ここから本文です

トロンボーンとは

特徴や成り立ち

金管楽器の一種であるトロンボーンは、中低音を担当し、音楽の土台を固める大事な役割を担う楽器です。時には主旋律を任されることもあり、活躍の幅も様々です。起源はトランペットと同じだと考えられています。トランペットと違う姿に進化していったのは、15世紀頃だと言われ、当時は宮廷や教会など、優雅で神聖な場所での演奏が多かったようです。オーケストラで演奏されるようになったのは、19世紀以降だとされています。様々な作曲家の代表曲でも、重要なパートを任されていることが多いです。

トロンボーンの大きな特徴といえば、スライドで音程を変えることです。他の金管楽器はピストンによって音程が決められていますが、トロンボーンはスライド管をスライドさせ、微調整をしながら音程を変えます。正しい音程を出すには、その音が出たポジションを繰り返し、体で覚える必要があります。このスライド方式は、細かい音の調整が可能になるという利点をもっています。スライドによりビブラートさせることができるのも、トロンボーンの特徴です。マウスピースは少し大きめで、音を出しやすい楽器と言われています。

各部名称

トロンボーンの各部名称

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top