ここから本文です

トレモロブリッジを簡単グレードアップ RAW VINTAGE RVS-108

2018-02-20

テーマ:ギター

突然ですが、皆さんの使っているギターのブリッジは何ですか?

私のギターには、最近流行りの2点支持タイプのトレモロブリッジが搭載されています!
しかし、最近弾いていて、なんだか音が暗く、硬くて好みの音じゃないなぁ~という思いに苛まれるようになりました。
ブリッジかピックアップを交換すれば、好みの音に近づけそうだとは思いますが、ブリッジもピックアップも交換するとなると大掛かりな作業で大変。。。

そんな悩ましい時に、簡単に交換できるパーツがあるのです。
ブリッジに搭載されていて、弦が載っている駒の部分。そうです、サドル!!
ただ弦を載せているだけと思うなかれ!実は、簡単に取り外しができる上に、これがなかなかに音に影響してくるパーツなのです。

ということで、ブリッジのサドルだけを実際に交換してみました!

もともとは画像のとおり、ブロックサドルが取り付けられていていました。
もちろんこれはこれで引き締まった硬いサウンドかつ、サスティンも長く、深く歪ませる音楽にはぴったり!しかし、もっといなたいサウンドに今回はしたい!

ということで、↓↓のサドルに交換しました。
RAW VINTAGE / RVS-108

リプレイスメントのプレスサドルの中では人気も高く、もはや定番中の定番といえるモデルです!

さぁそれではさっそく・・・実装

まずは、今ついているサドルを外していきます。

この時ブリッジの下にクロスをかませると、ブリッジも外れにくく、ドライバーでボディを傷つけてしまうことも防げておすすめです!
ネジを外して駒を入れ替えるだけ。とてもお手軽です。

さっと交換して、弦を張ってオクターブチューニングであっという間に作業完了です!
ん~思った以上に簡単ですね。

肝心の音はというと・・・ブロックサドルに比べ少しテンションがゆるくなり、弦の鳴りが豊かになった印象です。また、低音がすっきりと、ブライトなトーンキャラクターになり、好みのいなたいサウンドに変更することができました!狙い通り!

ギターのサウンドキャラクターをちょっと変えたい時に、手軽にできるブリッジサドルの変更。ぜひお試しあれ!

●ギター用ブリッジ 記事一覧


営業部 / 岩谷 征治

ギターからドラムまで幅広い知識を持つミュージシャン。プロミュージシャンに囲まれた環境で楽器を見てきた、自分でもリペアする感性は現場至上主義。

RAW VINTAGE / RVS-108

RAW VINTAGE

RVS-108

¥4,980(抜)¥5,378(込)

ストラト用ブリッジサドル、10.8mmピッチ、6個セット

評価00001

ブログ有り

在庫あり

数量
 
 
 
歳末セール

カテゴリーから選ぶ

ブログカレンダー

2018年12月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 社内審査結果発表&ユーザー投票 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top