ここから本文です

デッチー さんのレビュー一覧

VIC FIRTH
5A ドラムスティック
在庫状況:在庫あり
価格:891円(税抜)
(税込 980円)
参考になった人数:2人(2人中)
(5.0) スティック・ジプシーから卒業しました 2019/06/05
口コミやネット情報で、ほんとうに色々なスティックを試して、
これに落ち着きました。
太さ、長さ、重さ、チップの形状、どれもボクにピッタリ。
さすが超定番ですね。
グリップの位置確認に、星条旗が目印になるのも、イイです。
スティックに迷ってる方は 是非お試しを。(^^)

Laney
LX65R
在庫状況:在庫あり
価格:24,364円(税抜)
(税込 26,800円)
参考になった人数:2人(2人中)
(4.0) いい買い物でした 2017/11/23
ある地方で年1回だけ開催されるイベント用に、
長期間放置しておいても心配のないアンプ、
かつお財布に優しい値段で、という事で購入しました。

今時のトランジスタのアンプは 所謂モデリング
機能が花盛りですね。
しかし今まで散々投資して得た経験は、当たり前
ですが「本物の真空管には敵わない」という事です。
音色は似せられても、音圧や音の立体感なんかな、
トランジスタに求めるものではない、と言ったら
言い過ぎかな?

その点、このアンプはモデリング等の余計な物が
無く、 変に耳の肥えたオッサンにも使いやすい物
で、値段も財布に優しい価格です。

音は、クリ−ンで弾けば、元に忠実な音。
エフェクターの音が映える、って感じ。
クリーンでも、リバーブが効くのはビックリでした。
エフェクター無しでアンプで少し歪ませて弾けば、
セッティグ次第で、イイ感じで使えました。
クラシック・ロックをやる人には、チョイの間なら
真空管の代役として、十分役に立つアンプだ
と思います。

難点は、まず歪ませすぎると、なんか良く判ら
ない音になっちゃう事。
どんなアンプでも同じ事ですが、このアンプの場合、
そのリミットが低いような気がしました。

このアンプの仕様なのか、トーンをゼロにすると、
音が微かに鳴る程度になります。
最初、壊れてるのかと思いました。

最後に外函に手を掛けれる切込みがないので、
外函に入れて持ち運びするのは苦労する事、
取説に日本語がないのも、値段相応なのかな?

総じて この値段でこの音は いい買い物
だったと思いますよ。


FENDER
Classic Series 72 Telecaster Custom Black
在庫状況:取扱中止
価格:86,800円(税抜)
(税込 95,480円)
参考になった人数:5人(8人中)
(3.0) 改造の素材としてはいい買物でした 2017/11/19
待つ事約3週間、到着しました。
外部の仕上げは合格。キレイなもんです。
最低限の出音(なんかショボイ音? しかも不安定?)を確認した後、
PGを外して配線チェック。
で...大当たり! POTに1ヶ所 完全に半田なしを発見。(^-^;)

MX製はこの1年間で3本見ましたが、半田なしはストラトに次いで2本目。
他1本(シンライン)は フロントPUの引出し線が断線寸前でした。
この事から、MX工場での配線作業の甘さは、常態化しているのでしょう。
機械任せにできない細かい手作業は、彼の地のアミーゴは苦手のようですね。
しかも検査もパスしてしまうから、お手上げです。
みんな早く帰ってテキーラでも飲みたいのかな?(笑)
まぁ今の日本も、偉そうな事は言えない状況ですが。

でも、こういう「難ありロット」を回されているのかも知れませんよ。
SHさん、一度確認されてはいかがですか?

気を取り直して、ストーンズ・マニアの友人と本題の改造開始。
ご本家のスペックは調査済ですが、それとドンズバにしても同じ音は
出るはずないので、とにかく「骨太なロケンロー」を目指します。
POTを250から1Mへ、リアPUはFenderUSA-70年代の中古PUに、CAPはMONTREUXの
Retrovibe Oil Capacitor 0.022uF 400VDCに変更。
配線材も、一部を除いて総取替え。 
ブリッジは(見た目重視で)ご本尊と同じブロック6連にしました。

最後にご本家のトレードマークでもある ハーレーの”more than a machine”の
ステッカーをボディ裏に貼って完成。
改造前よりは格段に元気な音になりました。
Hampton Liveの音が出たのはビックリしました。
ワイヤレスでつなげば、さらにあの雰囲気に近づきます。

Japan製と違って、CTSの部品が使われていて、改造もインチサイズのUSAパーツが
そのまま使えたのはラッキーでした。

でもルックスは やっぱ迫力あるなぁ。
ホレボレしてしまいます。(*^^*)

ご協力頂いた超マニアのお二人に感謝です、m(_ _)m

総じて手作業工程と検査の甘さはありますが、改造前提の素材としては、
手頃な買物でした。

GRETSCH
GS-5446
在庫状況:在庫あり
価格:527円(税抜)
(税込 580円)
参考になった人数:1人(1人中)
(5.0) 気分は チャーリー・ワッツ (^_^) 2016/12/06
いつもはスタジオやステージにあるドラムセットを
使いますが、どんなセットでも、タムにこれをチョコンと
立てておけば、気分はチャーリー・ワッツになれます。
(笑)

ストーンズ・ファンには お勧めします。

VIC FIRTH
VIC-CW
在庫状況:在庫あり
価格:909円(税抜)
(税込 1,000円)
参考になった人数:0人(0人中)
(5.0) ファンとしては、マストでしょう (^_^) 2016/12/06
現在、ローリングストーンズ関係でシグニチャーモデルが存在するのは、
このチャーリーのスティックと、ロン・ウッドのギターくらいでしょうか。
ストーンズ・ファンなら、是非押さえてくださいな。

普段は5A5を使っている者としては、異常な太さに驚きです。
あの老齢で、このスティックは大変でしょうが、タムの裏までドット付きの
ヘッドを貼る独特のドラムセットなら、これくらいの太さがないと
パワーがでないのかも。

LUDWIG
LM404C
在庫状況:在庫あり
価格:45,273円(税抜)
(税込 49,800円)
参考になった人数:8人(16人中)
(5.0) 歌モノのバックには 最適かも? 2016/12/06
元ちとせの「ワダツミの木」という大ヒット曲がありますね。
ボクは歌モノのドラムのお手本として、大変参考に
していますが、あのスネアの音も大好きなんです。
で、あの音は、この404Cを使っていると思っています。
初めて叩いた時、アルミ独特の倍音が広がって、
「これだ~!」と感動しました。

後日、年配のプロの方とお話していると、一昔前は歌モノや歌謡曲に使う
スネアとしては、定番だったと教えてもらいました。
歌を殺さず邪魔をせず、でも存在感があり、曲調が変わってもチューニングを
あまり変えずに対応できるのが良かったとの事。
また超軽いので、移動が楽チンです。

歌モノのバックで叩いて人には、お勧めですよ。
個性のぶつかり合いを楽しむロックバンドには 不向きでしょうね。


LUDWIG
LM-400
在庫状況:5/20頃予定
価格:60,727円(税抜)
(税込 66,800円)
参考になった人数:36人(45人中)
(5.0) 最初はコレ、これからもコレ 2014/07/26
その昔、初めてマイ・スネアを買う時に、あれこれ悩んで、先輩に相談しました。
先輩曰く、「最初は音の違いなんて解らないから、超ド定番を叩き続けて、自分の中に音の基準を作るのが大事。 四の五の言わずに、LM400にしろ。 絶対後悔しないから」との事。
結果、大正解でした。
たまに他のスネアに浮気する事もありますが、最後はコレに戻ってきます。
楽器の世界で、これほど超ド定番の地位を守り続けている物は少ないんじゃないかな?
LM400はスネア・ドラムの基準です。
後悔はしないと思いますよ。

GRETSCH
G4160
在庫状況:在庫あり
価格:51,636円(税抜)
(税込 56,800円)
参考になった人数:14人(14人中)
(5.0) まさに that great gretsch sound ♪ 2014/07/26
普段はLM400を使っていますが、そちらと比べての感想は、
☆音がデカい
☆音が太い
☆音が広がる
という所でしょうか、とても良いスネアです。
That great gretsch sound とはこういう音なんだと思いました。
その一方、裏返しで「クセが強い」「オッサンくさい」とも感じられ、バンドのメンバーは音色が軽くて明るいLM400の方が良いみたいです。
いいスネアなのになぁ。


FENDER
Custom Shop Texas Special Tele Pickups Set
在庫状況:在庫あり
価格:15,909円(税抜)
(税込 17,500円)
参考になった人数:4人(10人中)
(5.0) やっぱり、イイなぁ。 2013/09/06
ずっと昔、ギターの先輩が話してました。
「音楽に迷ったら、最後はB.B.Kingに還ってみればいいよ」
ボクは、Telecasterの音色やPUに迷った時は、このTexas Specialに還ってきます。
すごいパワーとワイルドさがありながら、暖かみがあって、音の芯をつぶさない絶妙のバランス。
またパワーがあるので、載せるギターを選ばないという利点もあります。
(ここは賛否両論があると思います)
Telecaster本来の、枯れたサウンドではありませんが、60-70年代の音楽をされるのでしたら、一番のお勧めです。

SQUIER
Classic Vibe Telecaster '50s Butterscotch Blonde
在庫状況:取扱中止
価格:44,800円(税抜)
(税込 49,280円)
参考になった人数:23人(28人中)
(5.0) とっても良いですよ! 2017/11/23
大変綺麗な仕上がりですし、貧弱な(失礼!)電気
パーツを補ってあまりある、大きな音量と、豊かな
倍音が出ます。

おそらく、材と木工加工が良いのでしょう。
材のパインは一部のヴィンテージにも使用されて
おり、アッシュ程標準的ではありませんが、ポプラや
バスウッドよりはTelecasterには向いていると
思います。

可能性を感じましたので、バンド仲間に頼んで電気
パーツを総取替えした処、それまでメインだったUSA
をサブに降格させる程、いいギターになりました。
皆さんにお勧めできるギターだと思いますよ。

ただ どんなギターでも固体差があるので、ご注意
くださいね。
私は単にラッキーだったのかも知れません。

後は 経年変化です。
時間の経過による音やネックの変化は、判定に
時間がかかりますが、まぁ大丈夫かな?

それが解るまで、楽しく弾かせてもらいます。

2017年11月 追記
いろいろ実験しましたが、このギターの音の良さは、
塗料にあるのでは?と解ってきました。

ポリでもない、ましてやラッカーでもない、かなり特殊
な塗料で、特徴なとても固くて分厚い事。
通常ポリ塗装ならドライヤーなどで簡単に剥がれま
すが、これえはビクともしません。
強力な電動グラインダーで何とか削り取ると、まぁ
目も(?)当てられない音になりました。

超固い塗料で表面をガッチリ固定して、それが音の
基礎を作っていると考えています。
この工法なら材を選ばないので、コストダウンが
できているんでしょう。

しかし、これはレリック加工はできません。(笑)
それをお考えの方は、お止めになった方がいいです
よ、とご忠告させてください。



デッチー さんのプロフィール

レビュー投稿数:10件

住所:奈良県

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top