ここから本文です

SCHALLER ( シャーラー ) / Tremolo Les Paul BC / LP-BC

SCHALLER ( シャーラー )  / Tremolo Les Paul BC / LP-BC

  • SCHALLER ( シャーラー )  / Tremolo Les Paul BC / LP-BC 画像1
  • メーカーサイト
■ギター用トレモロユニット
■カラー:ブラック
■Stud pitch 75mm Stud 7.2mm
■.008~.010ゲージ弦まで使用可能
■LPタイプギター用トレモロ。ボディ裏にスプリングキャビティ加工せずに取付可能です。

商品レビュー

  • 総合評価:11100(3.0)
  • レビュー数:1
5
0件
4
0件
3
1件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2014/10/13

111TOMブリッジのギターが、比較的簡単にトレモロ付に!

投稿者名:ひで 【岡山県】

TOMブリッジのギターに、比較的簡単にトレモロを付けられます。

「比較的」であって「ポン付け」ではない点は:
①ブリッジのスタッドは、附属のものと入替えが必要
  その際の問題点は:
  ・スタッドボルトは、寸法図ではM6だけど、日本のM6とはピッチが違う
  ・ピッチが合っても、スタッド間隔は同じか?
   スタッド間隔については、取替え可能な付属パーツで、2mm位までなら対応可能
  ・元々ネジが違うと、スタッドアンカーごと入替えが必要
   アンカーがΦ7mmでないと、穴を埋め開け直す必要あり
②テールピースの固定ボルトと入替えるパーツは、寸法図ではM8だけどM9の太さがある。ピッチも日本と違う。
③ブリッジスタッドと、テールピーススタッドを、付属のメガネ型(寸法図3の一番右)のパーツで繋いでアースを取るのだけど不格好。ブリッジスタッドからアースを取る加工が必要。
-----------------------
トレモロの構造としては:

①裏側の5本のコイルスプリングが、アーミングで伸び縮みする。
②スタッド部に付いている板バネは、アーミング用ではなく①のスプリングが縮み過ぎない様に制限する為のもの。
③アームを放した時に垂れ下がる程度は、アーム根元のキャップナット?で簡単に調整出来便利。
④音程は、十分大きく揺らせられる。

問題点は:
・弦を張ってないと、ブリッジのナイフエッジは比較的簡単に溝から外れ、直すのが面倒。
・弦を張った状態で、ブリッジの高さ調整がとてもし辛い。
 弦を緩めて、ブリッジをテール側にずらし、スタッドボルトをフリーにする位にしないと調整できない。
・ブリッジの角度がアーミング前後で一定せず、チューニングが狂いやすいのは、大きな問題点。
 ロックナットも付けてみたけど、大きな効果は無かった。
 少なくとも、板バネに接触する部分の潤滑が必須。とてもメンテし辛い所だけど、ここの摩擦は大きく、潤滑しないとチューニングが狂いまくる。

レビューID:51611

参考になった人数:19人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

SCHALLER (シャーラー)
Tremolo Les Paul BC / LP-BC

商品ID:67577

¥23,800(税抜)

(¥26,180 税込)

  • 値下げしました
  • 送料無料

261ポイント内訳

  • 261Pt

    通常ポイント

  • 261Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top