980円(税抜)
(税込 4,298円)
参考になった人数:5人(8人中)
(3.0) 商品説明の間違い 2015/02/16
これは単純にサウンドハウスの商品説明の間違いですね。JTSの商品ページと違っています。

www.jts.com.tw/_en/01_professional/01_detail.php?sid=483

指向性については、ここの一覧ページに「ハーフカーディオイド」と書いてあるのが正しく、3種類の指向性切り替えなどは一言も書いてありません。

ただ上位機のCM-601は3段階のローカットスイッチが使えると書いてあり(3 step Low-Cut switch)、それを勘違いしたのでしょうか。

この602は機能を省いた簡略版で、ON/OFFスイッチだけです。

(評価は中立の意味で3です。)

SH
電源アダプター AC9V 1A 2.5mm
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:680円(税抜)
(税込 734円)
参考になった人数:8人(8人中)
(3.0) 接触不良とか書いてる人がいますが 2014/09/24
(評価は中立の意味で3です)

たとえば、ARTの製品は2.1mmのジャックを採用しています。この製品は2.5mmですから、差し込みはできて、たまたま使えることもありますが、接触不良が起こってもそれはしかたがありません。

BEHRINGERは2.5mmのジャックを採用しているので、この製品は適合します。逆に、2.1mmのものは差し込むことができません。

SH サウンドハウス / AC9V 1A には2.1mmのものもありますので、区別して使いましょう。

MACKIE
402VLZ4
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:11,500円(税抜)
(税込 12,420円)
参考になった人数:41人(44人中)
(5.0) MG06との比較 2014/08/28
同価格帯のヤマハMG06と、機能で違う点だけをあげると

マイク入力:MG06はXLRコンボ端子で、XRLとTRSはパラ。本機は別の端子で、TRSはゲインが20dB低い、またHi-Zにも対応します。

ライン入力:MG06はアンバランス標準ジャックのステレオ2系統。こちらはTRSバランスジャックとRCA(TAPE IN)。RCAをメインに出すかどうか選べます。

出力:MG06はXLRとTRSがパラで、TRSをアンバランス入力につなぐとXLRもアンバランスになります。こちらは、TRSバランスとRCAが別々に使えます。

電源:本機はAC/ACアダプター18Vで、電源ケーブル付きのかなりしっかりしたものです。(「トランス式」というよりトランスそのものです。)
MG06は普通のスイッチングAC/DCアダプターですが、DC12Vなので、鉛蓄電池、その他バッテリー駆動が可能です。

違いは以上で、ミキサーとしては本機の方がやや機能が多く使いやすいようです。ボディもいかにも頑丈です。MG06はAC電源がなくても使える点がメリットです。

どちらもミキサーとしては最小限の機能で、むしろミキサー機能付きのマイクプリアンプと考えたら納得できます。音質もそれだけのものがあります。

音は、MG06の方が繊細で柔らかさがあり、本機は太く強さもありますが、個人的にはMG06が少し上です。以下個人的感想で、MG06と比較したマイクプリアンプ2種(STUDIO PROJECTS VTB1、PRESONUS BlueTube DP v2)と比較してもほんの少し並みの音という感じです。TUBE MP(PROJECT SERIES)よりは上です。

BEHRINGER
B-5 Single-Diaphragm Condenser Microphone
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:7,980円(税抜)
(税込 8,618円)
参考になった人数:9人(11人中)
(4.0) (乾燥した)シリカゲル必須 2014/06/11
2本購入したうち、一方の指向性カプセルが購入時からノイズが出ていて交換。
その後しばらくして、もう一方の指向性カプセルからノイズが出て、また交換。

保管は購入時の状態のまま、その都度シリカゲル入りのポリ袋に入れて細心の注意を払っていたつもりだったので、ここまでは不良品交換として処理してもらいました。

ところが、しばらく使わないでいると、今度は無指向性カプセル、指向性カプセル、ともにノイズが発生。

これではきりがないと思って、試しにシリカゲルを全部袋から出して加熱乾燥し、和紙で包んだものをケースに入れて一日おいたら、ノイズはきれいに消えていました。

他のコンデンサマイクではちゃんとケースに入れておけば大丈夫だったので、カプセルが特に湿気に弱いのか、同封のシリカゲルがもともと湿っていたのか。
とにかく、購入時のままの状態ではノイズ出まくりでした。

早速ホームセンターで大量にシリカゲル購入しました。

音は良いのですが、製品管理の悪さで減点。
しかし、直ったので4点にしておきます。

YAMAHA
MG06
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:11,500円(税抜)
(税込 12,420円)
参考になった人数:40人(43人中)
(5.0) とりあえず音はかなり良さそう 2014/03/24
取り急ぎのレビューで、ぱっと聴いた印象だけ。

ミキサーとしての機能は最小限以下(PANさえもなくて、ステレオ・モノの切り替えのみ)だが、逆に音を悪くする要素が少ないとも言える。ミキサーと言うよりは、ミキサー機能付きマイクプリアンプと言う方が良さそう。

D-PREの音がどうかということだが、少なくとも「普及価格帯」のマイクプリアンプと比較して、クォリティが劣ることはない。

PRESONUS BlueTube DP v2、STUDIO PROJECTS VTB1 等と比較してみたが、音の傾向は異なるものの、音質としてどちらが良いとは言えなかった。(TUBE MPなどよりは明らかに上)

強いて言えば、声はこちらの方が(現実に近いかどうかは別にして)美しく聞こえ、ギターのコードはPRESONUS BlueTube DP v2、STUDIO PROJECTS VTB1の方がしっかりしたハーモニーが聞こえた。

どちらかというと柔らかさ・繊細さの方向に特長があるようだ。

と言うわけで、この価格のマイクプリアンプと考えればかなり良いのではないか。また、ライン入力はバッファアンプを通るだけなので、音質変化が少ない。すでに持っているマイクプリアンプと組み合わせて多チャンネルでも使える。

音質の良いマイクプリアンプでも、A&HのZED-10FXなどを通すと、何の変哲もない音になってしまうが、本機ならそれぞれの良さが生かされるように思う。

なお、条件によってはハムノイズが出ることがあり、その場合はアースをとれば(またはアースのとれている機器と接続すれば)解決する。
アース端子がないが、マイクスタンド取り付け用のねじ穴があり、そこに径の合うネジを取り付ければアースがとれる。

もっと簡単なのは、バッテリー駆動にしてしまうことで、エネループ8本で十分駆動できる。(電池ケース+電池スナップ+DCプラグ2.1mm)
または、12V出力可能なモバイルバッテリーでも駆動できる。
(以上、例によって自己責任です)


BEHRINGER
MIC100 TUBE ULTRAGAIN
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:4,380円(税抜)
(税込 4,730円)
参考になった人数:18人(24人中)
(4.0) 普通に使えます 2014/03/11
ノイズが大きいとか、いやそうでもないとか、いろんな話があり、このレビュー自体「いろんな話」の一つに過ぎないのですが、本来の目的で使う限り、ノイズが支障になるようなことはありません。
「本来の目的」とは、つまりマイクレベルの信号をラインレベルにまで引き上げるということです。

○ゲインは十分すぎるほどで、よほど低感度のマイクでもゲイン不足になることはありません。(その場合でもノイズが問題になるほどのことはありません。)
○音質は、ややスカスカした大ざっぱな印象もありますが、ベリンガーやA&Hなどの低価格ミキサーのマイクアンプ部よりは生き生きした感じで、確かに良いです。
○真空管は「Bugera 12AX7C premium selected」というのが取り付けてありました。真空管を交換すれば音は変わりますが、「変わる」ことは分かっても「良い悪い」はかなり主観的です。
○真空管によるノイズというものはまず問題になりません。これは、ノーブランドの「12AX7CHINA」といったものを付けても同じです。
もちろん厳密に聴けば多少の違いはあるかも知れませんが、そんなものより環境ノイズの方がはるかに大きいです。

以上は、純粋に「マイクアンプ」として使った場合で、歪ませてどうのこうのということは念頭に置いていません。まあ、その目的ならプリセットが選択できるMIC200ということになるでしょう。

BEHRINGER
C-2 Studio Condenser Microphones
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:5,980円(税抜)
(税込 6,458円)
参考になった人数:12人(13人中)
(4.0) DR-40内蔵マイクより良かった 2014/02/28
えーっと、まず左右のレベル差とか目立ったノイズとか、そういう問題はありませんで、まあ定格通りの性能は出ているようです。

C-4とどちらにするか迷ったのですが、感度は向こうの方が高いが、こちらの方が1.5倍重いし、セルフノイズの定格もきっちり書いてあるしで、それならベーシックな方を選びました。実際、非常に小型ですが、ずっしりと持ち重りがします。

目的は表題のとおりで、大げさじゃなく持ち歩けて、DR-40の内蔵マイクの代替になるものと考えました。同梱のステレオバーに「TOMOCA トモカ / CAMERA-SHURE」を取り付け、ミニ三脚があれば一応セッティングできます。

ケーブルは「CLASSIC PRO クラシックプロ / CXX010」が、細くて持ち歩きに便利。被覆が薄くて細い以外はマイク用と同じと言うことです。

以上、SM57用のポーチにケーブル込みで全て収納できました。

肝心の音ですが、十分に改善効果は認められました。内蔵マイクと比較して、ノイズは若干低め、感度は若干高め、音のニュアンスはかなり豊かでした。この組み合わせなら、ハンディレコーダー上級機の単体より良いかも知れません。

ART
SplitCom Pro
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:3,480円(税抜)
(税込 3,758円)
参考になった人数:5人(6人中)
(5.0) 製品の概要 2015/07/12
main と isolated という表示ですが、要するに対等なAB2系統の入出力があり、お互いに直流的には切り離されているが、信号は結合されているというものです。

main入力→main出力
main入力→isolated出力
isolated入力→main出力
isolated入力→isolated出力
main入力→2出力
isolated入力→2出力
2入力→main出力
2入力→isolated出力
2入力→2出力

以上9種類の使い方が可能です。

main と isolated それぞれの入出力は直結されています。(main から main でも、isolated から isolated でもファンタム電源は通ります。)

二つのスイッチは、main と isolated の間で、位相転換とグラウンドリフトを行うためのものです。

SM57をつないで試してみましたが、直結の場合と、音質やレベルの差は感じられませんでした。

コンバイナーとして使用した場合ですが、1本のマイクをつないでも、2本のマイクをつないでも、出力レベルは同一です。
言い換えれば、1+1=1となり、1本だけつないだ場合よりも、個々のマイクの出力は約6dB低下します。

スプリッターとして使用した場合は、ケーブルで分岐した場合と特に相違が感じられませんでした。もちろん、グラウンドを切り離すとか位相を転換するとかはできませんが。

まあそういうところで、製品の目的とする機能はほぼ100%達成できていると思います。

使い方の応用として、たとえばファンタム電源を個々に設定できないミキサーで、ファンタム電源がだめなマイクを使用することもできます。(main入力→isolated出力 または isolated入力→main出力)
逆に、ファンタム電源の使えないマイク入力で、ファンタム電源が必要なマイクを使うこともできます。(もちろんファンタム電源そのものは必要)

TOMOCA
AKG-SHURE
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:180円(税抜)
(税込 194円)
参考になった人数:6人(7人中)
(5.0) 精度良し 2014/01/15
K&M ケーアンドエム / 217と同じ目的、同じ形状の製品ですが、加工精度が良く、気持ちよく使えます。

K&Mの217は、なぜか加工精度が悪く、ネジが途中で引っかかって回らなくなったりしますが、この製品では全くそういうことがありません。

もともとサウンドハウスで扱っていなかった製品で、現在も写真なし、主として取り寄せとなっていますが、むしろこちらを中心に扱ってほしいです。


写真も掲載され、在庫切れになることも少なくなりました。同社のCAMERA-SHUREと同様の製品で、どちらも快適に使えます。

ART
Split Mix4
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:4,180円(税抜)
(税込 4,514円)
参考になった人数:140人(163人中)
(2.0) ミキサーとしてはまず使えません 2013/12/24
上記※を付け加えていただいくようにお願いしました。表記のように出力は12dB減衰します。私は買うまで気が付きませんでしたが、メーカーサイトには一応書いてあります。

www.electroharmonix.co.jp/art/splitmix4.htm

ずっと下の方に、
Insertion Loss: 12dB typical
と書いてあるのがそれです。

ここまででも気が付くのは難しいと思いますが、問題はそれだけではありませんでした。

この製品は、ミキサー、スプリッター、アッテネーターという3つの用途がありますが、-12dBはスプリッター、アッテネーターの場合です。

ミキサーとして使うとさらに-12dB、つまり【24dB減衰】となります。

理由は分かりませんし、正確な計測ではありませんが、大体その程度の減衰があります。

【24dB減衰】という事実が、使ってみるまで分からないというメーカーの姿勢は問題だと思います。

【ミキサーとしては24dB減衰】という重要な事実を明記していないという点で、「欠陥商品」と言うしかないと思います。

PRESONUS
BlueTube DP v2
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:22,800円(税抜)
(税込 24,624円)
参考になった人数:9人(13人中)
(4.0) 内容の紹介です(追加:電源が弱い) 2013/12/06
まず、最初にハンディレコーダー(DR-40)に直接つないでみたら、かなりハムが出ました。しかし、以前に他の製品で同じような現象があったのを思い出して、アースをとってみたら、ウソのように消えました。

条件によりますが、ACアダプタ使用で、アースが浮いているとハムが出るようです。(バッテリー駆動なら当然ハムは出ません)。最初からアースがとれてる機器につなぐときは大丈夫と思います。そうでないときは、アースの工夫が必要です。(底面にねじ穴があり、ネジが付属しているので、そこからアースをとれます。)

また、電源アダプタが非常に小さいので、ちょっと驚きました。

音やノイズは全く問題ありません。マイクレベルの信号をラインレベルまで増幅するという、本来の目的だけで言えば、これで十分と思います。

2チャンネルですが、使用真空管は1本です。双極管を片側ずつ使ってると言うことです。BlueTube v2と真空管の回路や音が違うのかどうかは分かりません。

TUBEのブレンド調整はスイッチ付きで、完全にOffにすることができます。

一方、ブレンドを最大にしても(真空管による増幅を最大にしても)音量は数dB上がる程度です。
GAINのツマミはアウトプットボリュームです。細かいクリックがあって、段階的に音量調整するようです。インプットの調整は-20dBPADだけと言うことになります。BlueTube v2はそれもないようです。

メーターはちょっと奥まって付いているので、正面から見れば良いですが、角度があると見にくいです。デザイン上はアクセントになりますが。

まあ、そんなところですね。音は最上とは言えませんが、まあ満足です。


その後気が付いたことですが、やはりACアダプタが弱いです。

秋月電子の「超小型スイッチングACアダプター12V1A GF12-US1210」というのが付属しており、一応定格の1Aは満たしていますが、スイッチング方式は一瞬でも定格以上流せません。

あくまでも例えばの話ですが、ファンタム電源ONのままで電源を投入すると動作しません。かなり定格ぎりぎりの動作になっているようです。

本機の1/3程度のワット数の機器(YAMAHA MG06)でも1.5Aのアダプタが付属しています。電源の強化を望みます。

CLASSIC PRO
YMP212
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:200円(税抜)
(税込 216円)
参考になった人数:0人(2人中)
(3.0) 単純な疑問 2013/11/15
性能としては、それほどしっかり確実に接続されると言うほどではないが、気をつけて使えば差し支えない程度。

それよりも疑問なのは、これ tip, ring の分配なのに、赤白の色分けがしていない。一方で、たとえば私が買ったのではYSS122はパラで分けてるんですが、赤白の色分けがしてある。どう考えても逆じゃないでしょうか?

結局、YSS122の赤白ゴムリングを取り外して、こちらに取り付けました。めでたしめでたし。

BLUE
enCORE 200
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:14,800円(税抜)
(税込 15,984円)
参考になった人数:2人(5人中)
(4.0) S/N比悪し→改造で良さげなマイクに 2017/03/24
ライブなどで使うときには全く気がつかないと思いますが、静かな環境で使うと「ゴー」というノイズがかなり目立ちます。(もともと「ライブパフォーマンス用」のマイクなので、文句は言えませんが。)

自分の目的には使えないのでずっと死蔵していましたが、ふと思い立って改造してみました。

改造と言っても、ごく単純です。

もともとユニットから緑と黄色のリード線が出ていて、基板に接続されているのですが、それを外し、それでは長さが足りないのでリード線を足して、XLRプラグの2と3にはんだ付けするだけです。

緑を2に、黄色を3に接続すれば、一般的なマイクと同位相になります。

改造の結果、全く普通のダイナミックマイクになりました。(おそらくenCORE 100と同等になるのでしょう)。
SM58とは違った個性で、使い分けが面白いと思います。
もちろんノイズも全くありません。



さて、もともとはファンタム電源で動作する基板が入っているのですが、これの役割がよく分りません。
一応マイクアンプと言うことになるのでしょうが、ゲインはほとんどありません(せいぜい3dBぐらい)。

ゲインがなくてS/N比が悪くなるだけなら何の意味もありませんが、おそらく音質的な理由なのでしょう。(もしかしたらコンプレッサー的な働き?)
個人的な感想としては、以前の方がはっきり音が良かったという感じはありませんが、やはりライブで使わなければ真価は発揮できないのでしょう。

スイッチで回路スルーと両方切り替えられるようになっていれば、目的に応じて使い分けできて便利だと思うんですが。

それはともかく、現状でenCORE 100のゴールドバージョンと考えれば、納得は行きます。今後活用できそうです。

BEHRINGER
MX400 MICROMIX
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:2,480円(税抜)
(税込 2,678円)
参考になった人数:8人(9人中)
(5.0) シンプルイズザベスト 2013/05/27
その辺のミキサーよりも実質の音質は良いです。
A&H ZED-10FXのライン入力では生かされないマイクアンプも、本機ではほとんど音質変化なしに使用できました。
しかし、残念ながら若干ハム系のノイズが乗ります。

そこで、パーツショップで電池ケースとDCプラグ(外径5.5mm内径2.5mm )を購入、単三8本12Vで駆動したところ、ノイズは完全に消えました。

電池ケースは006P用スナップを使用するタイプなので、006Pでも試してみましたが、こちらも問題なく使用できました。

ということは、単三8本駆動ならかなり電源に余裕がありそうなので、次はDCプラグを継ぎ足して、2台同時駆動でステレオ化してみたいと思ってます。

BEHRINGER
MX882 Ultralink Pro
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:9,800円(税抜)
(税込 10,584円)
参考になった人数:36人(36人中)
(4.0) 音質変化は少ないが 2013/05/15
やはり、メインアウトプットからハムノイズが出ますね。
これはアースの取り方とかは関係なく、メインアウトプットのボリュームを絞れば消え、上げれば大きくなります。
逆に他のチャンネルのゲインを上げても関係ありません。
つまり、入力ゲインを大きめに、アウトプットボリュームを小さめに設定すれば、ほとんど目立たなくなります。

しかし、音質の変化が少ないだけに、この点は残念です。

なお、1~6チャンネルは、スプリッターとしても、MONO 6ch または STEREO 3ch として動作します。


ノイズの原因は、電源のトロイダルトランスからの飛びつき磁束です。乱暴ですが、トロイダルトランスを取り外してシャーシの外に出してみたら、ノイズは皆無になりました。
いくら何でもそこまでするのはと思い、トランスの角度を調整してみたら、かなりノイズの減るポイントがあります。
また、シャーシ内を通るリード線をアルミ箔で覆ってアースをとってみたら、若干耳障りな帯域のノイズが減りました。

ベリンガーで、電源部内蔵の機器は要注意ですね。

MXL
R144
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:10,800円(税抜)
(税込 11,664円)
参考になった人数:6人(8人中)
(4.0) ナチュラルな音 2013/05/15
一般的なダイナミックマイクの音質とは大きく違うので、一瞬高音が出ていないような気がします。
ところが、ヘッドフォンでモニターしながら、原音と聞き比べると、基本的に何の誇張もないそのままの音だと分かります。

ただ、それが録音等で必ず良い結果を生むとは限りません。化粧しない顔が一番良い顔とは限らないのと同じです。

一般的なダイナミックマイクで、低域カット、高域持ち上がりの方が、かえってリアルに聞こえる場合もあり、結局声の良さや歌のうまさ次第です。

ただ、アルミ箔の若干のクセは感じられ、とにかくぽんと置いて使えば良いというマイクではありません。
しかし、はまれば相当の性能を発揮しそうです。

なお、高域で「サー」というノイズが入るというレポートがけっこう目立ちますが、それはマイクアンプのノイズです。
マイクそのものから出るノイズではありません。

この主の低感度のマイクでは、マイクアンプのゲインを目一杯とらねばならず、さらにイコライザーで高域を上げれば、「サー」ノイズは避けられません。

他のダイナミックマイクでもその点は大体同じですが、最初に書いたように、一瞬高域不足のような気がするので、イコライザーをいじってしまうのでしょう。

このマイクは、ナチュラルさをどのように生かすかがポイントと思います。

SHURE
SM57
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:7,980円(税抜)
(税込 8,618円)
参考になった人数:28人(33人中)
(5.0) ハムノイズについて 2013/04/18
音についてはもう言い尽くされていますが、なるほどさすがと言う他ありません。良くも悪くもこれが自分の声と納得させられました。

ところで、たまにはそういうことが起こるかも知れないので、一つ報告しておきます。

別に直接関係ないのですが、PDM57のレビューで、「ハムが乗っておりマイクを素手で握れば軽減される」というのがありました。程度の違いは分かりませんが、SM57でもそれと同じ現象が起こりました。こちらもやはり、XM8500では目立たないのです。

これについて、サポートとやりとりし、自分でもあれこれ試してみた結果、同時に使用していたART TUBE MP のACアダプタが原因だったと分かりました。(これに限らずACアダプタをマイクに近づけるとたいていハムノイズが出ます。)

サポートでも確認済みですが、SM57はこのハムの出方がXM8500(CM5も?)と比べて若干大きいようです。最初に使用したときは、ACアダプタがマイクから1m余りのところに置いてありましたが、それでも気になるノイズが出ました。

もっと近くに置けば、XM8500でも気になります。もっと遠くに置けばどちらも気にならなくなります。たまたまちょうどSM57ならば気になるぐらいの場所に置いてあったようです。

ノイズ源をマイクやケーブルから極力離すのは鉄則なので、結局その点を注意していれば起こらなかった問題ですが、ACアダプタは結構強力なノイズ源なので、気をつけなければならないと思います。

BEHRINGER
HD400 MicroHD
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:2,780円(税抜)
(税込 3,002円)
参考になった人数:8人(10人中)
(5.0) ノイズ対策だけでなくて 2014/09/29
グラウンドの回り込みノイズには効果がありますが、逆に不要なところに入れるとノイズが増えることもあり、そこはケースバイケースです。

本来の用途以外に、バランスとアンバランスの変換が手軽にできて効果が高いです。

たとえば、ZED-10FXとかXENYX802とかのXLR端子に内部アンバランスのカラオケマイクをつなぐと、ノイズが出て使えません。
ところが、それを一旦本機にTSフォンでつなぎ、TRSフォンで出してからミキサーにつなぐとノイズが出ません。

マイクプリアンプやミキサーのバランス出力をアンバランス受けするとレベルが下がることがありますが、一旦本機でバランス受けしてからアンバランスで出すと明らかにレベルが高いのが分かります。

このように、バランス─アンバランスの相互変換が、マイクレベルからラインレベルまで行え、マイクレベルでも特にノイズは感じられません。

細かいことを言わなければ、かなり使えるのではないでしょうか。

ALLEN&HEATH
ZED-10FX
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:30,371円(税抜)
(税込 32,800円)
参考になった人数:20人(27人中)
(5.0) 価格が信じられない 2013/04/02
いろいろな入力をいろいろな出力に振り分けて、それを効率よくモニターできるというミキサーとしての機能が恐ろしく充実していますね。最初ややこしいと思いましたが、ブロック図を良く読んでみると、いろいろな使い方が想像できて楽しくなります。

音質は極上とまでは行かないが、十分に良いし、ノイズは極小とまでは行かないが、実質無いに等しいレベルです。18000円で買える機械にそれ以上求めたら罰が当たります。

なお、上級機種の「ZED-14に何もつながずパワーアンプのボリュームを上げたら嫌なノイズが出ていて」というレポートがありますが、それはおそらく伝送系のノイズでしょう。本機でも、モニター出力をある古いアンプ(現在不使用)につないだら「いやなノイズ」が出ましたが、ケーブルを動かしてみるとノイズが減ったりするので、問題はそちらにあることが分かります。アンプのアースの問題とか使い方の問題でしょう。

ZED-10FX本体でモニターしてみる限りでは、そのようなノイズは皆無です。また、現在使用中のアンプでは、ボリュームを最大にしてもノイズは聴き取れませんでした。

audio technica
AT-MA2
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:6,880円(税抜)
(税込 7,430円)
参考になった人数:5人(5人中)
(4.0) なかなか良い 2013/04/01
思ったより小さく、アルミの筐体はなかなか見かけが良い。ノイズも少ないが、ちょっと音が丸くなってしまう。ゲインも+60dBはほしかった。あと、ゲインはゼロにできない。

入力端子はどちらもステレオジャックで、この価格で2chのアンプになっている。ただ、ステレオミニジャックは対応機器が多いが、ステレオ標準ジャックは対応機器があまりないので、できれば標準ジャックは2つ備えてほしかった。

しかし、まあ悪くない製品。あと、私は006Pで駆動しているが特に支障はなく、音もややしっかりするようだ。(ただし、推奨された使い方ではないので、あくまでも自己責任で。)最初から006P対応にしてくれていたらもっと良かった。

TOA
ST-65A
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:2,280円(税抜)
(税込 2,462円)
参考になった人数:6人(10人中)
(3.0) 失敗しました 2012/11/14
この類の機器を買うのは初めてなもので、マイクホルダーの径は細いのと太いのがあるぐらいしか思っていなかったのですが、これは1/4インチ径というものらしく、CLASSIC PRO のマイクについてくるホルダー(3/8インチ径?)とは合いませんでした。

表示されていても気が付かなかったかも知れませんが、どの製品にもネジ径は表示しておいてほしかったと思います。(間違っても、自分の責任と納得が行くので。)

製品自体は安定性があって使いやすそうです。


2013/11/19 編集
この時点で、参考になった人数:1人3人中

その後、TOMOCAのアダプターを買い足し、便利に使っています。全く何も知らなかったときの感想ですので、まさに「ご笑覧下さい」ですね。

葛の葉 さんのプロフィール

レビュー投稿数:32件

住所:大阪府

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! 次世代アーティスト発掘応援 音魂ぐらんぷり
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top