ここから本文です

DTMセール情報まとめ

SOFTUBE ( ソフチューブ ) / Console 1 Mk II

SOFTUBE ( ソフチューブ )  / Console 1 Mk II

  • SOFTUBE ( ソフチューブ )  / Console 1 Mk II画像1
  • SOFTUBE ( ソフチューブ )  / Console 1 Mk II画像2
  • SOFTUBE ( ソフチューブ )  / Console 1 Mk II画像3
  • SOFTUBE ( ソフチューブ )  / Console 1 Mk II画像4
  • SOFTUBE ( ソフチューブ )  / Console 1 Mk II画像5
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
■専用プラグイン&コントローラー

サウンド&レコーディング誌の 「SOFTUBE Console 1」製品レビュー公開中です

次世代のミキシング・システムConsole 1 がMk II にアップデート。クラシックなコンソール・サウンドをもたらすSoftube チャンネルストリップおよびプラグインに加えて、UNIVERSAL AUDIO のConsole 1 対応EQ/ダイナミクス系プラグインをロードできるようになりました。パワフルなUNIVERSAL AUDIO エンジンをConsole 1 のフォーマットで直感的にコントロールすることが可能です。

■主な特徴
・SSL SL4000Eチャンネル・ストリップ・プラグイン付属
・UNIVERSAL AUDIO のプラグインをロード可能 *
・負荷の軽減に有効なBypass 機能で単独またはすべてのConsole 1 チャンネルをバイパス可能に
・新設計のハードウエアでLED の視認性が格段に向上
・別売のBritish Class A とSSL XL 9000K で拡張可能

*UAD-2 DSP アクセラレーター、Apollo Twin オーディオ・インターフェース等
が必要です。
対応プラグインについては、下記メーカーサイト下部ののFAQ欄をご確認ください
メーカーサイト

■動作環境
・WindowsおよびMax OS X共通
1280x800以上の画面解像度
1GB RAM以上、900MB以上のドライブ・スペース
VST、VST3、AUまたはAAX(Pro Tools 10.3.7、11.2.1以降)対応のDAW
USB 2.0互換のバスパワー端子
iLok License Manager(iLok USBキーは必須ではありません)
インストーラーのダウンロードおよびライセンス登録のためのインターネット環境

・Max OS X
Mac OS X 10.8以降

・Windows
Windows 8以降、Windows 7(最新のService Pack、32/64Bit)
Intel Core Duo、AMD Athlon 64 X2または最新のプロセッサー

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews2
5
2件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2020/10/25

11111この操作感はクセになる。プラグインの音質も良い。

投稿者名Reviewed bypurpleheiji 【東京都】

・コンソール本体
【Console 1プラグインの全てのパラメータに対応した専用ボタンやつまみ】
プラグイン画面上のつまみをマウスでチマチマと調整するストレスから解放。マウスを操作しすぎて手が痛くなる事や、画面を長時間凝視し続けて目や頭が痛くなる事が激減した。これらが減る事で、ミックス作業を始める時にあった「また疲れるの嫌だなぁ」という心理的抵抗感も激減 (これ結構大事)。
【履歴機能が便利】
セッションファイルを開いてから閉じるまで、Console 1での操作履歴が全て保持されているので、簡単に操作のリコールが可能。
・プラグイン
【付属のSSL SL4000Eチャンネルストリップが優秀】
通しただけでアナログトランジスタコンソールそのものの濃密な音。EQが非常に優秀で操作性も抜群。イコライジングが楽しいと言う、DAWでは今までなかった感覚。Shapeは、ゲートとトランジェントの調整が出来る。質は高いし個人的には十分なのだが、あまり細かい調整は出来ない。Compは素直で悪くないが、他のSoftube製コンプが良すぎるため印象が薄い。
Driveは、思いっきり歪む訳ではなく、品良く倍音を付加する機能。Characterつまみで音色が変わり、プラス方向に回すと音が前に出て、マイナス方向に回すと引っ込む。ボーカルトラックを前に出したい、ドラムやギターを後ろに引っ込めたい、というような時に少し回すだけで簡単に調整出来る。
【Console 1対応のSoftubeプラグインや専用アドオンがロード可能】
Softubeの大体のプラグインが対応している。特にコンプはTube-TechやChandler Limited等の超ハイクオリティなものが使えるのが良い。
【コンソール本体がないと出来ない操作】
「チャンネルストリップや各セクションの入れ替え」と「履歴機能」は本体からしか出来ない。
【ProToolsでの機能制限】
つまみが機能しないのは、モノトラックでのPan、エフェクトセンド量のみ。Console 1プラグインをインサートすると、トラックナンバーが自動的に割り当てられ(挿した順に若い番号が付く)、トラックネームも自動で表示される。公式サイトを見ると、ProToolsだと出来ない事だらけのような印象を受けるが、そんな事はなく、普通に使用できる。

レビューIDReview ID:110440

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/06/24

11111フィジコン界の革命児

投稿者名Reviewed byかまあげおうどん 【愛知県】

 「マウスを使わない音作り」、デジタルしか触ったことがない人には興味がわきにくい分野だと思います。
私もデジタルから入って、実機のコンソールを触るようになった人間です。
ですが、マウスよりも、実機のコンソールよりも使いやすいです。
 Consoleにはソフト・プラグインの利点とハード・アナログの利点を兼ね備えています。
そして、他のフィジコンのような煩わしさはありません。
 まずプラグインのEQの利点とは何でしょうか。それはリコールが容易な点と狭小なQや多バンド、スペアナなどUIがグラフィカルな点です。
アナログのEQの利点は?同時に複数のツマミを回せる(地味に大事)、バンド数やQ値など設定の融通がきかないからこその、ハードウェア設計者の音楽的思想が反映されやすく、いい結果を得やすいこと。ツマミ同士が相互干渉する、いい意味での再現性の低さ。トランスによる飽和で極端なブーストしても歪みによって、周波数特性が平滑化されたり、狭いQで削っても下のブーストによる歪の差音効果を得られやすく、デジタルほどEQ感が出にくいこと。
 これらがどちらもConsole 1のフィジコンとConsole 1のためだけのプラグインには出ています。
 ツマミもいい感じに重くてSSLのコンソールとかよりも操作しやすいです。
ロータリーエンコーダの値の増減の仕様を変えられるのも最高。
自分の操作しやすい仕様にハードウェアを整えることができます。
 また、Console1を複数チャンネルに刺しまくっても動作が軽いのは嬉しいです。
同社別売りプラグインもConsoleシステムに組み込めますが、最高のサチュレータ、harmonics dynamic distortionやTapeなどはすこし重く、MBP(16インチ2019のいいCPUの方)では全トラックには刺せないです。
UADはSSL系・NEVE系などの自社との競合製品や、Bx社プラグイン、新しい製品は対応していませんので、そんなに期待しないほうがいいです。
付属のSSL4000はアナログ感と機能性もいい感じですがベストではないです。(普段使ってますが、SSL4000実機がそもそも微妙)
オールジャンルな色合いでBritish A、機能性とクリアさでWeissがおすすめです。他のものはクセの塊なのでお好みでどうぞ。

レビューIDReview ID:105660

参考になった人数:11人

11 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

SOFTUBE ( ソフチューブ )
Console 1 Mk II

商品ID:236850

¥59,800(税込)

  • 送料無料

2,990ポイント(5%)内訳

  • 598Pt

    通常ポイント

  • 2,392Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 2,990Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram