ここから本文です

STUDIO PROJECTS ( スタジオプロジェクト ) / VTB1

STUDIO PROJECTS ( スタジオプロジェクト )  / VTB1

  • STUDIO PROJECTS ( スタジオプロジェクト )  / VTB1画像1
  • STUDIO PROJECTS ( スタジオプロジェクト )  / VTB1画像2
  • 製品マニュアル
高いコストパフォーマンスを誇るフレキシブルなマイクプリアンプ。予算に制限がある方におすすめの1台です。
■マイクプリアンプ

VTB-1はStudioProjectsのプロセッサーはマイクロフォンと同じ思想のもとに設計されています。その最初の製品であるVTB1はトゥルーA/Bスイッチングテクノロジー、完全ディスクリート設計を採用した究極のローコストマイクプリアンプです。

VTB-1はローコストながら、設計に妥協はありません。独自のチューブブレンド機能、マイク/ラインの他にギターやベースなどの楽器にも対応する入力、インサーション端子を装備しています。さらにこのクラスでは類を見ない、インピーダンス切替えスイッチで、リボンマイクにも対応します。また、より良いサウンドのレコーディングには正確なレベル設定は欠かせません。VTB-1はこのクラスでは他にはない入力/出力、双方のレベルを監視しながらレベル設定が行えます。さらにノイズレベルの低さはこのクラスではトップクラスのレベルを誇り、10万円以上のマイクプリアンプにも引けを取りません(実際に他のブランドの機種と比較してください)。

■主な特徴

・ハイクォリティマイクプリアンプ
・楽器入力を装備し、DIとしても使用可能
・インサーション端子
・マイクの種類に合わせてインピーダンス切替え可能
・リボンマイクにも対応
・真空管12AX7によるスムーズなサウンド
・チューブブレンド機能
・正確なサウンド設定を実現する入出力レベルメーター
・トゥルーA/Bスイッチングテクノロジーによる高いパフォーマンス
・クラス最高のローノイズ設計(-128dBu)

■仕様

タイプ:マイクプリアンプ、モノラル
48Vファンタム電源
フェーズリバース
バリアブル・インプットゲイン・コントロール
1/4" D.I. フロントパネル・ジャック
ハイパス・フィルター
クラスA/B・ディスクリート・デザイン
Mic/Lineスイッチ
50/200Ω切り換えスイッチ
5ポジションLEDメーター
XLRマイク・インプット
XLR、1/4"バランス・アウトプット
外部電源によるノイズレス・オペレーション
アウトプット・ゲイン・コントロール

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.5)
  • レビュー数:8
この商品のレビューを書く

2014/01/02

11111素直な設計。初めからこれにしておくべきだった。

投稿者名:74 【神奈川県】

いくつかの安価なマイクプリアンプをボーカル用途、ギターアンプの音圧上げ用途に使っていましたが、この商品はそれらと比べ、オモチャな感じじゃないです。改造もしやすい。オペアンプも4つくらい載っています。全部opa2134でした。
オペアンプを取外しソケットに変え、オペアンプ交換可能にしました。コンデンサも耐圧高めのものが初めから使われており良い感じです。コンデンサ取り替える人は耐圧35V以上47μFのものが大量に必要になります。
Hi-Z入力までありギターもこれに繋いでマイクと兼用にできます。追記:兼用≠同時利用。排他利用です。どちらか、前面ON/OFFスイッチ制御により片方だけです。
基本的にチューブ寄りにする方が音量が上がる傾向です。
ブレンド機能の音量均衡化をしました。
真空管へ繋がる抵抗R27に任意の抵抗値ここの標準仕様は330kΩ。そこに100Ω未満あたりで。現在33Ω直列で程よい音量バランスの抵抗を付け足すことで真空管の音量を下げることが出来ました。
いわゆる真空管ブレンド=劇的音量輪郭アップのおそらくセールスポイントからは外れますが、緻密にブレンドを行いたい場合有効です。
逆に、真空管の音量を上げたい場合はR27の330KΩの値を減らすと、良いかもしれません。このR27は真空管からブレンダーの方へ戻ってくる経路にある抵抗です。この抵抗によって音量が抑えられてます。
追記です。
ケースの開け閉めの際、LEDが引っかかり、開け閉め作業時間を大幅に増加させます。金属の前面の穴にLEDがうまく入らず、注意深くしていないとLEDを押したり上げたり引っ込んだり、面倒なことになります。
LED部分は定位を定めてからホットボンドなどて接着してしまったほうがいいかもしれません。
また、長細いオペアンプの横のオペアンプはsingle supplyのもので、音量によって光るLEDに関係しているだけっぽいので変える必要はない感じです。
チューブプリアンプとしては、多少効果が弱めな感じはあります。オペアンプのソリッドステートとのブレンドが音の立体感を調整する役割に落ち着きます。

レビューID:46091

参考になった人数:16人

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/10/11

11111低ノイズでありながら真空管で遊べる

投稿者名:そぶ 【愛知県】

素晴らしいです。マイクプリは初めて購入しましたが、各種D.I.のつもりで購入しましたので、この低ノイズ、劣化の目立たない性能には大満足です。
プリアンプとしては、他の方々が書かれているように、中低域が少し持ちあがってくる感じでしょうか。とはいっても、真空管に依ります。
私は工場出荷時のSovtek 12AX7 LP ロシア製からELECTRO-HARMONICSの12AX7EHに変更して使っております。Sovtekの方は、聴感的に100~200Hzあたりがもこっと持ちあがってくる感じで気に入りませんでした。エレハモのほうはエイジングをして高域も落ち着き、気に入っております。
手放せなくなりそうです。

レビューID:35566

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO

2011/04/03

11111かなり良い

投稿者名:ハヤシ 【東京都】

到着して音を出した時は、、、ハイが引っ込み、低音がボワボワいっていて第一印象は良くなかったものの真空管を変えて大変身。
数種類試してJJにしました。
しっとり落ち着いて上品で太い音になりましたよ。
この値段でこの音が出せるならとりあえず買ってみても損は無いと思います。

レビューID:22971

参考になった人数:9人

参考になりましたか?
Yes
NO

2010/09/23

11111評価高いですよ

投稿者名:mabu 【】

海外サイトのユーザーレビューでこの価格帯のマイクプリとしては一番評判が良かったので買いました。
音、スペック、ルックス、サイズ、お値段、すべて良し。
付属のマニュアルも簡単でとても分かりやすいです。
使っていて何も不満を感じない製品です。

レビューID:18768

参考になった人数:8人

参考になりましたか?
Yes
NO

2009/06/20

11111思いのほか太い

投稿者名:tube 【熊本県】

同じような安い価格帯のART TUBE MPも太いですが、
こっちのほうが太いかなと思います。
真空管を無印現行品12AX7から1980年代のユ-ゴスラヴィア製の
AEG.ECC83に差し替えてみました。
元々かなり太い音ですが、気持ち繊細になった感じです。 

レビューID:11128

参考になった人数:82人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

STUDIO PROJECTS (スタジオプロジェクト)
VTB1

商品ID:88045

¥25,800(税抜)

(¥27,864 税込)

  • 送料無料

278ポイント内訳

  • 278Pt

    通常ポイント

  • 278Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
ロックなクイズにチャレンジ SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top