ここから本文です

サウンドマート

WMD ( ダブリューエムディー ) / Utility Parametric EQ

WMD ( ダブリューエムディー )  / Utility Parametric EQ

  • WMD ( ダブリューエムディー )  / Utility Parametric EQ 画像1
  • WMD ( ダブリューエムディー )  / Utility Parametric EQ 画像2
  • WMD ( ダブリューエムディー )  / Utility Parametric EQ 画像3
  • WMD ( ダブリューエムディー )  / Utility Parametric EQ 画像4
4
バンドのパラメトリックイコライザです。約40Hzから15kHzの広範囲をカバーし、3つのバンドには中心周波数、Q、ゲインをアジャストできる独立したバンドパスフィルタを搭載。自在にトーンを操ることができます。
■パラメトリックイコライザー
■コントロール:Low Q、Low Freq、Loレベル、Mid Q、Mid Freq、Midレベル、High Q、High Freq、Highレベル、マスターレベル
■電源:9~24VDCセンターマイナス(別売り)
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.5)
  • レビュー数Reviews2
この商品のレビューを書く

2022/04/04

11111何よりも音質

投稿者名Reviewed byいんちょ 【東京都】

イコライザーって必要を感じるときはあれど、フェイズ感が足されたり音質変化が大きかったりと満足なものはありませでした。
これも音質は変わりますが良い方向に変わります。特に高電圧使用時は平面が立体になったってくらい音の解像度(?)が増す感じ。表現下手でごめんなさい。
パラメーターの理解が難しそうですが、山形に設定したグライコが低中高の3つあると考えてくださればよいかと思います。
「山の幅」どれくらいの広さを担うか
「山の位置」どれ位の帯域を中心にするか
「山の高さ」どれ位増減させるか
これをベース、ミドル、ハイでそれぞれ設定できる。それにマスターボリューム。簡単です。
グライコのフェイズ感(グライコのつまみをひとつだけ全閉か全開にしたらその感覚がわかると思います)が出ちゃうパライコも多いんですが、これは最も少ないと言っていいと思います。
アコギやベースの帯域までカバーしてます。僕はアコギには必須。ピエゾだと消される倍音を復活させたり、オーディトリアムでドレッドノートの低音を出したり、音に必要なことはなんでもできるんじゃないでしょうか。最上級のプリアンプと言えます。それくらい惚れ込んでます。良い。エレクトリックでは他に極端な設定でトリッキーな音を作るもよし、半止めワウやファズ的な鼻詰まりを演出するもよし。
高電圧使用してくださいね。9vでも他のイコライザーと比べて圧倒的ですが高い電圧ほど音の表情が豊かになります(電気系わからないので理由は知らないけど)。

レビューIDReview ID:128583

参考になった2

2014/01/31

1111自由「過ぎる」幅広さ

投稿者名Reviewed byDusty 【】

あまり日本では出回ってないみたいなので、人身御供的な意味も含めて試してみました。
良い言い方をすると、
・相当な広さで音作りが出来る
・ベースでもギターでも構わず扱える
…と言った所でしょうか。
WidthQ次第では倍音エキサイターみたいに使えたり、
他の部分での音作りでやや足りない、又は出過ぎた音を補正、
なんて使い方も出来ます。
Freqの帯域が記載されていませんが、以下が帯域幅になります。
LoFreq…40Hz~1,6kHz
MidFreq…100Hz~4,8kHz
HiFreq…300Hz~16kHz
ただコレ、幅広さが逆に徒になってしまってる感じが…。
ノブの僅かな変化でだいぶ変わってしまったり、
ノイズ的にもちょっと戴けないです。
電池を収めるスペースが無く、
サプライ使用前提。
OverAllGainも、帯域の設定次第では少し上げただけで歪みますw21Vでの検証
使い方は色々、プレイヤー次第ですが、
音作りが自由「過ぎる」ゆえの操作性等がちょっと厳しいかな…?
という意味で、星4つです。

レビューIDReview ID:46806

参考になった36

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

WMD ( ダブリューエムディー )
Utility Parametric EQ

商品ID:184587

¥30,652(税込)

  • 送料無料

1,226ポイント(4%)内訳

  • 1,226Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 1,226Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram