ここから本文です

サウンドマート

Line 6 ( ライン6 ) / DL4 MkII ディレイ・モデラ―

Line 6 ( ライン6 )  / DL4 MkII ディレイ・モデラ―

  • Line 6 ( ライン6 )  / DL4 MkII ディレイ・モデラ―画像1
  • Line 6 ( ライン6 )  / DL4 MkII ディレイ・モデラ―画像2
  • Line 6 ( ライン6 )  / DL4 MkII ディレイ・モデラ―画像3
  • Line 6 ( ライン6 )  / DL4 MkII ディレイ・モデラ―画像4
  • Line 6 ( ライン6 )  / DL4 MkII ディレイ・モデラ―画像5
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
かつての名機DL4の進化モデル!旧モデルの面影を残しつつ、最新のフォーマットにアップデートされた本格ディレイペダルです。
1999年に発売された「DL4」は、ルーパーも搭載した多機能性とその卓越したディレイエフェクトで、"グリーンボックス"の愛称とともに、20年以上にわたり世界中のミュージシャンから高い支持を得てきました。『DL4 MkII』は、その「DL4」のシンプルなユーザー・インターフェースを継承しつつ、定評のあるHXファミリー・アンプ/エフェクトから継承された15種類の新たなMkIIディレイを搭載し、軽量小型化・多機能化を実現した後継モデルです。

シンプルかつ堅牢な構造
オリジナルのDL4と同じノブやフットスイッチのレイアウトにより、慣れ親しんだ操作性を実現。筐体には過酷な使用環境にも耐えうるアルミニウムを採用。

30種類のディレイ・モデル
オリジナルのDL4に搭載されていた15種類に加え、Helix/HXファミリーから継承された15種類のディレイを新たに追加。音作りの幅が大いに広がりました。

進化したルーパー機能
4スイッチもしくは1スイッチのルーパーは最大240秒の録音が可能。別売のmicroSDカードを使用すれば、数時間まで録音時間を拡張することも可能です。

充実の入出力端子
ステレオ仕様の標準フォーン入出力端子に加え、ダイナミック・マイクやアコースティック楽器用のXLR入力端子、MIDIイン・アウト/スルー端子、エクスプレッション・ペダルもしくは最大2基までのフットスイッチ用端子を装備。汎用性・拡張性も向上しました。

3種類のバイパス・タイプ
バッファード/DSP/トゥルーの3種類からバイパス・タイプを選択可能。バッファード及びトゥルー・バイパスは、入力信号をA/D/A変換することなく、ダイレクトに出力することができます。

小型軽量化とDC電源への対応
オリジナル・モデルに比べて大幅な小型軽量化を実現し、機動性が向上。また、DC電源への対応により、同梱のDC-1g電源アダプターの他、標準的な9Vセンターマイナス電源も使用可能です。

■寸法・重量
寸法 : 5.1 x 23.5 x 11.4cm(高さ x 横 x 縦)
重量 : 0.92㎏

スペック比較表

DL4 DL4 MkⅡ
ディレイ 15 30
リバーブ - 15
ルーバー ○(最長28秒) 2Mode(最長240秒)
In / Out 2/2 2/2
Mic in -
MIDI - In / Out thru
MicroSD -
USB - USB-C
電源 PX2 9VDC
Trail
バイパスオプション 2タイプ 3タイプ + Dry KILL
TAP
音符指定TAP Rythmic Delayのみ 全Delay
ルーティング -

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.7)
  • レビュー数Reviews13
この商品のレビューを書く

2023/09/30

11111もはや楽器

投稿者名Reviewed byqqqq 【神奈川県】

この多機能マシンを使いこなすいは、マニュアルを熟読しアルゴリズムを理解、学習する必要があります。しかし、シンプルなデザイン、直感的な操作性、想像を掻き立てられるサウンド、エフェクターというよりもはや楽器です。

レビューIDReview ID:143601

参考になった0

2023/09/19

11111エレキ初心者でも使いやすい

投稿者名Reviewed byapoyuru 【東京都】

エレキ初心者です。最近仕事でエレキを使うことがあり、それ以来レパートリーの拡充のためにエレキを勉強しています。エレキギターの超有名曲といえばRomitelliのTrash TV Tranceですが、ルーパーに逆再生機能が付いているものが必須です。この曲を演奏するためにルーパーをいろいろ探していましたが、結局ノーテーションの指定通りのこのエフェクターにたどり着きました。エレキ系統に詳しい知り合い何人かに訊いたところ「買って絶対損はない」ということだったので早速購入。
使ってみた感想ですが、素人が触ってもかなり直感的に操作できるのはとてもありがたいです。他の方のレビューで書かれていますが、他にもいろいろな設定をすることができます。詳しくはマニュアルをダウンロードして熟読することをオススメします。どのような面白いことができるか毎日いじくり回しています。
いずれ将来的にはエレキを使った作曲もしたいと考えているので、是非これを利用してこのエフェクターならではの音楽を作りたいと思っています。マイク入力もあるのでヴォイスパフォーマンスでも大暴れできそうです。本来の想定している使い方がどうなのかはわかりませんが、今まで自分の発想には無かった新しい音楽表現ができると感じ、購入して大変満足しています。

レビューIDReview ID:143295

参考になった1

2023/08/18

11111プレイヤー目線で考えられた多機能ディレイ

投稿者名Reviewed byむっしゅ 【熊本県】

様々な多機能ディレイを使用してきてこちらに辿り着きました。
プレイヤー目線で作られたとてもいいペダルだと思います。
このペダルはtapスイッチに様々な機能を割り当てられます。
その中でも特にいい機能が本体のプリセットを3つから6つに拡張できる機能と、いつでもルーパーにアクセスできる1スイッチルーパー機能です。
プリセットを拡張する機能は、tapスイッチでbank1とbank2を切り替えられます。
それぞれ3つのスイッチに2つずつプリセットを保存でき、それをtapスイッチで切り替えるといった感じです。
ディレイを数種類使いたいけどmidiで制御する程ではない、というプレイヤーも多いと思います。
そういう人にとって6つのプリセットに本体のみでアクセスできるのは丁度いいと思います。
また、1スイッチルーパーという機能があり、tapスイッチにルーパー機能を割り当てることもできます。
感覚としてはtapスイッチがditto looperになるような感覚です。
ライブなどで瞬時にルーパーが使えるのはもちろん、ちょっとした曲作りなどにも使用できるのが利点です。
個人的にはこの2つの機能がとても魅力的でした。
価格的にも他の多機能ディレイよりも安いですが、音質も申し分ないです。
ただ1つ気になる点はオンオフ時の音切れです。
しかしこちらもグローバル設定のdry pathをアナログに切り替えたら改善されたので一応良しとしています。
多機能ディレイで色々と検討している方は試してみる価値ありです!

レビューIDReview ID:142491

参考になった3

2023/07/30

11111アナログな操作性を持ったクリエイティブマシン

投稿者名Reviewed byRYSK 【埼玉県】

今回、DTMでギターRECの際に使用したいと思い、直感的に操作できるアウトボードとして購入しました。
「TWEAK」「TWEEZ」ノブのパラメーターリストのステッカーは今回はありません。
チートシートで基本的な事は分かりますが、オフィシャルサイトでDLできるマニュアル完全版を読む事をオススメします。
・ディスプレイがないため、設定が数値として見えませんが、コンパクトエフェクターの感覚で直感的に操作できます。
・リバーブの設定は、常に「ALT/LEGACY」ボタンを押したままになります。
 そのため、片手で操作するには難があり、バンドで演奏中などは、操作しづらいかと思います。
 また、ディレイとリバーヴを同時使用していて、リバーブだけ変更したい場合、
 実際に音を出しているディレイモデルと、モデルセレクターノブの位置が変わる(リバーブを変更したため)状態があります。
 これは少々慣れが必要かなと思いました。
・MK2ディレイモデルの中にある「ADT」のTWEAKパラメーター「Distortion Deck2」が、
 テープサチュレーション効果で、とても気持ち良い歪みが生まれます。
ギター使用だけでなく、DJミキサーのSENDに接続し、レコードの音や、サンプラーにかけてみました。
楽しくて時間を忘れます!
王道なディレイから、新感覚なモデルまで、振り幅は広く、色々とアイデアが出てきます。
ギタリストだけでなく、DJ、キーボーディスト、クリエイターにオススメできるエフェクターです。

レビューIDReview ID:142020

参考になった3

2023/07/11

11111にやけてしまう魔法のグリーンボックス

投稿者名Reviewed byJohn Anthony 【静岡県】

mkⅡで初めてDL4を触りました。
元々初代に憧れていましたが、デカすぎる本体とデカいアダプターに阻まれ手を出せていませんでした。
しかし、今回のサイズダウン、エフェクト数の増加、そしてなにより機能性、外観の素晴らしいアップデートにより購入に至りました。
また、初代の二倍近い価格であるにもかかわらず、手を出さずにはいられない魅力があります。
使った感想ですが、一言で言えば「飽きません」。
とにかく高質なエフェクトが多く、多くのディレイは弾くたびに新たなインスピレーションが湧きでてきます。
レガシーももちろんですが、新たなディレイについてはどれも聴いた瞬間からにやけます。
シークレットリバーブも種類が多く、一般的なものからコスモを感じられるものまであり、時間を忘れました。
スプリングからシマーまで各種取り揃えてあります。
機能面として、ルーパー機能とディレイの併用、リバーブとディレイの順番入れ替え、実は6つバンクがあるなど、高額であるにもかかわらずお得感が満載です。
音質も申し分なく高音質で、ディレイについてはアナログに拘っていた私も凝り固まった考えが改まりました。
ちなみにアナログ発振も簡単にできます。
私の推し所は、プレイヤー目線の4つのスイッチ間隔、ルーパーエフェクターの肝となるスイッチ感覚の2つです。
実際に踏んでみて、押し間違えのない間隔◎
ルーパー使用の際、タイミングを外さないスイッチ感覚◎
言う事なしです。
個人的に本体の色がほんのちょっと安っぽい緑だと感じましたが、もうそれも個性の一つに見えてきました。
取り止めのない感想でしたが、数多くの影響力を誇ってきた初代からアップデートされた2代目もまた多大な影響力を誇っていくものと思われます。

レビューIDReview ID:141562

参考になった1

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

Line 6 ( ライン6 )
DL4 MkII ディレイ・モデラ―

商品ID:306025

通常価格:¥47,800(税込)

¥35,280(税込)

  • 送料無料

1,763ポイント(5%)内訳

  • 352Pt

    通常ポイント

  • 1,411Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 1,763Pt

    合計

閉じる

限定特価

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram