ここから本文です

SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ ) / TD100

SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ )  / TD100

  • SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ )  / TD100 画像1
  • SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ )  / TD100 画像2
  • SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ )  / TD100 画像3
  • SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ )  / TD100 画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
真空管ならではのウォームでファットなサウンドを出力するプリアンプ/DI。入力インピーダンスが調整できるローディングコントロールを備え、使用楽器と完璧にマッチングさせることができます。このTD100でしか得ることができない、艶やかで深みのあるトーンに酔いしれてください。元・東京事変のベーシスト亀田誠治さんが愛用していることでも有名です。
  • SUMMIT AUDIOならではのウォームな真空管サウンドを、驚きのハイコストパフォーマンスで実現したダイレクトボックス/楽器用プリアンプ「TD100」。
    アメリカ国内で一つ一つハンドメイドされたTD100はリッチでウォーム、そして原音を損なわないトーンを生み出し、国内外の著名ミュージシャンにもライブ、レコーディング問わず愛用されています。確かな品質と充実の内容を是非ムービーでお確かめください。

  • レコーディングエンジニア/プロデューサーのStephen KrauseがSummit Audioの魅力について語ります。

  • SUMMIT AUDIOは、未だ需要の高いヴィンテージ機材に倣ったクラッシックな機能と最先端の手法、技術の組み合わせをデザインの基礎としています。業界標準となったDCL-200デュアルコンプレッサー/リミッターや、2チャンネル・プリアンプのTPA-200Bを始め、真空管を巧みに使用したエキサイティングなラインナップのどれもが、特徴的、魅力的なサウンドを持っています。ヴィンテージサウンドと堅牢性を両立したSUMMIT AUDIOの製品、そのどれもが、あなたのスタジオにとって不可欠な存在となることでしょう。

  • アメリカの人気TV番組Jimmy Kimmel Live!のミキシングを担当しているBart Chiate氏が、SUMMIT AUDIO との出会いと魅力について語ります。

■チューブプリアンプ/ダイレクトボックス
■入力:フォン
■出力:TRSフォン、XLRバランス(2番HOT)、ヘッドフォン
■真空管:12AX7A/ECC83使用
■回路形態:ハイボルテージ・クラスA
■GAIN:スイッチ付き6dBステップ、MAX GAIN +24dB
出力の低い楽器をブーストするゲインは、様々なレベルの機材に対応し、バラエティーに富んだトーンを生み出します。また、クリックタイプのポットを使用しているので、セッティングを覚えておくのも簡単です。
■入力抵抗:可変式10kΩ-2MΩ
■最大入力レベル:アンバランス+23dBu
■最大出力レベル:TRS: +21dBu, XLR: +2dBu
■周波数特性:20Hz-100kHz -1dB
■電源:内部ACサプライ
■寸法・重量:215.9W×44.4H×215.9Dmm、2.27kg

【フロント・ダイレクトアウト】
INPUTに入力した信号をそのまま出力します。
【グラウンド・リフト】
グラウンド・ループによるノイズを時々減少させることができます。
【LOADING】
INPUTに入力した信号のインピーダンスを10kΩ~2MΩの間で調節し、楽器のインピーダンスをTD100にマッチさせるために使用します。1種のトーン・コントロールとして使用し、好みのサウンドになるようにセットしてください。
【ヘッドフォン・アウト】
音量は、OUTPUT GAINと楽器側のボリュームでコントロールします。
【TRSフォン・ラインレベル・OUTPUT】
プリアンプを使用せずに録音機材と接続する場合に使用
【XLR・MICレベル・OUTPUT】
ミキサーなどプリアンプを搭載している機材に接続する場合に使用

~クイック・スタート~
①INPUTに楽器を接続
②リアパネルのTRSフォン、またはXLR出力と録音機材を接続
③OUTPUTゲインを最適なレベルに調節
④フロントパネルのLOADINGでベスト・サウンドに調節
⑤後はプレイするだけ!!

■堅牢なデザイン:サミットオーディオの製品は、常に全体のデザインを考慮しながら組み上げられています。細部へのこだわりや、幾度もの改善によって、過酷なツアーにも十分耐えられるだけの耐久性を実現しました。サミットオーディオの製品が、世界中でトップアーティストたちに使われているゆえんです。
■Made In USA:サミットオーディオの製品は、すべて最高品質のパーツを使ってハンドメイドで製作されています。パーツの品質と技術者のノウハウこそが、サウンドの質と製品の耐久性を決定づける要素なのです。
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.8)
  • レビュー数:4
この商品のレビューを書く

2015/02/21

11111対応がとても素晴らしい

投稿者名:Geezer大好き 【千葉県】

仕様的に不具合かもしれないとメールで相談したら、「すぐにお調べしますので商品を着払いで送ってください。」との事。結果的に不具合では無かったのですが
使用していく上での安心感がありました。
またそのやり取りが年末の忙しい時期にも関わらず迅速かつ適切な対応、本当にサウンドハウスさんのスタッフさんは素晴らしいと強く思いました。これからも安心して購入出来ると思いました。その節はありがとうございました。

レビューID:54558

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/04/16

11111当分これなしではやっていけそうにありません!

投稿者名:nuspirit 【東京都】

ここ数ヶ月、ベースで使用しています。
DTMでの使用がほとんどで、そのままDUET2やRME FireFace UCなどに送ったり、
ISA ONEのマイクプリを経由したりしています。
なんでもっと早くこれを買っておかなかったかと悔やまれます!
おなじSUMMIT AUDIOの2BA-221よりも明るく使いやすい出音が得られます。
また、ISA ONEのDIと比べても、明らかに抜けが良くなります。
そのかわり、若干カッチリ感は減少します。
ちなみにこのTD100は、キャノンOUTではマイクレベルの信号なので、
XLRにて他のマイクプリにつなぐことが出来ますから、いろいろ遊べます。
また、TD100内部の真空管の交換もとてもかんたんですから、これもいろいろ遊べます。
RCAやTelefunken、RFT、Siemensなどは、やはり魅力的な音が得られます。
歪ませる場合は、かえって増幅の低い12AU7のほうが歪ませ具合を制御しやすいようです。
ギター、ベース、ドラム、ボーカルのシンプルなバンドをやっていますが、
ごくわずかに歪ませながら、抜けの良い、少しだけウォームでパワフルなベースの音を作れるので、
当分これなしではやっていけそうにありません!
パワフルにする必要がなくとも、これを通せばオケに混ざりやすくなりますから、重宝しますね。
ただ、あくまでハイファイでクッキリさせたいときや、冷徹なゴリゴリ感がほしいときは、
他の機種の方が良いと思われます。

レビューID:31710

参考になった人数:24人

参考になりましたか?
Yes
NO

2008/03/08

11111かなりいいです。

投稿者名:まあ 【東京都】

ラインプリアンプとしてかなりいいのではないでしょうか。いままで、recでのベースD.IとしてAMEKの9098DMAとBRENTの1272など使っていましたが、チューブではないので綺麗な感じで録れるんですね。で、SUMMITのD.Iですが、歪みの感じがいいですね。ハイの出方の調整もできるし、上記のプリアンプと比べても音の太さなど負けていない感じがしました。日本では、AVALON等のがメジャーな感じがしますが、音的にはこちらのが好みです。ちなみにピノパラディーノが日本公演のとき使ってました。

レビューID:5984

参考になった人数:405人

参考になりましたか?
Yes
NO

2008/08/24

1111メインとサブ

投稿者名:n 【岩手県】

確かに、ハイの出方も調整できて、TUBEゲインのいい歪みと通常のソリッドステートの二段構成、いいとこ取りで、BASSには最高です。
自分のTD-100は故障中ですが、通常運搬について(一年以上使ってトラブル知らずだった)AVALONのほうが耐久性は高いと思われます。
ライブやスタジオでの出番が多いなら、二台買うくらいの気持ちでいかないと駄目かも知れません。

レビューID:7346

参考になった人数:345人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

SUMMIT AUDIO (サミットオーディオ)
TD100

商品ID:72461

¥49,800(税抜)

(¥53,784 税込)

  • 送料無料

537ポイント内訳

  • 537Pt

    通常ポイント

  • 537Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top