ここから本文です

サウンドハウスショールームのお話

2018-06-04

テーマ:PA

みなさん、サウンドハウスといえば通販のイメージが強いのではないでしょうか。実はしっかりしたショールームがあります!!場所は、世界の玄関口こと千葉県成田市。詳しい場所はご利用ガイド「ショールームについて」を見てくださいね。

サウンドハウスのショールームは、ジャンル毎にいくつかの部屋に分かれていてCLASSIC PROなどの自社ブランドや、QSC、Laneyなど代理店ブランドのアイテムを中心に展示しています。今回は、私のお気に入り「スピーカールーム」を紹介したいと思います。

まず入り口から見た部屋全体がコチラ。

向かって左側がパッシブスピーカー、右側がパワードスピーカーゾーンになっています。

こちらのパワード・スピーカー・ゾーンでは、CLASSIC PRO、QSCのパワード・スピーカーを大音量で比較、試聴することができます。手の平サイズのCS104Pから、人気のコラムスピーカーPA ONE、2000WクラスDアンプを搭載したQSC K.2シリーズと、いろいろなタイプが揃っています。

スピーカー担当イチオシのパッシブスピーカーがこちらのQSC Eシリーズ。

木製エンクロージャーにハイグレードなユニットを搭載したシリーズは、パワフルかつ抜けの良いサウンドが魅力的。一度聴けば、かならず良さを実感できる逸品です。

パッシブスピーカーを鳴らしているパワーアンプは、QSC/PLD4.3。QSCのハイエンドモデルです。個人的にはクリアでタイト、全帯域を通してとても透明感のあるサウンドだと思います。しかも2チャンネルではなく4チャンネルだから、音質にこだわりつつラックスペースも抑えることができるスグレもの。パソコンとUSB接続すれば、大きなPC画面上からコントロールできる点もお薦めポイントです。

いろいろなサイズ、いろいろなタイプのPAスピーカーを大きな音で試すことができる場所というのは、なかなか無いものですよね。みなさん、成田にありますよ♪

海外旅行の前や、成田山新勝寺へのお参り、成田ゆめ牧場までドライブ、なんて予定がある時は、少し足を伸ばしてサウンドハウスのショールームへぜひお立ち寄りください♪

営業部 / 河西 政佳

愛車サンバークラシックを溺愛するベーシスト。座右の銘は「人生アドリブ」。高校の軽音部に入り、最初の楽器決めジャンケンで負け、ギターヒーローを諦めることに。しかし、ビリーシーンやフリーを見てバンドで一番カッコイイのはやはりベースだと再認識。「上手い」よりカッコイイベースプレーヤーを目指し、日々精進中。

QSC / E12

QSC

E12

¥49,800(抜)¥53,784(込)

SRスピーカー、12インチ、800W、8Ω、23kg

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量

CLASSIC PRO / CS104P

CLASSIC PRO

CS104P

¥9,980(抜)¥10,778(込)

パワードスピーカー、4"、50W、2.5kg、1本

動画有り

約1ヶ月半

数量

QSC / PLD4.3

QSC

PLD4.3

¥158,000(抜)¥170,640(込)

4chパワーアンプ、625Wx4(8Ω)、2U、9.5kg

評価000005

ブログ有り 動画有り

在庫あり

数量
 
 
 

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2018年10月

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top