ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

One Control ( ワンコントロール ) / Honey Bee OD

One Control ( ワンコントロール )  / Honey Bee OD

  • One Control ( ワンコントロール )  / Honey Bee OD画像1
  • One Control ( ワンコントロール )  / Honey Bee OD画像2
  • One Control ( ワンコントロール )  / Honey Bee OD画像3
  • One Control ( ワンコントロール )  / Honey Bee OD画像4
  • One Control ( ワンコントロール )  / Honey Bee OD画像5
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
Honey Bee ODは、アンプライクペダルの礎を築いた伝説のオーバードライブペダル"BJFe Honey Bee OD"をBJF本人の設計で新たに制作したペダル。手元のタッチでクリーンからオーバードライブまで調整できるダイナミックレンジを備えています。One Controlバージョンではリリース当初のHoney Bee ODのサウンドを得られるVintageモードと、軽くゲインアップしローエンドの質感を現代的にしたModernモードの切り替えも可能です。
■特徴
オリジナルHoney Bee ODはオールドSuproアンプのサウンドからインスパイアを受けて制作され、2002年12月4日にリリースされました。エレキギターとクリーン~クランチ程度に設定されたギターアンプに最適なオーバードライブペダルで、他のエフェクトや歪んだアンプと組み合わせても最適に動作し、太く暖かなオーバードライブキャラクターを作ります。
特に手元のタッチでクリーンからオーバードライブまで簡単に調整できるダイナミクス、その圧倒的なレスポンスは古い小さなアンプを使用したようなヘッドルームとフリーケンシーレスポンスで、大きなアンプであっても小型アンプでレコーディングしたような音色が得られます。
クリーンアンプに接続すればピッキングやギターVolumeにより音色での表現を高めることができます。フラット弦ではメロウなトーンに、ラウンド弦ではオールドスタイルの軽い歪みが得られます。軽く歪ませたアンプをプッシュすると、コンボアンプ特有の倍音成分が歪むような特性が表れます。実際のゲインは高く設定していないのに強く歪ませたような迫力のトーンとなります。つまり、音色に芯と貫通力を持たせたまま、ゲインを上げたドライブトーンの迫力を同時に実現しています。

■プリアンプ的に
アンプ直前に接続し、音色全体を整えてソフトなレスポンスとローミッドを少し持ち上げる特性を作るプリアンプペダルのように使うこともできます。

■2つのモード
Honey Bee ODは、長年制作される中で、細かな変更が施されています。基本の音色特性が変わることはありませんが、制作された時期により、細かな特性の違いがあります。One Controlでは、リリース当初のHoney Bee ODと現在のHoney Bee ODの両方を選択可能です。

Vintageモード:
最初期のHoney Bee ODのサウンドです。マイルドでクラシックなオーバードライ
ブトーンと共に、特有のハイレスポンスで甘いトーンを作ることができます。

Modernモード:
現在のHoney Bee ODのサウンドです。Vintageモードと比べ、軽くゲインアップ
され、特にNatureノブの可変範囲の違いによるローエンドの出力が広くなり、現代的なシーンに合わせたトーンを作ることができます。
One Control 製品カテゴリー一覧

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews2
5
2件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2018/08/16

11111とても素直

投稿者名Reviewed byたこ焼きおいしい 【茨城県】

最初に使った印象は、正直あんまパッとしないな?
という印象だったのですが
歪みとしてはキャラが弱いというか
どこまでも素直な特性のせいなんだと思いました。
あくまでクリーンの延長に歪みがあるという
考え方の人に向いてる歪みだと思います。
手元Volの追従性はもちろん
ブースターのキャラなんかもそのまま出るので
ファズをブースターとして踏みっぱなしで
手元で調整する使い方の方にもオススメです。
そこまで歪むわけではないですが
ブースター乗りもいいので
組み合わせで色々試すのもいいかもしれません。

レビューIDReview ID:84570

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2017/12/21

11111プリアンプとして使用

投稿者名Reviewed byシンライン 【愛知県】

BJFe/BearFoot、派生モデルのSHODの評価が高いので購入

ギター→HBOD→TU-88→CD900
ギターはテレキャスターシンライン(シングルコイル、フロントPUメイン)
シールドはカナレ

・音
十分プリアンプとして使用可能と感じた
得意領域はローからミッド
他のモデル同様あまり歪はしないが、迫力があるので昔のHRくらいならこなせる
スプロのアンプの音かといわれれば「似ているのかな?」程度だが、ブルース系の真空管アンプっぽい音はする

・使用感
ギター側Vol、ピッキングへの追従は真空管アンプ並かそれ以上にいい
ギター側Vol操作の感覚はファズフェイスに近い印象

・Natuleノブは派手に効くフリーケンシー的な印象
気持ち悪いポイントもあるが、他のペダルのToneよりも使い易い印象

・モード切替
Vintageのがこもって聞こえたが、使用アンプによって切り替えるべき物かと
たとえばハイがきついアンプにはVintage
こもりがちなアンプやリターン直ならばModern

また、ギターのToneを絞りきって使う(いわゆるウーマントーン)はModernモードなら使えるかと


・その他
まだ大きなアンプで鳴らしてはいないが、古いロックやブルースの音を求めてる人なら値段以上に使える
真空管アンプのクリーンに入れるのが一番本領発揮しそうだが、たぶんJC120とかでも活躍してくれそうな予感

また59preの前段にブースターとして仕込んだら、ローミッドを美味しく持ち上げてくれたので、ローミッド重視のブースターとしてもなかなかに優秀

個人的に弾いていて疲れない良いペダルだと感じた

正直、ギターの楽しさを教えてくれるペダルなので初心者の方に特におすすめ

以上、駄文失礼。

レビューIDReview ID:78385

参考になった人数:18人

18 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

One Control ( ワンコントロール )
Honey Bee OD

商品ID:243924

¥19,440(税抜)

(¥21,384 税込)

  • 送料無料

2,137ポイント内訳

  • 213Pt

    通常ポイント

  • 1,924Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 2,137Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

BJFe series

  • One Controlによる挑戦の最終章と言われるBJFeシリーズ。名機と呼ばれたモデルの名を冠したペダルを、One Controlの元で制作。

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top