ここから本文です

HUGHES&KETTNER ( ヒュースアンドケトナー ) / Black Spirit 200 ギターアンプヘッド

HUGHES&KETTNER ( ヒュースアンドケトナー )  / Black Spirit 200 ギターアンプヘッド

  • HUGHES&KETTNER ( ヒュースアンドケトナー )  / Black Spirit 200 ギターアンプヘッド画像1
  • HUGHES&KETTNER ( ヒュースアンドケトナー )  / Black Spirit 200 ギターアンプヘッド画像2
  • HUGHES&KETTNER ( ヒュースアンドケトナー )  / Black Spirit 200 ギターアンプヘッド画像3
  • HUGHES&KETTNER ( ヒュースアンドケトナー )  / Black Spirit 200 ギターアンプヘッド画像4
9
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
現代の技術が詰め込まれた最新鋭アンプが遂に登場!
■Freedom of tone
4チャンネル仕様(Clean/Crunch/Lead/Ultra)。過去60年に及ぶ最も象徴的ギターサウンドの旅へプレイヤーを誘う。
■Power amp sagging
世界初となる真のパワーアンプサギングコントロールを搭載。あらゆるボリュームレベルで簡単にサギングレベルを調整可能。
■For any size of venue
ベッドルームからアリーナ会場まで常にワールドクラスのギタートーン
■Independent
ギターキャビネットからオーディオ用フルレンジキャビネットまで対応
■Feather-light
コンパクトサイズ、軽量、持ち運びも容易
■Ultra-realistic DI out
最新のRed Box AE+搭載。ダイレクトにミキサー、PA、レコーディングデバイスへ出力
■Intuitive
直感的なアナログインターフェイスによりセッティングの理解が容易に。プレイヤーのインスピレーションを刺激する
■新たに*パワーアンプサギング(SAGGING)機能を搭載。さらにRED BOX AE+ではCAB TYPEから8種類のキャビネットシミュレーションが選択可能。パネル中央にはSPIRIT TONE GENERATORがオレンジ色に光り、見た目のインパクトも十分だ。PHONES/LINE端子を備えヘッドフォンでもプレイできる。Bluetoothオーディオストリーミング対応、iPadと専用アプリを使用すればリモートコントロールができる。
*チューブに高い負荷がかかった状態で、チューブへの電源電圧が急低下する現象。結果、歪みのキャラクターが変わりプレイヤーにとっては音楽的な表現が広がる
■AUX IN端子装備。ミュージックプレイヤーやドラムマシンその他音源をつなぐことが可能。FX LOOPのオン・オフもプリセットごとにストアできる。Hughes & KettnerのFSM432 MKIII MIDIボードを使用すれば最大128通りのプリセットを瞬時に呼び出せる。RED BOX AE+を使ってミキサー、PA、レコーディングデバイスへダイレクトイン。今回は8種類のキャビネットシミュレーションも加わり、壁のような4x12スタックからコンパクトな1x12、その中間まで望み通りのサウンドメイクができる。スピーカーアウトは200W/20W/2W切り替えに加えて、新たにGuitar Cab/Fullrange Cabから選択でき、通常のギターキャビネットだけではなく、フルレンジオーディオキャビネットも鳴らすことが可能になった。100-240Vのユニバーサルパワー仕様。世界中を飛び回るギタリストに最適なアンプだ。
■Power output: 2, 20, 200 Watts (switchable)
■Channels: Clean, Crunch, Lead, Ultra
■Noise Gate: IDB (Intelligent Dual Breakpoint) Noise Gate ■Integrated Effexts: Reverb, Delay, Modulation (Chorus, Phaser, Flanger, Tremolo)
■FX-Loop: Serial
■Red Box: AE+ 8 cabinet emulations, XLR balanced ■Fully Programmable Controls Channel: Gain, Volume, EQ, Sagging, Presence, Resonance, NoiseGate, FX-Parameters, FX Loop, Cabinet Type ■Remote Control: Bluetooth, MIDI ■Aux Input: Mini jack, 3.5 mm stereo ■Audio Streaming: Bluetooth ■Phones/Line jack: 6.3 mm (1/4") stereo, 50 Ohms
■Speaker: Out 8-16 Ohms, switchable from guitar cab to full range speaker ■MIDI In: 7-pin, 20 V DC phantom power (150 mA), 5-pin compatible ■MIDI Out/Thru: 5-pin ■Max. power consumption: 300 W ■Mains input voltage: 100-240 V, 50-60 Hz
■サイズ(W x H x D): 410 x 155 x 150 mm
■重さ: 3.6 kg

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:7
5
7件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2019/08/30

11111マルチでは出せない音

投稿者名:でー 【東京都】

長年マルチ愛用してて初めてのヘッドアンプ購入なんですが、大正解でした。音に関してはみなさんおっしゃってるように十分過ぎる。GTやHELIX辺りのアンシミュでは到底届かないレベルですね。しかも設定次第でいろんな音が出るので、どんなジャンルでもいけそう。ディレイ・リバーブ・ノイズゲートあるのは本当に助かりますね。私の場合マルチエフェクター使ってても、いつも気に入ったアンプとエフェクターしか使っていなかったので、Black Spirit 200 はそんな自分にはどストライクの商品でした。
そして何よりもスゴイと感じたのは、Bluetoothとスマホアプリ、専用MIDIフットスイッチの存在ですね。音作りが非常に楽な上に保存できてすぐ呼び出せるって、これヘッドアンプなんですよね。便利すぎる。プリセットの音は正直どれもいまいちなので、自分のステージや環境に合わせてドンドン上書きして使っております。
キャビはTS112PROに合わせて、212のキャビにCreamback 2発載せて使ってますが、文句なしです。
ひとつだけマイナス点を挙げるとすれば、電源OFFにしてても、凄く小さな音ではありますが、断続的にジーっと音がするところですね。もっとうるさいアンプもあるので致し方ないのかな。慣れちゃえば気にはならないレベルですが。
TM36と比べて見たんですが、真空管信者でなければ、こっちの方が断然良いですね。軽いし熱もないし、音はめっちゃ真空管ぽいし。音作りも楽で早い。真空管アンプの煩わしさから解放されたい方にもオススメです。

レビューID:95358

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/05/30

11111チューブアンプよりチューブアンプらしいチューブレスアンプ

投稿者名:コウジ 【埼玉県】

ここでの購入ではないですが最高のアンプです。まず今までのチューブレスアンプに有りがちなデジタル臭が無いです。真空管の音がちゃんとします。当方多弦ギターを使っているのですがノイズゲートが非常に重宝します。ULTRAとBOOSTの組み合わせの歪みはたまらなく気持ち良いです。METALやDjent系のギタリストには特にお勧めします。ラックケースに入れての使用ですが片手で余裕で持ち上げられる重さ。これもライブバンドユーザーにとってとても有り難いです。1つ残念なのはエフェクトです。あくまで個人的な感覚ですが、やはりコンパクトのディレイなどに比べると少し質が劣るかなという感じ。プリセットで使用するならループにコンパクトエフェクターを入れて使うのも良いと思います。自分はストンプにして4ch使用でアンプ前にモーリーワウ、MXRブースター、TCディレイで使ってます。とにかく使い方は無限のアンプです。KEMPERとかよりもこの音ってのがあるのでメタル系ギタリストにはもってこいのアンプです。

レビューID:92721

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/05/26

11111これは

投稿者名:ららら 【埼玉県】

最強でした。

レビューID:92603

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/03/30

11111使い倒さないと良さがわかり辛いアンプ

投稿者名:みゅーじしゃん 【千葉県】

GMDX40とこれを1ヶ月試す機会があったのですが、Youtube等で見てもGMはほぼメタル系一色なのに対して、これはブルースやファンク系の音もまあまあ。H&K特有のシャキシャキし過ぎる音(特に歪み系)の傾向はあるもののGMと比べると割と狙った音を追い込みやすい。
良いところ
・MIDIでほとんどのことをコントロール可能
・音的に手持ちのペダル等とも合わせやすい
・外部プリアンプ等をリターンに突っ込んでFX Loopボタンで入力切り替えが出来る
・軽いし殆ど熱を出さないので冷却ファン等が不要(ラックマウント時)
・広義にはモデリングアンプの一種なのだろうがKemperとかよりはオーガニックな感じ
・Bluetooth内蔵でMIDI関係の機器など使わなくてもアプリが使える
悪いところ
・Saggingはセンド/リターンの前にあるのかパワーアンプとして使用した場合は効かない
・クリーンは非常にキレイだが歪み系は音的にも弾き心地もイマイチ(あくまでも主観で)
・Redboxの音はどうかなぁ(スタジオではそこのIRを使うので問題は無いが)
・iPadのアプリがまだベータ版(2019年3月下旬現在)
長年真空管アンプを使って来たので、これが即ちその代わりになるかと聞かれれば考えてしまいますが、少なくともクリーンは十分いけます。
H&Kのアンプはブースターとか入ってるんでしょうかね(笑)?まあ最近はモデリングアンプ全盛で全体的に音圧もコンプレッションも強めですけど。歪み系はUltraは論外ですがLeadくらいまではシングルコイルかあまりパワーのないハンバッカーなら使いやすいです。SeymourDuncanのCustom搭載のギターだとギターのボリュームを少々絞る、或いはEWSのSubtle Volume Controlなどで入力を絞ってやると、少々耳障りなハイも抑えられて割といい感じです。ただし音はあくまでも主観なので。
あとはチャンネル毎にパワーアンプのセッティングも音も変わりますので、外部プリアンプ等を使う場合はそれも考慮して音作りする必要があります。
フルレンジのスピーカー等も試してみたいし、久しぶりにいろんな意味で可能性を感じるアンプなのでしばらくキープですよww

レビューID:90986

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/03/27

11111なかなか良いアンプ

投稿者名:アッテンボロー 【神奈川県】

まず真空管アンプではないのでかなり軽量で、勿論発熱もないのが有難い。で、肝心の音もなかなかだと思う。
ちょっとした試奏だけではこのアンプの本当の良さはわからないかもしれないので、本気で購入を検討する方は、自分のギターで試奏する事をお薦めする。近くに試奏環境がない方は、大量のYoutube動画が参考になるだろう。
クリーンからヘヴィな歪みに、ブーストも搭載。使える各種エフェクトと機能は申し分なし。個人的にはウルトラChは音圧が強過ぎてスムーズさに欠ける気はするが、リードChまでで十分使える。専用MIDIボードを使えば更に便利だ。無いのはコンプ・ワウ・ピッチ系で、必要なら別途用意すれば良いだろう。
音作りはサギングがポイントで、ジックリと試すのも楽しい。
欠点を挙げるなら、Redboxだろう。とても満足できる出来では無いので、宅録には別のIRかシミュレータ、若しくはマイク取りが必要と感じる。
また、未だにiPadアプリの発表が遅れている。いつになるのやら?
まぁこれらを差し引いてもアンプとして十分魅力的だ。

レビューID:90899

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

HUGHES&KETTNER (ヒュースアンドケトナー)
Black Spirit 200 ギターアンプヘッド

商品ID:256578

¥86,250(税抜)

(¥94,875 税込)

  • 送料無料

9,327ポイント内訳

  • 948Pt

    通常ポイント

  • 8,379Pt

    ボーナスポイント

  • 9,327Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top