ここから本文です

ケーブル購入ガイド

OYAIDE ( オヤイデ ) / QAC-222G

OYAIDE ( オヤイデ )  / QAC-222G

  • OYAIDE ( オヤイデ )  / QAC-222G 画像1
  • メーカーサイト
■オーディオ用ケーブル
■導体:HC-OFC(アニール) 0.4sq
■絶縁体:PE(ポリエチレン)
■シールド:編組率90%
■内部シース:LDPE(低密度ポリエチレン)
■外装:PbフリーPVC
■切売り1m単位
■赤
※メーター単位の販売です。数量に必要なメーター数を入力して下さい。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.4)
  • レビュー数:11
この商品のレビューを書く

2019/06/11

11111ケーブル探しの旅終了

投稿者名:とるこいし 【神奈川県】

ZAOLLAをずーっと愛用、コイツに辿り着くまでにケーブルに幾ら注ぎ込んだか、、と思っていたらZAOLLAはsold out。オヤイデは良いよ、、とのアドバイスがあり、数ヶ月前試しにForce’77+P275BGで作ってみました。ライブでは使っていませんが、録音においてはベース、ギター共にGoodでした。少々Force’77の「縦筋」は取り回しが、、で今回は、その上を狙うべくQAC-222+NEUTRIK NP2X-Bでやってみました。ベースでの使用では硬く・中身の詰まったイイ感じです。使い分けとしてはギターはForce、ベースはQACかな。どちらも皆様にはオススメ。

レビューID:93069

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/04/11

11111ケーブル硬い。

投稿者名:たか 【埼玉県】

今まではCAJのケーブルを使ってましたが、よりワイドレンジでフラットなのはCAJの方かと思います。
ただし、ワイドレンジでフラットはオーディオ的とも言えるので、そっけない冷たい硬い音になりがちです。
QAC-222Gはよりミッドより下に音が集まっている感じでCAJよりよりギター的な音。
ラインで出す音(マルチやDTM)ならCAJの方が正解かもしれません。
とは言えコードを弾いても分離は良くスピードも速いので一音一音はっきり聞こえます。
モガミ→CAJ→コレの順番で気持ちいい感じです。モガミはのっぺりしてる感じかな。
表題の通りケーブルが硬いんで絶対パッチに向きません。
パッチならCAJの方がいいかも。パッチはもうインピーダンス変換後のはずなのでよほど劣悪な物でなければ大勢に影響ないと思いますから。

レビューID:91333

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/02/20

11111見た目重視

投稿者名:OYAIINE 【愛知県】

外径6mmです(ノギス採寸)太さと硬さを考えるとパッチケーブル用にはエフェクターに隙間ができるので、違うケーブルを選択したほうがいいかもしれません。
ジャックの根元に黒の収縮チューブを巻くと赤が映えてかっこいいです。完全自己満足ですがモチベーションアップに一役かってます!

レビューID:80073

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/01/25

11111気持ちの良いケーブルですよ!

投稿者名:かにかま 【岡山県】

弾いてみた感触として、ワイドレンジですごく元気な印象を受けました。倍音豊かで、ミドルに自然な膨らみがあります。
ドロップチューニングやローBなどでも綺麗に出力されるのでおすすめです。
取り回しの悪さはありますがかなり良いと思います!
純正の日の出光機と自作switchcraftで比較したところ、switchcraftのプラグの方が低域がやや強く、よりフラットな印象になりました。日の出光機のほうがローすっきりでハイミッドがくっきりとしています。ただここは、2芯の処理の違いと半田の違いがあると思います。

レビューID:79388

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/01/30

11111ベース用としての意見

投稿者名:MISSILEME 【神奈川県】

Force 77 と比べると高音の伸びがすごく良い。ただし若干ローとミッドローが蹴られる感じがします。

でもベース用として使えない訳でもありません。 ローに偏っているベースには最適です。ドンシャリ系にはよく合います。試してはいないのですが、多分エレキギター用に使用すると無敵でしょう。

Kester44と FORCE 77純正プラグを使用して作りました。 ケーブルの径が若干小さいので、住友のシュリンクチューブを噛ましてあらピッタリ合いました。

ケーブルは柔軟性に欠けているので人によっては使いづらいかもしれません。だだし断線の恐れは少ないでしょう。

ちなみに使用リグはヘッドにMark Bass Multiamp と PUMA900、 キャビネットはBAREFACED BIGBABYII 及び PJBC4. 

レビューID:79273

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/10/21

11111面白い

投稿者名:pikspeak 【滋賀県】

BELDEN 9778B から乗り換えました。
交換時期だったので、ボード用のシールドを全て交換しました。

他の方が言う通り、高域のレンジが広まり、華やかになったような印象を受けます。輪郭や圧が落ちる事はほとんど無いといっていいと思います。

空間系のエフェクトを使う方でしたら、乗りが一層よくなります。リバーブはより奥行きが感じられるようになりました。
アコースティック、エレアコとも相性がいいのではないかと思います。
よりやわらかい音にシフトするように思います。

そして、作業ですが
剥く工具があれば作業は一層楽になると思いますが、基本的にかなり大変です。
2本の芯線を覆う白いシースは、ペンチ等で全体を優しくほぐして、空いた僅かな隙間から刃を入れていって折り取っていくイメージでやってます。

手間とお金はかかりますが、それだけの価値がある一本だと思います。

レビューID:76674

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/03/18

11111音がくっきりです。

投稿者名:五絃 【兵庫県】

以前はモガミの2524を使用していましたが、こちらを使用してびっくりしました。

くっきり低音が再生され、また、ベースをスラップした際にも耳に痛くなくなりました。
John eastのプリが乗ったベースをメインで弾いているのですが、今までの2524では音がキンキンしていたので、プリを乗せ変えようかと思案していましたが、ケーブルを変えるだけでこんなにいい音をしていたのかと思わされました。おかげで出費が少なく済みそうです。

ただ音質は少し固めだと思います。芯が強くてゴリゴリした部分がすごく良く出てくるので、柔らかい音を出すならモガミカナレの方がいいかもしれません。

レビューID:71194

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/07/18

11111他にはないです

投稿者名:インギー 【富山県】

びっくりしました。
ギター用シールドケーブルとして本当に研究されていると思いました。
このケーブルの特徴を簡潔に表現すると「滑らかさ」と「立体感」ですね。

8412みたいにガツンとはきません。9395や2524みたいに明らかに尖ったところは無いです。
硬い音が出ないのです。
なのに高音域はすごく綺麗にのびていく。
この中高音のタッチが異常なほどの滑らかさです。解像度も高い。
倍音も多く、ぱぁっと華やかです。

ミドルからローにかけてのもっちりとした立体感、粘りがすごいです。(弾力があるということです)
今まで使っていたケーブルが全てぺったんこの音に感じてしまいます。
この立体感のおかげでミドル、ローがとても充実して聞こえます。

自分が知る限り、ちょっと他には無い、替えがきかないケーブルです。
高いですしこれ以上の予算はシールドケーブルにはかけられません。
だけど金額に見合った価値は、アリです。
自分のファーストチョイス、メインケーブルになりました。
まずこれを手にとって、よっぽど特殊な特性がほしい場合に他のケーブルを選ぶことにします。
気分的には8分音符6個あげたいです。
オヤイデさん、ありがとう。

ちなみに個人的に好きなスイッチクラフトとkester44を使用しました。純正の専用プラグ+オヤイデ半田ではまた少し印象が変わるでしょう。
白い芯を両側アースに落として方向性無しで作りました。
2芯を覆っている白い内部シース、剥きにくいっすねー。
少し切り込みを入れて折るように裂いて剥く、のが正解でしょう。
カッターだけではすぐに内部の芯線にも刃が達してしまいます。

最後に、ノイズも非常に少なかったです。

レビューID:65169

参考になった人数:12人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/09/09

1111加工は面倒、音は特徴があって良い

投稿者名:masarave 【三重県】

通常使用しているBELDEN 8412 との個人的比較です。
BELDEN、222Gともにセミバランス式に自作してあります。
音はクッキリスッキリで良いです。
言い換えれば、出音にスピード感とパンチがあってクリアにまとまって聴こえます。
ボワッっとした感じの音ではなくタイトな音です。
8412のほうが低域は出ているように思いますが、中高域は222Gのほうが出ています。
ギター、ベースそれぞれに使っても、それぞれの美味しいところが出ているのですが、EFF?って言うぐらい違いがあり好みで使い分ければ良いと思います。
友人の指弾き、スラップ系のベーシストは222Gを気に入って使用しています。
製作については、ケーブルの加工が面倒です。
アース線の加工は問題ありませんが、中の2本の線材をまとめている白いシース?が硬いです。
これぐらい硬いと頑丈ではあるでしょうが、シースを剥く際に中の線材のシースまで切ってしまう事があり注意が必要です。
音は特徴があって★★★★★ですが、加工の面で★マイナス1です。

レビューID:85246

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/07/21

111限りない透明感

投稿者名:ths 【埼玉県】

今まで使ったことのあるどのケーブルよりもクリアーです。

ローがないとか音が細いとかではなく 、しっかりとした重心があるなかで透き通った音。
ハーモニクスが美しいです。

もしかしたら、1番ピュアな音がだせるケーブルかもしれません。

8412のようなコッテリした味付けが好みな人にはアッサリすぎるかもしれませんね。

価格と音が好みであれば最高のケーブルとなり得ると思います。

私はもうちょっとジャンキーな音が好きなんだなぁということを教えてくれました。笑

後、案外柔らかめですよ。
赤じゃなくて、朱色っぽいとこも
高級感があって所有欲も満たされそうです。

レビューID:65218

参考になった人数:7人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/01/15

1いまいち・・・

投稿者名:masa 【北海道】

元々オーディオインターフェイスとアクティブモニタースピーカーの接続に「NEO by OYAIDE Elec d+ TS class B 2.0m ラインケーブル」を使用してましたが、バランス接続を試したくてこのケーブルとSWITCHCRAFTの297ステレオフォンプラグを購入しTRSケーブルを自作してみました。


で使用してみた印象ですが、高音域を中心にレンジが狭くなり、クリアさ、音像、キレ、分離等、「NEO by OYAIDE Elec d+ TS class B 2.0m」よりも落ちた感じがしました。


ただ、ケーブルの違いによる音の変化にはより興味がわいたので、今後「BELDEN」、「MOGAMI」等であらためて自作して違いを試してみたいと思います。



レビューID:61101

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

OYAIDE (オヤイデ)
QAC-222G

商品ID:208691

¥650(税抜)

(¥702 税込)

  • 1,000円(税込)以上で送料無料

7ポイント内訳

  • 7Pt

    通常ポイント

  • 7Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top