ここから本文です

2022年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。本年も皆さまにとって素晴らしい年になることを心からお祈り申し上げます。

Withコロナという言葉がすっかり定着し、オリンピックの無観客開催をはじめ様々なことがオンラインで行われた2021年。9月にはデジタル庁が設立され、「メタバース」という言葉が急速に広まるなど、世界を巻き込むデジタル化の流れは今後もますます加速していくことでしょう。今まではネット通販を時々しか使っていなかったというような人も、ほとんどの買い物がオンラインになってしまったという声もよく耳にするようになりました。また音楽分野においてもTikTokなどのSNSをきっかけに大ブレイクをはたし、日本のシーンを席巻しつつある今の状況を見ると、エンターテインメントの主戦場はすでに切り替わりつつあるのだなと改めて感じています。

そして想定を大きく上回るほどのサプライチェーン問題。過去、輸入に大きく依存していた牛肉が入荷されず牛丼が販売中止になるなど、特定商品での品不足・欠品はありましたが、ここまで大規模なものは想像すらしていませんでした。今まで当たり前にできていたことが当たり前ではなくなり、商品を作り、お客さまに届ける、ただこれだけのことがどれだけ大変で重要なことなのかを改めて思い知らされた1年でもありました。そのような状況の中、日本全国のサウンドハウスファンの皆さまから励ましや感謝の言葉をかけていただき、社員一同、改めてお客さまに支えられているのだと実感し、全国の音楽ファンのために恩返しをしなければという思いがより一層強くなりました。

私たちは、音楽の力で日本中を元気にしたいという信念のもと邁進してきました。その思いは今もこれからも変わることはありません。また、オンラインでのコミュニケーションが広がる中、音楽という文化を通じて人と人との想いを繋いでいくこと、それこそがサウンドハウスの新しい存在意義なのだと強く感じています。2022年のサウンドハウスにぜひご期待ください。

  • 株式会社サウンドハウス
  • 代表取締役 鎌田知泰

« 戻る

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram