ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

YAMAHA ( ヤマハ ) / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン

YAMAHA ( ヤマハ )  / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン

  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン 画像1
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン 画像2
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン 画像3
  • YAMAHA ( ヤマハ )  / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン 画像4
  • メーカーサイトManufacturer Site
YAMAHAスタジオモニターヘッドホンのリファレンスモデルHPH-MT8は、プロ用モニタースピーカー等で培ってきた技術を注ぎ込んだヘッドホン。「すべての音を、見るために」をテーマに、低音から高音まですべての帯域をバランス良くフラットに再生し、忠実な原音再生を徹底的に追求。プロエンジニア、ミュージシャンが求める高品位なモニターサウンドを実現します。

こちらの
商品も
オススメ!

<特長>
■ドライバーユニットには、CCAWボイスコイルと強磁力ネオジムマグネットを採用した45mmカスタムドライバーを採用。15~28,000Hzの広い再生周波数帯を実現し、全ての音域を余すことなく正確に再生します。
■ドライバーの角度やバッフル、吸音材等の細部まで拘りの高品位パーツを採用。念入りな音響設計を施すことで、音源のもつ情報量を余すことなく再現し、プロフェッショナルの要求に応えるフラットかつ定位感に優れたサウンドを実現します。
■イヤーカップやヘッドバンド、アーム等の音質に影響を与える部品は、不要な共振を排除しサウンドの精度を高めるよう高度な設計がされています。
■耳をすっぽりと覆う大口径のイヤーパッドと適度な側圧は快適な装着性と高い遮音性を両立。クリティカル・リスニングやスタジオ・レコーディング等を行うエンジニアにとって、長時間の作業でも疲労の少ない装着感と、作業に集中できる高い遮音性能を提供します。
■厚みのあるフィット感に優れた大型イヤーパッドを採用。肌触りの良いプロテインレザーと、余計な振動を吸収する厚みのあるクッションは、快適な装着性と高い遮音性を両立します。ヘッドホンからの音漏れを防ぎ、スタジオレコーディング、ライブミックスモニタリングを特に意識した優れた遮音性を実現しています。
■3次元のアームピボット構造と長さ調節が可能なスライダーは、頭部のかたちに合わせて、ぴったりとフィット。誰にでも最適な角度にアングル調整され、長時間の作業でも疲れにくい装着感を実現します。可動イヤーカップにより片耳モニターも可能です。
■高い耐久性の肉厚ABSハウジングとアルミダイキャスト製アーム、汗に強い素材のヘッドバンドを採用。
■スタジオモニターらしい堅剛なデザインとYAMAHAの上品なロゴが特長。折り畳み機構を採用しているため可搬性にも優れています。

<仕様>
■形式:密閉型、オーバーイヤー
■再生周波数特性:15~28,000Hz
■インピーダンス(1kHz):37Ω
■最大入力:1,600mW
■出力音圧レベル(1kHz):102dB SPL/mW
■ドライバー:φ45mm、ダイナミック、CCAWボイスコイル
■ケーブル:3.0m ストレート(脱着式)、1.2mコイル(脱着式)
■端子:3.5mmステレオミニプラグ(6.3mm ステレオ標準変換プラグ)
■寸法(W×H×D、ケーブル、プラグを含まず):161 × 214 × 89 mm
■質量:350g (ケーブル、プラグを含まず)
■付属品:6.3mm ステレオ標準プラグ変換アダプター、3.0m ストレートケーブル(脱着式)、1.2mコイルケーブル(脱着式)、キャリングバッグ(合皮)
商品名
HPH-MT8
画像
カラー ブラック、ホワイト ブラック、ホワイト ブラック
タイプ 密閉型 密閉型 密閉型
スタイル オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー
イヤーパッド 合皮レザー
振動抑制イヤークッション
合皮レザー
振動抑制イヤークッション
プロテキンスキンレザー
振動抑制イヤークッション
ドライバー ダイナミック、40mm
CCAWボイスコイル
ダイナミック、40mm、CCAWボイスコイル(アルミコーティング加工) ダイナミック、45mm、CCAWボイスコイル
周波数特性 20~20,000Hz 15~25,000Hz 15~28,000Hz
インピーダンス 51Ω 49Ω 37Ω
感度 100dB/mW 99dB/mW 102dB/mW
最大入力 1,600mW 1,600mW 1,600mW
ケーブル長 3.0m 3.0m 3.0m(ストレート)
1.2m(コイル)
ケーブルタイプ ストレートケーブル(脱着式) ストレートケーブル 3.0m ストレートケーブル(脱着式)、1.2mコイルケーブル(脱着式)
プラグ 3.5mmステレオミニ 3.5mmステレオミニ 3.5mmステレオミニ
重量 約245g 360g 350g
付属品

・3.0mストレートケーブル

・変換アダプター

・キャリングバッグ(ナイロン)

・変換アダプター

・キャリングポーチ(合皮)

・3.0mストレートケーブル

・1.2mコイルケーブル

・変換アダプター

・キャリングポーチ(合皮)

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

YAMAHAスタジオモニターヘッドホンのトップモデルHPH-MT8。その秘密は「バランスの良さ」にあります。低音から高音までクセがなく、高解像度でカッチリと聴かせてくれる素晴らしい鳴りっぷりが特徴です。特に低音域の解像度が高く、ぼわつかずピシッと再現してくれるのはさすがの一言。分離も良く明瞭感もありフラット。非常に素晴らしい出来のヘッドホンと言えます。

定位の良さと高音のキレの良さも相まって、レスポンスの良いスピード感ある音質が楽しめますので、モニター用としてだけではなく、リスニング用としても使える懐の深さも人気の秘密です。

一言で言うと「気持ちの良い音」。これがHPH-MT8が持つポテンシャルを表す的確な表現と言えますね。

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.7)
  • レビュー数Reviews26
この商品のレビューを書く

2020/07/05

11111細かい所がよくわかるヘッドホン

投稿者名Reviewed byうどん 【兵庫県】

こういうオーディオ機器に関しては一概に言えない部分があるのですが、、使っていて感じた事を書きます。
1kHzと10kHzあたりにピークが有るみたいです。
1kHzにピークが有るため、このヘッドホンでミックスをするとボーカルを小さくしがちなミックスをしてしまいます。
後は、リバーブが気持ち多めに聞こえてしまう(リバーブを少しかけただけでもはっきり分かる)ので、リバーブを少なめにしがちなミックスをしてしまいます。
ですが、最終的な音量調節はスピーカーでしますし、リバーブもスピーカーで調節すると考えると、リバーブがよく聞こえるのは調節しやすくてありがたいです。
コンプのかかり方もよく分かるので、コンプが下手でダイナミクスが死んでるミックスはすぐ分かってしまいます。
音質の良さは素晴らしいですし、自分がヘッドホンに求める細かい所がよく分かるのでとても使えます。
下手なミックスはすぐ下手とわかるヘッドホンだと思いました。

レビューIDReview ID:106143

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/06/17

11111すごいやばい

投稿者名Reviewed byK 【長崎県】

このランクのヘッドホンは初めてで今まではSENNHEISERのHD25を使ってました。聴き比べた感想はHD25に比べてMT8は音がすごく見えるかのようで想像を遥かに超えてきました…!とてもフラットで原音そのもののように聴こえます!付け心地はオーバーイヤーで耳全体を包むタイプで、長時間付けたことないので分かりませんが、今のところ疲れる感じはありません。とても買ってよかったと思います!

レビューIDReview ID:105389

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/05/31

11111スイートスポットが重要

投稿者名Reviewed byRitsMatt 【静岡県】

HPH-MT220の後継機ということで購入。届いてから2時間ほどピンクノイズで弱めのエージング、そして聴き慣れたリファレンス曲を聴いたら最初の印象は「なんだ?こりゃ」な音でした。
めっさ篭った音、ラジオトーン(汗)、不良品?って思ってしまったけど、YAMAHAがそうそう不良品を出荷するとも思えず、
耳への被せ方を、位置をズラしたりヘッドバンドの高さを変えたりしてるとドンピシャ!な位置が出てきた。これは凄い!なんと言う解像度!自分の場合は、先ず耳輪まですっぽり覆うようにイヤ-パッドで被せ、その状態でヘッドフォンを少し前にズラすとドライバーの中心が鼓膜へ音を届けてくれるようだ。良かった、良品だった(笑)。サウンドハウスさん疑ってごめんなさい。
音質は、伝統的なYAMAHAフラット(SPLフラット)でいて、解像度を上げた感じ。ただ倍音系のような、色付け的な輪郭感アップを施した感じではなく、凄くマジメに、ケーブルに入って来た電気信号を音波に変換してるイメージ。これぞモニターという音。
「目の前でミュージシャンが演奏している臨場感のような ” 原音忠実 ” 」
ではなく、
「入ってきた信号をそのまま音に変える ” 原信号忠実変換 ” 」
と言うべきか。
いや、YAMAHAモニターの鳴りを自然且つ、くっきりした感じ。ジェネやADAMや他の有名モニターとは違う方向。聴感上、一番敏感な帯域(ラウドネス曲線で言う所の)が強めに感じるのは、設計思想がリスニングフラットと言うよりSPLフラットだからか(YAMAHA NS-5000もこう言う鳴り)。YAMAHAモニターの音に慣れてないとボーカルが凹んだMIXをしてしまいそう。あと、レコーディングやミックス・マスタリングの甘い、イマイチなコンテンツを聴くといきなりグチャって聴こえる、非常にシビアで高性能なモニターだと思う。
それから、オーディオI/Fのヘッドフォンアンプの性能まで如実に出てしまいます。RME FF800 と Steinberg UR22 と EDIROL UA101で試しましたが、全部鳴りが違う。これは困った。ここまで赤裸々に、あからさまに再生(信号->音変換)しちゃうとは。。。

レビューIDReview ID:103968

参考になった人数:7人

7 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/05/10

11111安定のヤマハ

投稿者名Reviewed by大治郎 【広島県】

 3年ぶりにヘッドホンを使用してみたくなり購入しました。当初は評判の高いソニー MDR-M1STを考えていたのですが、最新ヘッドホンの情報を集めるうちにこちらが気になり購入しました。
 改造狂の自分は到着してすぐにバランス型に改造しました。Lch側のカバーを外し、プラグのアダプタを外して基板から配線を外したら準備完了。後は新たな配線材を半田付けして完成。この間30分程。加工は一切必要なかったので元の状態にも問題無く戻せます。以前使っていたMDR-CD900STに比べてやり易いなー
 音質は高音をキンと出しても刺さり過ぎず、低域の量感が不足する事無く、神経質に感じるソニーより聞き専の自分には合いました。勿論モニター的に使う解像度とバランスを持っているのですが、それよりもソニー製ヘッドホンの数々に比べて圧倒的に聞き易い、気を遣わずに済むというのが快適です。頭が小さめの自分でも凄く快適にホールドしてくれます。自分はヤマハの7・80年代のアンプを愛用しているのですが、同じ安定感を感じられるのが素晴らしいです。

レビューIDReview ID:103816

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/05/04

11111音の粒子が細かく、音楽を聞くのが楽しです。

投稿者名Reviewed byAbleton Newbee 【大阪府】

過去にSONY CD-900STを所有していて、現在はAudio-Technica ATH-m30を10年ほど使用しています。オーディオインターフェイスはNI Komplete Audio 6を使用しています。
今まで買ったことのあるヘッドフォンの中で最も高価なものという理由もあるかもしれませんが、ATH-M30と聴き比べると音の細かさが全く違います。Spotifyのstream最高音質(たしかOgg vorbis 360kbit/s)で音楽きいていますが、waveファイルや非可逆圧縮などでなくても、音質が全く違います。普段はあまり聞かないんですが、クラッシックを聞くと音の違いが一番違いがわかりやすく、M30ではオーケストラの弦楽器がまとまった塊のように聞こえるのに対し、MT8は複数の弦楽器がなっているように聞こえます。迫力や再現力のすごさに圧倒されました。John Mayerなどアンサンブルに重きを置くようなアーティストも楽器がバランス良くなっていて、それぞれの楽器がより明瞭に表現されていてとてもいいです。
マイナス面もあります、細かい音を再生するので、これまで気にして来なかった、録音やミックスの質が気になるようになりました。録音やミックスが素晴らしいものはいいのですが、質が低いと音楽よりもホワイトノイズやだめなミックスに気が取られるようになります。またM-30のほうが、低音を強調して鳴らしてくれるかんじなので、EDMやヒップホップで、低音が全面に出て来たほうがいいような曲は物足りなさを感じました。まあ、スタジオモニターなんで、それが正しいんでしょうが、サブベースを全面にだしている、Billy Ellishのプロデューサーの兄がお気に入りで低音を強調するといわれるATH-M50を使ってミックスまでしていた理由がわかります。
趣味でEDMを久々やり始めていていて、ミックスなどはしていませんが、前述の通り表現力が素晴らしいので、Ableton suiteに付属するピアノ、エレピ、ドラム、どの音も弾いていてとても気持ちがいいです。それらの緻密に録音されたサンプリングの本当の音を初めて聞けるようになっていると感じています。

レビューIDReview ID:103516

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

YAMAHA ( ヤマハ )
HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン

商品ID:228431

¥22,300(税抜)

(¥24,530 税込)

  • 送料無料

245ポイント内訳

  • 245Pt

    通常ポイント

  • 245Pt

    合計

閉じる

約3週間約3週間

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

同等品のオススメはこちら!

この商品に関連するセレクションRelated Articles

MT シリーズ

  • スタジオモニターヘッドホンMTシリーズは、高品位で確かなモニタリングを可能とする精確な再生能力、長時間の作業でも疲労の少ない快適な装着感と作業に集中できる高い遮音性、そして過酷な現場にも耐えうる高い耐久性を実現。プロフェッショナルな音楽制作やレコーディング、ライブSRの要求に高い次元で応えます。

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top