ここから本文です

ROLAND ( ローランド ) / AC-60

ROLAND ( ローランド )  / AC-60

  • ROLAND ( ローランド )  / AC-60 画像1
  • ROLAND ( ローランド )  / AC-60 画像2
  • ROLAND ( ローランド )  / AC-60 画像3
  • メーカーサイト
アコースティック・ギター専用に開発された小型・高性能のステレオ・モニター・アンプです。アコースティック・ギターの豊かな響きを忠実に再現。ナチュラルで心地よいサウンドを再生します。マイク入力端子も備えており、コンパクトなモニター・システムとしても使用できます。
■アコースティックギターアンプ
■出力:30W+30W 
■スピーカー 16cm×2
■ コントロール 〈ギター・チャンネル〉ピックアップ・ボタン(ピエゾ/マグネチック)、シェイプ・ボタン、ボリューム、イコライザー(ベース、ミドル、トレブル)、コーラス・ボタン 〈マイク/ライン・チャンネル〉ファンタム・スイッチ、セレクト・ボタン(マイク/ライン)、ボリューム、イコライザー(ベース、ミドル、トレブル)、コーラス・ボタン、コーラス、リバーブ/ディレイ〈アンチ・フィードバック〉フリケンシー、スタート・ボタン 〈その他〉ミュート・ボタン、マスター、電源スイッチ
■接続端子 :ギター・インプット(標準)、マイク/ライン・インプット(XLR、TRS標準)、AUX IN(RCAピン、標準)、DIアウト/チューナー・アウト(TRS標準)、ライン・アウト(XLR、標準)、サブ・ウーファー・アウト(標準)、ヘッドホン(TRS標準)、フット・スイッチ(TRS標準)
■付属品 :取扱説明書、キャリング・ケース
■別売品 スピーカー・スタンド SS-115B、フット・スイッチ BOSS FS-5L(ミュート用)/BOSS FS-5U、接続ケーブル PCS-31
~メーカーサイトの解説より~
■AC-60は、さまざまなシーンで使用できるよう、豊富な入出力端子を装備しています。CDプレーヤーやリズム・マシンなどをステレオで入力できる外部入力端子はピン・ジャックと標準ジャックの2種類を装備。CDなどのサウンドとギター/マイクのサウンドをミックスすることができます。ダイレクト・アウト(DI/TUNER)は、チューナーを接続したり、ミキサーなどへの接続に使用。夜間の練習に便利なヘッドホン・ジャックも装備しています。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.1)
  • レビュー数:7

2018/09/20 

11111使えます 大きさに比べ音が飛ぶ

投稿者名:荒野の・・・・ 【青森県】

(ここで入手したのではないですが書かせていただきました)
【大きさ】
これで30+30Wなので、単発60Wよりも効率がいいので、単発80~90W相当。
【音 質】
ニュートラルでは随分とハイエンドで耳が痛いです。これはEVなどを意識した抜けを良くする意図でしょう。SM58では全体に濁るため、コンデンサーマイクのAT2010に変えて少しイコライジングをすると、モニター音のような生音に近づき、ここまで補正できるのかと感心してます。AUDIXのマイクでは暴れ気味でした。
ギターがピックアップマイク(ATM)のヤマハCPX-700IIなので、ピエゾのパキパキ音が皆無です。全く生に近く、(ハイ・ミドルは10時レベル)、音抜け設計でハイ上がりの特性がギターとの相性と合っています。CPX-700IIとの相性は抜群でした。
【ライブ感】
過去に同じ会社の1個11万円のSPを所有してましたが、練習ではいい音で満足してましたが、ライブでは大人しくて抜けが今一つ。AC-60を2台なら、弾き語りや2人3人の小バンド編成などでポップからしんみりバラード系であれば、11万円のSPより音抜けが良い分、使えそうです。
【練 習】
ミキサー、エフェクター、MS-60S(エッジ張替え)でボーカルチェックしてましたが、モニターSPは至近距離ではいい音ですが、離れると広がりも伸びもないので、ライブ感のチェックには向きません。音も素直過ぎて面白くない。
AC-60をライブ感覚の練習用、MS-60Sを細かいブレスなどの練習用にと使い分けすると、両面の練習にになるので、希望した通りになり、私としてはかなり満足です。
【実 用】
30~40人の小ライブなどでもAC-60(会衆)とMS-60S(自分)のみで間に合うので、楽になります。
野外や50人以上ならYAMAHA のパワードSPも使えば済むので、ミキサーやエフェクターの面倒な設置が不要になり、動きやすいです。
【総 論】
6万円にパーフェクトを求めるのは酷です。
CPが高く、割と音抜けもよいので、用途次第ではBESTな一台の一つなのは間違いありません。

レビューID:85551

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/10/10

11111良いと思います!

投稿者名:ecopippi 【北海道】

クラシックギターの音をaudio-technicaのPRO70(ラベリアタイプのコンデンサーマイクロホン)又はBEHRINGERのB-5(Single-Diaphragm Condenser Microphone)でひろっています。PRO70では高音域がちょっと不足気味かな(ツイーターのあるAC-90との方が相性は良いのかも)。B-5との相性はとても良いと感じています。このACシリーズで特筆すべきは音質の良さはもちろんですが、スイッチがONになっているのかわからないほど静かなこと(システムノイズが少ない)ですね。また、先日残響の多い場所で演奏したのですが、AC-60のアンチフィードバック機能を使ってもPRO-70ではハウリングが回避できず、B-5にしたらハウリングなしで演奏出来ました。ハウリングを考えるとサウンドホールに固定するPRO70よりはB-5のようにマイクをスタンドに立てる方が逃げ場(位置や角度や距離を調節できる)があってよいかもです。

レビューID:76351

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2011/08/23

11111気に入ってます

投稿者名:☆J☆ 【滋賀県】

自然な音。
難しい事はわかりませんが、いくつか比較した中では、それぞれのギターの音を素直に出してくれる感じがします。
なかなか心地よいサウンドで気に入ってます。

レビューID:26103

参考になった人数:27人

参考になりましたか?
Yes
NO

2010/04/30

11111豊富な入出力系と自然なサウンド

投稿者名:bawi 【東京都】

豊富な入出力系と自然なサウンド
入出力系が豊富でとても便利です。キャノンでの入出力ができるのがよいです。
アコースティック系の音はもちろん、マルチエフェクターを使ったエレキギターの出力用としても使えます。
出力の割に比較的コンパクトなサイズで、ショルダーストラップつきのキャリングケースもついてきます。

レビューID:16172

参考になった人数:30人

参考になりましたか?
Yes
NO

2014/09/28

1111個人ライブなら充分

投稿者名:FingerPicker 【山形県】

 個人でデパートのエベントやCafeでアコギライブをしています。

 A〇Rと比較しましたが、私はこちらの方が音がフラットと感じ、価格も安かったので選択しました。

 ライブではボーカルとユニットを組む事もありますが、マイクを直接つなげるのも便利。
 ソロギター演奏では別にエフェクターで音を作り込みますが、ボーカルユニットでは本体のリバーブだけで充分。

 残念なのは、1chと2chに一緒にリバーブがかかるところが-1音符。(コーラスは各ch独立)

 とにかく、これ一つでスモールライブが完結できるのが極めて便利!!

レビューID:51722

参考になった人数:10人

参考になりましたか?
Yes
NO

ROLAND (ローランド)
AC-60
アコースティックギターアンプ

商品ID:66101

¥56,000(税抜)

(¥60,480 税込)

  • 送料無料

6,049ポイント内訳

  • 604Pt

    通常ポイント

  • 5,445Pt

    ボーナスポイント

  • 6,049Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE ツイッター対抗大喜利選手権 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top