ここから本文です

HOME

太く、抜けの良い音を求めるベーシストへ

エレキベースと言えば、迫力ある低音を出すことができる楽器ですが、バンドなどアンサンブルの中では得てして、ギターの低域、バスドラムなどとレンジが被り、全体の中で埋もれてしまい、存在感が薄れることがあります。そんな時、ベーシストは「もっと太く、もっと低い抜ける音を出せさえすれば・・・」と思うのです。ここでは、数ある作戦の中から簡単にできる方法を紹介します。

その壱、弦を太くする

DADDARIO/ EXL170

DADDARIO / EXL170

一般的にスタンダードとされる弦は
1弦 .045
2弦 .065
3弦 .080
4弦 .100
というセットになります。

この数字が大きいと
→弦が太くなり、細い弦に比べて弾きにくくなるが低い音が出る。

DADDARIO/EXL230

DADDARIO/EXL230
.055 .075 .090 .110

この数字が小さいと
→弦が細い分、弾きやすくなる。

DADDARIO/EXL180

DADDARIO/EXL180
.035 .055 .075 .095

その弐、プリアンプを使う

内蔵プリアンプ

エレキベースにはパッシブ(電池不要)とアクティブ(電池必要)の2タイプがあります。アクティブタイプなら、ベース本体に搭載されたイコライザーのツマミを回してハイやローをブーストすることができるため、簡単に重低音を作ることができます。

アウトボード・プリアンプ

アウトボードタイプは、簡単に言うとアクティブタイプのベースに内蔵されているプリアンプ部分を取り出し、 ペダルタイプにしたものを指します。イコライザーだけではなく、歪みを加えるDRIVEや原音とプリアンプの音をミックスするBLENDなど、各メーカー独自のサウンドキャラクターを落とし込んだモデルが人気です。

その参、エフェクターを使う

3LeafAudio/Octabvre Mini

オクターバー

元の音に、1オクターブ、または2オクターブ下の音をミックスすることで重低音を作ります。

BBE/Sonic Stomp MS92

エンハンサー

エンハンス=強調をするエフェクターで、低域、または高域をブーストすることで、迫力、存在感のあるサウンドを作ります。

EBS/MULTICOMP

コンプレッサー

コンプレッサーは、レベルの大きい信号を抑えて(=圧縮)、全体の音量差を小さくするエフェクターです。音量を揃えることにより、全体のレベルを大きくする(=音圧を稼ぐ)ことができます。

BOSS/GEB-7

イコライザー

イコライザーは、各帯域の補正に使用するエフェクターです。
太い音に近づけるには、中域を抑えて、低域と高域をブーストするセッティング、いわゆる「ドンシャリ」セッティングがおすすめです。

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top