お客様へのご挨拶:

「音響機材、楽器、ステージ照明を買うならこんなショップがあると嬉しい!」

 そんな理想をいつも追い求めているのがサウンドハウスです。創業当時を振りかえりますと内外価格差が激しく、多くの海外商品が現地の相場を2~3倍も上まわる価格にて国内で販売されていました。また納期に時間のかかる商品も多く、流通コストも嵩んでいた為、「欲しい商品が思うように手に入らない」というような経験をされたのは私だけではないと思います。

 今日では市場改革が日本の各業界で進み、音響業界もそれに漏れず、特に90年代後半にかけて市場が大きく変化しました。その結果、音響機材の内外価格差は縮小し、1999年においてはオーバーシュートともいえるほど、むしろ日本が世界で一番安い市場として注目を集めているような商品も多数見うけられます。その急激な変化には今でも目を見張るばかりです。

 サウンドハウスは設立当時から本当に良い商品をより安く販売することをモットーとし、顧客ニーズに素早く対応するサービスを提供することを重視してきました。また具体的な目標を掲げずに今日まで至りました。事実、ノルマや売上等の目標は今でも存在しません。しかしスタッフ一人一人の心構えとして創業以来、以下のスピリットを重視しております。

 ① お客様の立場になって真剣に物事を考えよう
 ② 人のやりたくないことに一生懸命取り組もう
 ③ 世界を体験しグローバルネットワーク社会に対応できる視野を持とう

そして、結果は後からついてくるという信条で今日まで至っております。

 価格変動が落ち着いてきた今、とにかく大切なのは、アフターサービスを更に充実させ、確実で素早い情報サービスをお客様に提供し、とにかく私どもの存在そのものをお客様に楽しんでもらうことだと心得ています。スタッフ一人一人の努力の結果として、多くのサウンドハウス・ファンにさらに喜んでもらえれば、これ以上の喜びはありません。


株式会社サウンドハウス
代表取締役