ここから本文です

サウンドマート

HOME

ZOOM ( ズーム ) / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター

ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター

  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像1
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像2
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像3
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像4
  • ZOOM ( ズーム )  / MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター画像5
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
小さなストンプボックスサイズに、100種のエフェクトを搭載した全く新しいストンプボックスZOOM「MS-50G」。100種のエフェクトから最大6種類まで自由に組み合わせて同時使用が可能。音作りはもちろん、保存やエフェクトの組み替えなども簡単に行うことができる多彩なペダルエフェクターです。
■ギター用エフェクター
■マルチ・ストンプ
■ストンプボックスに、92種類のエフェクトと8種類のアンプモデリングを合計で55種類搭載。単体のストンプボックスとして、また自由に組み合わせ、最大で6エフェクトが同時使用できます。
■ライブで活きる直感操作パネル:G3・G5で好評のストンプタイプのシンプル操作をさらに発展。分かりやすいアイコンで直感的に使えるLCDウインドウやスクロール操作など、誰にでも簡単に思い通りのサウンド・メイキングができます。
■ストンプエフェクト:標準的なストンプエフェクトはこの1台にほぼ網羅。MS-50GならではのSFXサウンドや、今では入手不可能なエフェクト、高価で手が出ないエフェクトなども満載です。
■マルチをエフェクトボードに:エフェクトボードで、マルチエフェクターを使いたいが、大きさと重さであきらめた経験はありませんか?MS-50Gはこの問題を即座に解決します。
■シグモイドカーブ・クリッパを採用し、倍音までリアルな高音質設計
■32ビット浮動小数点演算を可能とする先進DSP「ZFX-IV」
■ギターチューナーを搭載
■フットスイッチでタップテンポ入力
■呼び出し順をプログラムできるパッチメモリ
■ライン・レコーディングにも対応
■連続7時間のバッテリー動作
■USB端子を使って・ファームウェアアップデート
■電源:単三電池×2またはDC9Vアダプタ(別売)
■連続駆動時間:アルカリ電池で約7時間
■寸法、重量:130.3D×77.5W×58.5Hmm、350g
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

スタッフレビュー

ZOOMのマルチストンプは、ベーシックモデルのMS-50G、空間/モジュレーション系に特化したMS-70CDR、ベース用のMS-60Bの3機種が現在、ラインナップされています。内蔵のエフェクターは、歪み系、空間系、アンプシミュレーター、EQ、コンプ等のダイナミクス系まで、幅広く揃っており隙はありません。同じ「コーラス」でも複数搭載されている点がポイント高いです。これだけ詰め込まれているにも関わらず、音も良し!ときているので実際にライブで使っているミュージシャンを多く目にします。また、教材として、エフェクターや音作りの学びに使うにも良いと思います。何でも入っていてパラメーターをいじくり倒せる楽しさは、まるで携帯ゲーム機で遊んでいるかのよう…液晶表示やサイズ感からもそんな感覚にとらわれます。それでも、サウンドクオリティはとても高い本格派。エフェクトボードに1台入れておけば、本当にマルチに使えます。ただのマルチではない、今までにないマルチエフェクターMultiStompです!

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.6)
  • レビュー数Reviews88
この商品のレビューを書く

2021/05/24 

11111特化用

投稿者名Reviewed byTAMA真珠 【愛媛県】

2台目です。ベース版も合わせると3台持ってます…。
ってくらい重宝します。
アップデートしてエフェクト数は増えたのですが、
全部は入れられないので取捨選択しないといけません。
なので1台は歪み~空間までまんべんなく入れて、
もう1台は歪み系とアンミュを全て外して、
モジュレーション、フィルター、ディレイ、リバーブ全入れしています。
何はともあれ、
モジュレーションをONにしても音痩せしないのが良いです。
MIXやLEVEL調節しなくても、音痩せしない。
高価なモジュレーションはどうか分かりませんが、
最近広がってきている格安多機能モジュレーションは、
どうしても音痩せしてしまうのが気に入らなくて、
2台目を購入したのです。
ディレイ等デジタル色が強く出るのは致し方ないとしても、
補って余りあるエフェクターです。
デジタル色の強さは、本物を使ってやっと分かるので、
気にならないものも、多々あります。

レビューIDReview ID:118315

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/04/27

11111満足

投稿者名Reviewed byたかたか 【千葉県】

空間系メインで使おうと思い購入。
自分の耳では充分すぎる程の性能でした。

レビューIDReview ID:117246

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/03/12

11111便利で自由

投稿者名Reviewed byギターのおっちゃん 【大阪府】

同時使用が6エフェクトあり、しかも同じエフェクトも何回でも使えるので、かなり自由に音作りができます。
しかもコンパクトサイズなので扱いやすいです。
USB midiを使えばプログラム切替を外部からも出来ますので、フットスイッチも問題になりません。
価格を考えるとこれでも充分素晴らしいですが、願わくば、ディレイやコーラスを直列だけではなく、並列かつ8系統まで繋げられると、何個も買いたいと思います。

レビューIDReview ID:115674

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/02/05

11111他のコンパクトエフェクターと一緒に使うのが吉

投稿者名Reviewed byひで 【大阪府】

★登録したバンクから番号順に呼び出せるだけでなく、任意のバンクにA,B,C,D・・・と番号を付けて、あとはスイッチを普通に踏むだけで番号を飛ばして順に呼び出せるのは、かなり便利。(例えば100種登録したとして、ライブで使う3つのみにA,B,Cを割り付け、3つを順に呼び出せる。 使いにくいG1onのプリセレクト機能より格段に良い。)
★コンパクトエフェクターの1つとして使えば、十分戦力になる
・デレイ・エコーやモジュレーション系や、ピッチシフト系(オクターバーとか)は、これだけでいけます。
・歪系は、音の質やアンプ毎に現場合わせが必要な事もあり、別にコンパクトエフェクターを繋ぎます。
・滅多に使わない様な飛び道具的なエフェクターをこれ一台で試せるのも良いです。

レビューIDReview ID:114338

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/11/19

11111デジタルによる恩恵を最も具現化した銘器

投稿者名Reviewed byGOTS 【愛知県】

ひとつ持っておいて損はないですね。最新のモノに比べると基本設計が古い故にアンプモデリング使用時にノイズが多いと感じるが、それ以外の網羅されたエフェクト群、特に空間系だけでも使い出のあるモノです。
NUX MG-300 → MS-50G と繋いで空間系(コーラス、ディレイ、リバーブ)のみ利用で試してみたらとても良い感じでした。
電源が、単三電池(充電池含む)、ACアダプター、USB電源と3電源に対応してるのも他にない評価ポイントですね。
これ単体でマルチとしても使えて、ノイズ問題を除けば音もなかなかどうして、今でも通用するものです(セッティングによる)
筐体が堅牢なアルミダイカストなのも、樹脂筐体のモノに対して音ヌケ等サウンド的にもアドバンテージがあるものと思ってます。
本体の高い完成度にソフトウェア・アップデートで魅力度を増してゆくという…
デジタルによる恩恵を最も具現化した銘器と言って差し支えないでしょう。

レビューIDReview ID:111280

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ZOOM ( ズーム )
MS-50G マルチストンプ マルチエフェクター

商品ID:175780

¥7,920

  • 送料無料

395ポイント内訳

  • 79Pt

    通常ポイント

  • 316Pt

    対象商品ポイント5倍キャンペーン

  • 395Pt

    合計

閉じる

約3週間約3週間

数量

お気に入りに追加

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram