ここから本文です

AKG

AKG ( アーカーゲー ) / K701

AKG ( アーカーゲー )  / K701

  • AKG ( アーカーゲー )  / K701画像1
  • AKG ( アーカーゲー )  / K701画像2
  • AKG ( アーカーゲー )  / K701画像3
  • AKG ( アーカーゲー )  / K701画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
AKG開放型ヘッドホンの代表作とも言えるのがこの「K701」。「K700シリーズ」の原点となる「K701」は、音抜けの良い開放的な音場と艶のある繊細な中高域で、多くのオーディオファンを魅了。AKGのフラッグシップモデルに相応しい開放型ヘッドホンです。

[直輸入品]

  • フラットワイヤー・ボイスコイル

    フラットワイヤー・ボイスコイル

    「K700シリーズ」に採用されているフラットワイヤーボイスコイルを採用。ドライバーユニットの軽量化と、繊細な音も余すこと無く再現する、優れた原音再生力を両立。

  • バリモーションテクノロジー

    圧倒的の臨場感、空気感まで伝わる正確な原音再生

    AKGが新開発した音響テクノロジー「バリモーション・テクノロジー」と「TWO-LAYERダイヤフラム」も採用され、歪みの無い、圧倒的な透明感のある中高域を再生します。

  • 鮮明な中高域、圧倒の臨場感

    鮮明な中高域、圧倒の臨場感

    スケールの大きいオーケストラや、しっとりと聴かせるジャズとの相性は抜群に素晴らしく、品格のある上質なサウンドを堪能できます。

  • 3Dフォーム・イヤーパッド

    3Dフォーム・イヤーパッド

    人間工学に基づいて設計された「3Dフォーム・イヤーパッド」は、耳をすっぽりと覆い、圧迫感のない心地よい装着感です。

  • 本皮製ヘッドバンド

    本皮製ヘッドバンド

    本革のヘッドバンドには、「AKGロゴ」のエンボス加工が施され、ホワイトで統一されたカラーリングと相まって、上品なデザインに仕上がっています。

<特徴>
■すべての「K700シリーズ」に採用されているフラットワイヤーボイスコイルを採用し、ドライバーユニットの軽量化と、繊細な音も余すこと無く再現する、優れた原音再生力を両立。
■AKGが独自に開発した音響技術「バリモーション・テクノロジー」と「TWO-LAYERダイヤフラム」も取り入れられ、歪みの無い、透明感のある中高域を再生します。
■スケールの大きいオーケストラや、しっとりと聴かせるジャズとの相性は抜群に素晴らしく、品格のある上質なサウンドを堪能できます。
■人間工学に基づいて設計された「3Dフォーム・イヤーパッド」は、耳をすっぽりと覆い、圧迫感のない心地よい装着感です。
■本革のヘッドバンドには、「AKGロゴ」のエンボス加工が施され、ホワイトで統一されたカラーリングと相まって、上品なデザインに仕上がっています。

<仕様>
■ヘッドホン
■型式:ダイナミック、開放型(オープンエアー)
■周波数特性:10~39,800Hz
■感度:105dB/V (93dB/mW)
■最大入力:200mW
■インピーダンス:62Ω
■プラグ形状:6.3mmステレオ標準(3.5mmミニへの変換アダプタ付属)
■質量(コード除く):約235g
■ケーブル長:3.0m
■生産国:中国製
※現行モデルの「K701」は、ヘッドパッド部を無くした「コブ無し」仕様になっています。
※ 画像はイメージです
K701
タイプ 開放型 開放型 開放型 開放型
スタイル オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー
ドライバー径 直径40mm 直径40mm 直径40mm 直径40mm
周波数特性 10~39,800Hz 12~39,500Hz 10~39,800Hz 10~39,800Hz
インピーダンス 62Ω 120Ω 62Ω 62Ω
感度 93dB/mW 92dB/mW 93dB/mW 93dB/mW
ケーブル長

・3m (ストレート)

・5m (カールコード、伸長時)

3m
(ストレート)
3m
(ストレート)
3m
(ストレート)
ケーブルタイプ 片出し、着脱式 片出し、固定 片出し、着脱式 片出し、固定
プラグ ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオ標準
プラグ形状 ストレート ストレート ストレート ストレート
本体重量 298g 256g 290g 235g
付属品

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

・5mカールコード

・キャリングポーチ

ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

ステレオミニ変換プラグ (金メッキ、はめ込み式)

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

開放型のヘッドホンで、電車やバスなどの通勤時というよりは、自宅やスタジオなどのモニターやリスニング用に適しています。外観はとてもスタイリッシュで、ホワイトを基調としたメッシュのハウジングに丸くシルバーの縁取りが施されています。ヘッドバンドは、なんと本革が使われており、とても高級感があります。デスクに置いておくだけで、インテリアを盛り上げる存在感があり、目をひきます。

イヤパッドはメッシュ素材で質感も良く、大きめにデザインされ、耳をすっぽり覆うようになっています。イヤーパッドが耳元にしっかり固定されるので、装着時にずれることなく使用できます。サイドのアジャスターによりヘッドバンドの長さ調整が可能で、しっかりとした装着感が得られるでしょう。この大きさのヘッドホンにしては重さを感じることなく、長時間のリスニングにも最適です。

どこかの音域が突出することなくフラットで、原音を忠実に再現してくれます。上品な低域は耳が疲れることなく、モニター用途にお薦めの製品です。

サウンドハウスサウンドハウス

「澪ホン」として名高いK701、2005年の発売以来、長年にわたり高い人気を誇るヘッドホン界のレジェンド的存在です。

ホワイトの北欧デザインに象徴される上品な仕上がりは、変わりゆく時代の中で「変わらないもの」永遠不変のデザインを象徴し、そしてその事実は歴史が証明しています。10年以上も現役ラインナップで人気があり続ける事、その事実はどんなに控え目に言っても「名機」と申し上げて差し支えないでしょう。

アニメで人気が高まったと思われがちですが、元々の資質が大変素晴らしく、AKGを代表するに相応しい鳴りっぷりが本当の人気の秘密です。オーストリアのウイーンで生まれたAKGサウンド。その解像度の高さ、低音から高音までの美しいハーモニーの全てを「ありのままに表現」できる唯一無二の機種。それこそがこのK701と言えるでしょう。自信を持ってお勧めするヘッドホンの一つです。

戦略企画部 / 楊枝 佑介戦略企画部 / 楊枝 佑介

K701は発売当初、AKGのフラッグシップ機という位置付けで、今よりもはるかに高い価格で販売されていました。AKGを代表するモデルと言っても過言ではない本製品。音を聴けば、その理由をひしひしと実感することができると思います。
上品な佇まいのイメージ通り、音色はクラシックを落ち着いて聴くのに最適です。例えるならコンサートホールの最前列ではなく、少し離れた2段目あたりの場所から聴くような感触。また、その繊細な音色はソリストの微細なニュアンスまで表現してくれます。
どんな音源であれ忠実に再現してくれるため、モニター用ヘッドホンとしても活躍してくれる万能ヘッドホンだと思います。

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.6)
  • レビュー数:62

2017/07/04

11111バランス化改造必須

投稿者名:Dk1 【神奈川県】

名機澪ホンことK701が14000円程度で購入できるので
嬉しさのあまり購入(w
最新のAKG製品はバランス接続が容易ですがこちらは旧製品になり改造しないとできません。
改造方法は検索すればいくらでも出てきますが、K701はバランス化改造すると大幅に音質が向上します、作業ももともと4芯ケーブルが配線されていてXRLコネクタを用意すれば半田つけができれば容易です。
これは絶対やったほうがいい。
(アンバランスに戻せるようにコネクタは2つ作成推奨)
音質についてですが
HD580Delrimour Modernも所有していますが、音質は対極で簡単に表現すればHD580は少し狭い音場、ライブハウスで目の前で演奏している音圧、臨場感
K701は広い音場、球場やコンサートホールのような広がり
といったところでしょうか、この値段でこの名機を買えるならかなりおすすめです。

レビューID:73928

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/04/21

11111イヤパッドがひどすぎる(修正)

投稿者名:mimi 【東京都】

いろんな評価がありますが、自分の耳に合う、装着感が第一かと思います。
まず形、AKGの製品は日本人アジア人の頭には合わないと思います。
耳パッドの堅さは救いようが無い。
ちょっと前までは高級品として売られていたことが信じられません。
自分が昔から使っているATH-w10VTGの柔らかい耳パッド装着感とは比べ物になりません。
1000円レベルのヘッドホンです。
いくら音質が優れていても30分で耳が痛くなるのでは話になりません。
ーーーーーーーーーー
 幾日か使ってみて評価が変りました。
形状が日本人に合わないという評価は変りませんが、音はとても自然、初期に感じていた音という印象が音楽に変りました。
 エージング効果があるのでしょうか?長時間使わないと実力はわからないようです。
 耳にもフィットしだしたような気がします。

レビューID:72114

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/09/14

111『記載されている感度が間違っています』

投稿者名:ですますけど 【兵庫県】

記載には『105㏈』とありますが。
本当は『93 ㏈』です。
なので、CD900ST等と“㏈”や“Ω”を比較して
音量を測ろうとすると、「アレ?音ちいさ..」
ってなります。というかなりました。

レビューID:66343

参考になった人数:13人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/07/19

11111モノラル音になっていました。修理後は星5ケ。

投稿者名: 【高知県】

2015/9月に貴社より購入し使用しておりましたが、高低音ともに曇り、すっきり出ません。おかしいなと思いつつも、R/Lが分離したデュオの音源を聞いてみると、ド真ん中から出ておりました。まさかモノラルとは。たぶん原因はプラグ関係と思い貴社より、変換プラグと標準プラグを購入。ハンダしてスイッチON。すると、何ということでしょう。アカゲ特有の、透明な高音が出てきたではありませんか。結果オーライでした。ちなみに、生産国は中国。
SHさんへの交換という手もありましたが、ノイズ、断線なら、いざしらず、交換しても同じ状態ということも、ありましたので当方で解決しました。
アカゲの高音はすばらしく、次は、フラットなK712ですね。

レビューID:65182

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/07/18

11111中高域が綺麗です

投稿者名:forest 【大阪府】

外見は清涼感のあるホワイトカラーです。

音質の特徴はまず、高域がかなり綺麗に伸びます。
高域のクリアさは他の追随を許さないといったところです。
中域も綺麗にでてます。ただ音場感が広いので、やや迫力には欠けるかもしれませんが、やはりクリアです。
低域は量感こそないものの、締まりのある音です。
決して全く出ていないわけではないです。

価格がここまで安くなってこの品質なら十分満足です。
ケーブルは脱着不可なのでK702のようにリケーブルはできませんが、特に音痩せなど感じません。
4芯ケーブルらしく、改造すればバランスにもできるそうです。

クラシック音楽が特に気持ちいいと思います。ストリングスの透明感、ブラスの鳴りなどは最高です。

バランスの取れた良いヘッドホンだと思います。

レビューID:65171

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO

ASK

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! 次世代アーティスト発掘応援 音魂ぐらんぷり
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top